魚焼きグリルの簡単掃除は重曹で!ニオイも焦げ付きも取れる!

 

魚焼きグリルの掃除って、臭いし脂ギトギトなのでついつい後回しにしがち。

でも放っておくとニオイがきつくなってくるので洗うしかない!

そんなときは、重曹を使うと簡単にニオイも焦げ付きも取れるんですよ。

魚焼きグリルの簡単お掃除方法をご紹介します。


スポンサーリンク

 

軽い汚れならスポンジと台所用洗剤でOK

前回の掃除から使っていなくて、網と受け皿がそれほど汚れていないなら、食器を洗うように、普通に台所用洗剤を使って洗うだけでスッキリきれいになります。

時間が経てば経つほど汚れが固くなり、こびりついていきます。

できれば今回使用後、グリルがやけどしない程度に温かいうちに洗った方が汚れがこびりつく前なので落としやすいですよ。

 

 

頑固なひどい汚れには重曹を使って簡単お掃除

私のように掃除をサボっていると、汚れや焦げ付き、ニオイもひどい状態に・・・。

台所用洗剤じゃ落ちないな、と直感で分かるくらい汚れているときは「重曹」を活用してしっかり洗っていきましょう。

 

受け皿や窓は重曹ペーストでパック

魚の脂や焦げ付きなどで激しく汚れた受け皿や窓は、重曹をペースト状にした「重曹ペースト」を塗ってパックします。

 

【重曹ペーストの作り方】
用意するもの

  • 重曹  1/2カップ
  • 液体洗濯洗剤  大さじ2
  • 酢  大さじ1

 

重曹と液体洗濯洗剤をよく混ぜあわせてペースト状にします。
ペースト状になったら、お酢をいれて再度よく混ぜあわせると重曹ペーストのできあがり!

もし、この時に水分が足りないと感じなら、ほんの少し水を入れます。

 

【重曹ペーストでの掃除のしかた】

  1. 重曹ペーストを、受け皿や窓(汚れている部分)にまんべんなく塗りつけます。
  2. ラップでパックするとより吸着し、汚れが落としやすくなります。
  3. 重曹ペーストを塗ったら、1時間位そのまま放置しておきます。
  4. 1時間たったら、スポンジで汚れとペーストをこすり落とすようにしてとり、水で洗い流すだけ。

重曹ペーストが吸着して脂を中和していき、最後に重曹のザラザラ感の研磨力と、洗剤の洗浄力で汚れを落としているのです。

 

魚焼きグリルの網の洗い方

魚焼きグリルの焦げ付きの中でも一番厄介なのが、網にこびり付いてしまったガンコな焦げ付き汚れ。

これも、簡単に落とせる方法があるんです。

用意するもの

  • 重曹
  • メラミンスポンジ
  • きれいなグリル受け皿または洗い桶

網を重曹水につけ置きして洗いますので、グリルの受け皿に水を満たせば網が浸るなら受け皿が使えます。
網が浸かりきらないなら、洗い桶等を利用してください。

 

私がいつも買っている重曹はこちらです。

 

【網の洗い方】

  1. アルミ製以外のお鍋にタップリのお水を入れその中へ重曹を入れます。
    重曹の量ですが水1Lに対して大さじ1位を目安に入れてください。
    受け皿を使う場合は1Lほどで良いでしょう。
  2. お鍋を火にかけて沸騰させます。
  3. 汚れた網をセットした受け皿を平らなところに置き、沸騰した重曹水を流し込みます。
  4. そのまま20分~30分位つけ置きします。
    魚焼きグリルの網が全部浸からない時は、途中でひっくり返して網をまんべんなく漬け込むようにしてください。
  5. つけ込み後、メラミンスポンジで焦げた部分をこするとそれほど力を入れなくても、簡単にガンコな焦げが落ちます。

 

もし、この時焦げ汚れが落ちなかったら再度、先ほどの重曹を溶かしたお湯の中にいれて、今度は長めに漬け置きをしてみてください。
そうすれば、ガンコな焦げも落ちますよ。

 

スポンサーリンク

 

魚焼きグリルの掃除 臭いもスッキリ!

魚焼きグリルを重曹ペーストや重曹を使って掃除をすると、それだけで重曹の消臭効果で、魚の臭いもかなりスッキリと取れるのですが、中には重曹だけでは取りきれない魚のニオイもあります。

そんな時には、魚焼きグリルの受け皿に水を張り、その中へレモンを数滴落し、魚焼きグリルに火をつけて、温めると魚のニオイが消えるんです。

その他、柑橘系のオレンジやみかんなどの皮を、魚焼きグリルに乗せて少しだけ焼くとニオイが消えます。

また、緑茶やコーヒーの出がらしを使っても魚のニオイが消せますよ。
出がらしを、湿ったままの状態でいいので、魚焼きグリルの受け皿にまんべんなくまきます。
そのまま火をつけて、出がらしが乾燥するまで加熱します。

 

 

ガステーブルそのものの掃除方法はこちら

 

ガスコンロのガビガビ五徳の掃除方法はこちら

 

まとめ

魚焼きグリルは、お手入れは面倒ですが、焼き魚は美味しいですから使いますもんね。

やっぱり使ったらすぐ洗うというクセをつけておくのが、かえって一番楽なのかもしれません。
汚れが一番よく落ちるのは、やはりお魚を焼いたあと魚焼きグリルが温かい時なんです。

もし汚れてしまったら、今回ご紹介したお手軽お掃除方法を取り入れてみてください。

>>お家の掃除関連記事はこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す