免疫力がアップする食材・食べ物はコレ!

 

風邪をひきやすかったり、すぐ体調を崩したりしていませんか?

それなら健康維持に大切な、体の「免疫力」をアップさせましょう。

免疫力アップを期待できる、手軽に摂れる食材・食べ物をご紹介します。


スポンサーリンク

 

免疫力がアップする食材・食べ物

免疫力を高めてくれる食べ物を紹介しますので、ぜひ普段の食事の参考にしてみてください。

今まで多かった体調不良も、免疫力を高める食べ物を意識的に摂ることでグンと減っていくことでしょう。

【免疫力を高めてくれる食べ物】
にんにく
しょうが
オリゴ糖
納豆
鶏むね肉
バナナ
みかん
めかぶ
ヨーグルト
梅干し

 

にんにく


にんにくは、数ある食材の中でもダントツの免疫力向上作用がある食材です。

にんにくには、【アリシン】という強力な殺菌成分が含まれているので、風邪やインフルエンザといったウィルスを殺菌してくれる働きがあります。

とても強い殺菌力があるにんにくですが、殺菌力は2日程度でなくなってしまうので毎日できるだけ摂取するのが理想です。

その他にも、ビタミンBと結合することにより他のビタミンの吸収を早めてくれるので夏バテや疲労回復などのスタミナを付けたい時にも最適な食べ物なんです。

にんにくは、油と一緒に摂取することによって効率的に有効成分を吸収することができます。

ただし、食べ過ぎると胃炎などを引き起こしてしまいますので、1日に加熱調理したものでしたら2~3かけくらいを目安に摂取してください。

 

でも、生のにんにくを毎日食べるのは、現実的には難しいですよね?

そういう時には、にんにくエキスの入ったサプリメントを利用すれば、毎日手軽に無理なくにんにくを摂取することが出来ますよ。


にんにくサプリなら、圧倒的な濃度なのに低価格な「ニンニクゴーゴー」がおすすめ

>>「ニンニクゴーゴー」の詳細はこちら

 

しょうが

しょうがに含まれる辛味成分の【ジンゲロール】は免疫力をアップしたり、ウィルスを殺菌する働きをしてくれます。

【ジンゲロール】は、生の状態で摂取するのが効果的ですが、身体の深部を冷やしてしまうという難点があります。

この【ジンゲロール】は、加熱すると『ショウガオール』に変化して【ジンゲロール】よりも免疫力を高めてくれる働きが弱まりますが、血行促進効果があり体温を上げてくれます。

血行促進効果と体温上昇効果があるので、結果的に免疫力も高まります。

1日に摂取する目安は、10gほどです。
これは、加熱しても生でもどちらでも同じです。

 

スポンサーリンク

 

オリゴ糖

オリゴ糖は、腸内環境を整えてくれます。

免疫細胞の7割は、私たちの腸の中にいる「腸内細菌」の中で生きています。

ということは、腸内細菌が増えるように、腸内環境を整えることが大切になります。

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすことが先決!

善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)の餌となるのが、オリゴ糖なんです。

善玉菌が増えれば、腸内環境が整って便秘も解消されますし、免疫力もアップします。

 

何種類ものオリゴ糖を配合したことで、腸内の様々な善玉菌の特性に対応できる、高機能なオリゴ糖が「カイテキオリゴ」です。

『カイテキオリゴ』

 

納豆


納豆菌は、善玉菌をサポートして悪玉菌を減らしてくれるんです。

他の乳酸菌などと違い胃酸で壊れてしまうことなく腸内まで届いてくれるというパワーの持ち主。

この納豆菌は、O-157やサルモネラ菌を予防してくれるという力も持っているんです。

納豆に含まれる成分の【サポニン】は、免疫細胞の餌にもなるために免疫力を高めてもくれます。

【サポニン】だけでなく、納豆にはビタミンB群(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6)ビタミンE・カルシウム・カリウム・鉄分マグネシウム・亜鉛・リン・銅など豊富な栄養成分も免疫力アップに一役買っています。

納豆の良質な植物性タンパク質は、免疫細胞の材料にもなり、白血球やリンパ球をたくさん増やしてくれるんです。

便秘解消効果や肌の調子を整えてくれたり骨を丈夫にしてくれたりと、納豆はお手頃価格で食べやすいだけでなく栄養成分も豊富なので、免疫力を高めるためにも1日1パック毎日食べることで強い体作りをサポートしてくれて、風邪やインフルエンザをひきにくくなります。

 

