台風の日の通勤対策はどうする?服装やおすすめ対策グッズまとめ

 

台風だろうとなんだろうと出勤するんです

台風の時でも出勤するかどうかは、会社の判断によるので、人によりまちまちでしょう。

でも、台風だろうが大雪だろうが「来れるんなら来い!」という会社が一般的ではないでしょうか?

どんな時でも出勤しなきゃいけないあなたに、台風の中出勤しても、せめて快適に仕事ができるように、通勤時の服装などの対策についてお伝えします。


スポンサーリンク

 

台風の日の通勤時の服装や持ち物対策

電車通勤、バイク通勤、自動車通勤など通勤手段もいろいろありますし、服装もスーツではない方もいらっしゃると思いますが、一番多いと思われる電車通勤&スーツの方を念頭に対策を考えていますが、どなたにも応用できるものもありますので、使えそうなアイデアがあれば参考になさってください。

 

タオルと着替えを持って行く

どんなに防備しても濡れますので、ハンカチでは拭ききれません。
濡れたところを拭くハンドタオル1~2枚と、だいたいベチョベチョになる靴下やズボンあたりは着替えを持って行くと良いでしょう。

濡れた靴下で仕事なんて嫌ですよね。

 

風が強いならレインコート

風が強い台風の時は、傘ではなくレインコートが絶対におすすめ。

膝上くらいの丈ではなく、できればくるぶしくらいまであるやつのほうが足元が濡れなくて良いです。

上下別のレインウェアも良いのですが、駅のホームに着いたときに、ズボンを脱ぐのが大変です。

 

防水性の高い靴を

いつも履いている革靴はNGです。すぐに浸みてきますし、しっかりメンテナンスしないと革が傷みます。

 




長靴を履いていくのが一番濡れないと思いますが、ちょっと勇気がいりますかね?
最近は、「ザ・長靴」という感じのではなく、上の写真のようなお洒落なデザインの長靴も発売されていますので、台風の時だけでなく、普段の雨の日通勤用としても1足あると便利かもしれません。

 

また、(新しく買ったやつを普段履いているので)履かなくなった革靴をとっておき、雨の日はそれを履く、というパターンはどうでしょうか?
これなら、濡れて革が傷んでも構わないし、デザイン的に恥ずかしくないです。
問題は、靴下がずぶ濡れになることと、帰りまでに靴が乾くかということ。これさえクリアできるなら良い作戦です。

 

スポンサーリンク

靴を丸ごと覆うカバーもあります。




このような、靴とふくらはぎをすべて覆うカバーもあります。

自宅から駅までの道のりや、バイク通勤の方にはおすすめです。

他にも、靴だけを覆うタイプや、使い捨てタイプなど、バラエティーがありますので、興味のある方は「シューズカバー」で検索すると、色々出てきますよ。

 

濡れたものをしまうバッグなど

濡れたレインコートやタオルなどを収納するビニール製のバッグや手提げ袋があると便利です。

駅に着いて、脱いだレインコートをそのまま通勤カバンに入れたら他のものが濡れてしまいますね。

 

女性の足元は?

女性用のお洒落な長靴が多数発売されていますので、長靴を利用している方は多いですね。

 

クロップドパンツ+ミュール という組み合わせも

クロップドなら裾への跳ね上がりの心配も軽減されるし、素足で履くのにも抵抗ないでしょう。
素足が嫌なら、履き替えしやすいひざ下丈のストッキングで対応。

ミュールを選ぶのは、逆に濡れてもOKな靴ということ。
パンプスだと中に湿気がこもりますが、ミュールならサッと拭けばいいんです。

 

 

まとめ

主に濡れないための対策についてご紹介しました。

台風の時は、交通機関が混乱したり、強風でケガをしたり、様々な問題が想定されます。

会社は出社しろと言いがちですが、くれぐれも無理しないように、最新の情報を入手しながら慎重に出社しましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す