霜降の意味や読み方は?2018年はいつ?旬の食べ物ってあるの?

 

「霜降」は、牛肉に使う場合と、季節を表す言葉として使う場合があります。

季節の言葉として使う場合、「霜降」は一体どんな意味があるのでしょうか?読み方も気になります。

また、この時季に旬を迎える食べ物はどんなものがあるのでしょうか?


スポンサーリンク

 

霜降とはどんな意味?

10月の二十四節気の一つである【霜降】。
読み方は「そうこう」です。

脂肪分が網の目のように入っている牛肉には「霜降り(しもふり)」ですよね。

明治時代以前に使われていた旧暦では、太陽の動きに合わせて1年を約15日ごとに24等分した「二十四節気(にじゅうしせっき)」が用いられていました。

二十四節気で1年が始まるのは春の立春から。
24つあるうちの18番目にくるのがこの【霜降】で、二十四節気で言う「秋」の最後の季節です。

 意味は
 
 朝晩が冷え込んできて、霜(しも)が降り始めるころ
 10月23日ころ

霜とは、放射冷却によって冷やされた大気中の水蒸気が、地面や草木の表面で昇華してできた氷の結晶のこと。

秋分以降に最初に降りる霜のことを初霜と言います。

 

霜柱は関東では当たり前でも関西ではめったに見られない?

「霜」と「霜柱」は違うものですが、霜柱は寒ければ見られる現象ではないんですって。

冬の天候と地質が影響するので、関東や九州南部は霜柱ができやすい地域で、関西以西(九州南部除く)はあまり見かけない現象なんです。

参考:ウェザーニュース

 

2018年の霜降はいつ?

2018年の霜降は

2018年10月23日(火)です。

ちなみに、今後数年の霜降(予測)はというと・・・

2019年10月24日
2020年10月23日
2021年10月23日
2022年10月23日
2023年10月24日
2024年10月23日

となります。

 

スポンサーリンク

 

霜降の頃の旬の食べ物は?

さつまいも


さつまいもはでんぷんを多く含み、食物繊維やビタミンCも豊富です。
人気の焼き芋ですが、以前は紅あずまという、ホクホクした食感のものが好まれましたが、品種改良等で安納芋や紅はるかというネットリ甘みの強い品種も人気になってきました。


ポピュラーな富有柿は11月が最盛期。
熟れ過ぎて柔らかくなったものは冷凍するとシャーベットのようにして食べられるのでおすすめ。

亥の子餅

旧暦10月の亥の子(亥の日)、亥の刻(午前9~11時)に、無病息災や子孫繁栄を祈願して食べる餅を「亥の子餅」といいます。
子だくさんのイノシシにあやかったもので、新米でついた餅に大豆、小豆など7種類の粉を混ぜて作られます。

 

 

霜降の七十二候は?

霜降は10月23日ころと説明をしましたが、場合によっては、二十四節気の次の節気である「立冬」までの期間を表すこともあります。
すなわち、10月23日~11月6日ころを指すこともあります。

二十四節気のそれぞれをさらに初侯、次侯、末侯の三つに分けた「七十二候(しちじゅうにこう)」で見ると、 霜降の期間中の七十二候は以下の三つがあります。

 

  • 初候(10/23~27):霜始降(しもはじめてふる)
  • 霜が降り始めるころを表しています。
    植物は、標準的な気温の低下には順応していく力がありますが、まだ越冬準備ができていないのに、異常低温で例年より早く霜が降りてしまうと対応できません。
    農作物には大きな被害が出ますので、そういうときは気象庁から「霜注意報」が発表されることもあります。

 

  • 次候(10/28~11/1):霎時施(こさめときどきふる)
  • 小雨がしとしと降るころを表しています。
    この時期はぐずついた空模様が特徴的で、ひと雨ごとに気温が下がっていきます。

 

  • 末候(11/2~6):楓蔦黄(もみじつたきなり)
  • モミジやツタが紅葉するころを表しています。
    モミジは、カエデ科の木の葉で、分類上はモミジとカエデは同じです。
    葉の形が手のひらのようになっており、それがカエルの手のように見えることから「カエデ」と呼ばれるようになったとも言われています。

 

 

霜降の意味 まとめ

朝晩がグッと冷え込んできて、冬の気配を感じてくるころ。
紅葉狩りもちょうどこのころですね。

季節の変わり目ですので、体調を崩さないように過ごしたいものです。

関連記事ほかの二十四節気についてはこちら!
霜降の後
霜降の前

 

関連記事二十四節気一覧

立春
雨水
啓蟄
春分
清明
穀雨
立夏
小満
芒種
夏至
小暑
大暑
立秋
処暑
白露
秋分
寒露
霜降
立冬
小雪
大雪
冬至
小寒
大寒

 

スポンサーリンク

コメントを残す