オーブントースターの掃除方法はセスキ炭酸ソーダで簡単に!

 

オーブントースターの掃除って、どうやればいいのか良く分からないですよね。

ヒーターの上にピザのチーズが垂れて燃えたりしていませんか?

火が出る前に、セスキ炭酸ソーダを使った簡単お掃除方法をご紹介します。


スポンサーリンク

 

オーブントースター庫内の焦げ付き汚れを掃除するには?

オーブントースターの庫内や窓にこびりついた焦げ付き汚れには「セスキ炭酸ソーダ水」で対応しましょう。
(ヒーター部分は材質が違うので、別のやり方を後で説明します。)

 

 

【注意】
オーブントースター本体やその他の部分がアルミ製の場合、このセスキ炭酸ソーダ水は使えません。
化学反応で変色してしまいます。
磁石がくっつくならばアルミではないので大丈夫です。

 

【使うもの】

  • セスキ炭酸ソーダ
  • スプレー容器
  • メラミンスポンジ
  • 使い古しの歯ブラシ
  • ゴム手袋
  • 雑巾

重曹を使ってお掃除する人もいますが、オーブントースターのように油汚れがひどいところはセスキ炭酸ソーダのほうが重曹よりもよく落ちます。

キッチン回りは、どうしても油汚れがひどい場所ですので、このセスキ炭酸ソーダで作るセスキ炭酸ソーダ水を使っておくとオーブントースター以外にも色々使えて、掃除が楽になりますよ。
ただ、肌荒れしやすい人はゴム手袋をしてくださいね。

 

【作業手順】

  1. セスキ炭酸ソーダ5g+水500ml をスプレー容器に入れてよくかき混ぜる。
  2. オーブントースターの焼き網と下のトレイなど、外せるものはすべて外す。
    焼き網は、扉側の爪に引っ掛けてある部分を外すと奥のバネもすぐに外れます。
    ただ、メーカーによって外せないものもありますので無理しないでください。
  3. 外した焼き網と下のトレイに、先程作ったセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして5~10分ほど放置。
  4. 放置した後、スポンジなどでこすり洗いします。
    この時、そんなに力を入れなくても落ちますが、あまりよく落ちなかった時は再度セスキ炭酸ソーダ水を吹きかけて放置してから洗ってみてください。
  5. オーブントースターの本体のコンセントが抜けていることを確認して、本体庫内に残っているパンくずなどを歯ブラシで落とす。
  6. メラミンスポンジに、セスキ炭酸ソーダ水をふくませて本体(庫内、窓、外側など)の汚れをこすり落とす。
    本体の窓部分にこびりついた、茶色く変色した汚れもこれでしたらキレイに落ちますよ。
  7. 最後にきれいな雑巾で全体をさっと水拭きすれば完了。

 

スポンサーリンク

 

オーブントースターについた頑固な焦げ落としに!

セスキ炭酸ソーダ水では落ちなかった、頑固な焦げ落としにはセスキ炭酸ソーダペーストが最適です。

ペーストなので、つけおきができない本体部分の掃除などに最適なんですよ。

 

【セスキ炭酸ソーダペーストの作り方】
セスキ炭酸ソーダ 大さじ1
粉末洗濯洗剤 大さじ1
水 大さじ1   を混ぜるだけ。

 

【作業手順】

  1. セスキ炭酸ソーダペーストを、焦げた部分に塗り、その上にサランラップをして30分から1時間放置します。
  2. 焦げた部分がゆるんできたら、要らなくなったプラスチック製のカードなどでこそげ落とす。
  3. プラスチック製のカードで落ちなければ、再度ペーストを塗ってしばらく放置してやってみましょう。
  4. 最後に雑巾等で水拭きをして完了。

 

 

ヒーター部分の掃除は?

ヒーター(細い蛍光灯のような形状)は、衝撃や急激な温度変化に弱いので気を付けて扱う必要があります。

汚れのシミ跡が残っているくらいなら、そのまま使用し、掃除しないほうが無難ですよ。

焦げ付き等の汚れをどうしても取りたい場合は、電気のコンセントを抜き、ヒーターが完全に冷えていることを確認し、熱めのお湯で濡らしたキッチンペーパーなどで汚れをくるみます。

しばらく放置し、汚れを柔らかくしてから、拭き取りましょう。

ここであまりゴシゴシやると壊してしまうかもしれませんので、無理せず、汚れが取れなければ何度か繰り返します。

とにかく優しく掃除するよう心掛けてください。

 

 

オーブントースターをなるべく汚さない方法

今回はキッチリ掃除するとしても、今後はもっと楽に掃除したい方は、底面トレイにアルミホイルを敷いておく事をおすすめします。

これならパンくずや油汚れもアルミホイルがキャッチして、トースターの底面を汚すことがありません。

アルミホイルが汚れたら捨てるだけ。

簡単な工夫で掃除がだいぶ楽になりますよ!

 

 

オーブントースターの掃除 まとめ

オーブントースターは、パンを焼く以外にも、餅を焼いたり、揚げ物を温めたり、色々と活躍するものです。

でも、掃除をしていないとニオイも出てくるし、下手するとパンくずなどで発火の危険性もあるので、やはりお掃除は欠かせませんね。

セスキ炭酸ソーダは、オーブントースター以外にも、キッチン周りの油汚れの掃除にはとても便利なので、是非試してみてください。

>>お家の掃除関連記事はこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す