鶏むね肉


鶏むね肉には、疲労回復・滋養強壮・肝機能強化・消化促進・美肌効果眼精疲労緩和といった効果があるんです。

疲労回復効果がある【イミダペプチド】という成分が、鶏むね肉の中には含まれています。

疲労や疲れが貯まると、免疫力が低下してしまいますので、その疲労を回復してくれる鶏むね肉は免疫力を高めてくれる食べ物なんです。

その他にも、鶏むね肉に含まれるアミノ酸の一種【カルノシン】【アンセリン】は抗酸化力がとても高いために、病原菌などを撃退してくれます。

風邪やインフルエンザの時に、鶏むね肉を摂取すると、鶏むね肉に含まれるたんぱく質の中含まれる必須アミノ酸のバランスがとても良く、消化吸収率も95%ととても高いために風邪やインフルエンザの回復も早くなります。

鶏むね肉には、栄養素を供給する機能と病気を予防する機能が備わっているんですね。

 

でも、鶏むね肉はパサパサして食べにくいので、毎日はちょっと・・・という場合、疲労回復成分【イミダペプチド】をたっぷり配合したサプリも発売されています。



 

バナナ

バナナの糖質は、【フラクトオリゴ糖】と言って腸まで届いて善玉菌の餌になるために腸内環境を改善してくれます。

食物繊維も豊富なために、腸内環境を整えるのにはバツグンな食べ物なんです。

バナナの中には、白血球を増やして白血球の質を向上してくれる効果もあり、免疫力を高めてくれます。
白血球を増やす効果が5倍にも跳ね上がるのはバナナが熟して『シュガースポット』と呼ばれる茶色い斑点が現れてから。
できるだけその時を待って食べるようにすると良いですね。

 

みかん


みかんに含まれる【ビタミンC】は、白血球に含まれる好中球を活性化させて風邪やインフルエンザなどの細菌やウィルスを殺してしまうんです。

また、【βカロテン】は粘膜や皮膚を丈夫にしてくれ、ビタミンCとの相乗効果で免疫力を高めてくれます。

【ヘスペリジン】という成分が、みかんの中にはありますがこれは血液をサラサラにする働きがあります。

血液がサラサラであることは、免疫系がウィルスなどにアプローチするためにはとても大切なことなんです。

その他にも、食物繊維も豊富ですし疲労回復に良いクエン酸も豊富に含まれています。

一日に3個のみかんを食べれば、一日のビタミンCの必要摂取量をまかなうことができます。

 

めかぶ

めかぶには、風邪やインフルエンザなどのウィルスが体内に侵入してきた時に、このウィルスを見つけて攻撃するNK細胞を活性化する力があるんです。

免疫力を活性化させて高めてくれる【LPS】もめかぶには豊富に含まれています。

めかぶに豊富に含まれているヨウ素は、細胞を活性化させて強い体を作ってくれます。

そして、めかぶには人体に有害な物質を体外に排出してくれる栄養素がギュッと詰まっているんです。

1日1パック食べるのが適量です。

 

ヨーグルト


ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、【LPS】の効果を高めてくれる効果があるんです。
めかぶの時にも紹介しましたが、【LPS】は免疫力を活性化させて高めてくれる働きがあります。

ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれているので腸内環境を整えてもくれます。

乳酸菌などは、体内にとどまることが出来ませんので、毎日続けて食べることが大切ですね。

免疫力を上げるオリゴ糖やバナナと一緒に食べると、効果がさらにアップします。

1日の摂取量は100g程度でOKです。

 

梅干し

梅干しに含まれている【クエン酸】は疲労物質を燃焼させ、血液の循環を促してくれる働きがあるので免疫力を高めてくれます。

ミネラル分も豊富なために、疲労回復効果も高いんです。

血液の循環が良くなると、免疫細胞が活発に活動できるようになるために免疫力がアップするんです。

梅干しの強力な抗菌作用が、風邪やインフルエンザといった細菌感染を防いでくれる効果もあります。

 

 

まとめ

免疫力を高めてくれる食べ物には

  • 殺菌力がある
  • 腸内環境を整えてくれる
  • 体温を上げてくれる

この3つの働きがあるものなんです。

毎日の食生活の中で、ここで紹介した食べ物を毎日少しづつでも食べていけば免疫力がアップするのは間違いないんです。

しかし、いくら免疫力を高めてくれる食べ物を摂っていても、ストレスを貯めたり、睡眠不足だったりしては、十分に免疫力はアップしません。

生活リズムを整えることも大切ですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す