年末調整で子供の国民年金を肩代わりしたら社会保険料控除可能

 

20歳になった息子さんや娘さんの国民年金保険料をお父さんが払ってあげた場合、お父さんは自分の年末調整で社会保険料控除が可能です。

地味ですが意外と控除額が大きくなる社会保険料控除は侮れません。

保険料控除申告書の「社会保険料控除」欄の活用方法や、証明書の必要性、書き方について確認しておきましょう。


スポンサーリンク

 

年末調整の「社会保険料控除」とは

社会保険料控除とは、所得者が自分や自分と生計を一にする配偶者・親族の社会保険料を支払った場合は、その全額を所得控除できるというもの。

 

 

保険料控除申告書の右下の黄色いエリアが社会保険料控除の記入欄です。

会社員の方が給料天引きされている社会保険料(厚生年金、健康保険、介護保険、雇用保険)は、会社が別枠で自動的に社会保険料控除していますので、改めてここで記入する必要はありません。

 

この欄に該当する社会保険料控除とは、会社員が天引きで支払っている自分の社会保険料以外で、社会保険料を支払った場合、その全額が控除対象となるものです。

  • 国民健康保険の保険料や国民健康保険税
  • 健康保険、厚生年金保険や船員保険の保険料(任意継続被保険者の負担すべき分を含む)
  • 高齢者の医療の確保に関する法律の規定による保険料(後期高齢者医療制度の保険料)
  • 介護保険法の規定による介護保険の保険料
  • 国民年金の保険料や国民年金基金の加入員として負担する掛金
  • 農業者年金の保険料や雇用保険の労働保険料

などがあります。

 

いつの分を控除できるの?

「その年の1月1日から12月31日に支払った分」が控除できます。

「いつの分か?」ではなく「いつ払ったか?」が基準になっています。

ですので、いくら今年分の国民年金でも、今年中に払わなかったら控除できません。

逆に過去2年分をまとめて今年払ったというなら、今年はその2年分を控除できます。

 

控除の際、証明書は必要?

国民年金保険料や国民年金基金の加入員として負担する掛金を控除するときには、各機関が発行する証明書の添付が必要です。

それ以外については証明書を添付する必要はありません。
国民健康保険料も不要ですよ。

 

証明書とは、支払い金額がわかる書類ですので、

・社会保険料(国民年金保険料)控除証明書(ハガキ)
・領収書(領収印のあるもの)

のどちらかです。

ハガキは11月初旬頃に届くようです。

 

スポンサーリンク

 

会社員でもここの欄で国民年金保険料控除

この社会保険料控除は、家族の国民年金保険料でも、入社前に払ったものでも、自分が今年負担しているならOKなんです。

【会社員の方でよくある申告漏れ例】

  • 学生であるお子さんの分の国民年金保険料を親が肩代わりした場合。
     →親の年末調整で控除可能
  • 今年の新入社員で、在学中(今年の3月まで)自分で国民年金保険料を払っていた場合。
     →本人の年末調整で控除可能
  • 自分の学生時代、学生納付特例制度で支払っていなかった国民年金保険料を社会人になって今年追納した場合。
     →本人の年末調整で控除可能
  • 今年の中途入社で、入社前は無職だったので、自分で国民年金、国民健康保険を払っていた場合
     →入社前の分はこの欄で控除可能

 

 

保険料控除申告書の書き方

書き方は簡単です。

注意点としては、「保険料を負担することになっている人」というのは、「本来払うべき人」という意味ですので、息子さんの国民年金保険料を肩代わりした場合は、息子さんの名前を書きます。

金額は証明書に書いてある金額をそのまま記入します。

 

 

確定拠出年金や個人年金保険は控除できる?

確定拠出年金とか、個人年金保険も年金の一種だから、控除できるんです。

でも、記入する場所や控除額が違うので要注意。

まず、確定拠出年金ですが、「企業型(全額会社拠出)」はそもそも給与でなく非課税なので年末調整とは無関係です。(マッチング拠出と言って、一部本人が拠出している場合は本人拠出分は控除可能。)

 


ここでの話は「個人型確定拠出年金(iDeCo)」ですが、申告書右下の「小規模企業共済等掛金控除」欄に記入します。
こちらは支払った額全額が控除対象です。

 

いっぽう、保険会社などが取り扱っている「個人年金保険」は、用紙左側の「生命保険料控除」欄に記入します。
「年金」という名前がついてますが、生命保険会社から10月頃に年末調整用の支払い額証明はがきが来ますよね。だから「生命保険」の部類になるんです。

生命保険料控除なので、控除額の上限が4万円もしくは5万円です。

生命保険料控除欄の記入方法等についてはこちらの記事でもまとめています。

別記事:保険料控除申告書の書き方

 

「小規模企業共済等掛金控除」の注意点

「小規模企業共済等掛金控除」では、本人の分しか申告できません。家族の分を肩代わりしても申告NGです。

また、控除するには金額の分かる証明書の添付が必要です。

 

 

社会保険料控除 まとめ

社会保険料控除は、うっかりすると忘れがちなんです。

でも、生命保険料控除のように上限がないので、もし該当するとなると結構な金額になることが多いので、忘れずに申告したいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す