結婚式の招待状の返信マナーや書き方。メッセージの文例は?

 

結婚式の招待状が届いたら、すぐに返事をしようと思うのですが、あれ?どうやって書くんだっけ?と不安になることありませんか?

また、タイミングについても、単に早く出せばよいというものでもないのです。

結婚式の招待状を返信する時の返事の書き方や出し方のマナーについておさらいしておきましょう。


スポンサーリンク

 

結婚式招待状の返信 基本的なマナー

出席、欠席に関わらず、まずはしっかり押さえておきたい返信の基本的なマナーがあります。

 

返信は届いてから1週間以内を目安に

招待状には、返信期限が1か月先くらいで設定されていることが多いですが、新郎新婦側には、披露宴の席数の準備等もあり、期限ぎりぎりに返信するよりはなるべく早めに返信してくれた方がありがたいのです。

ですので、返信する側としては、招待状が届いてから遅くとも1週間以内に返事をするのがマナーです。

新郎新婦からしてみれば、準備面で助かるのもありますが、すぐに返信が来たらやはり嬉しいものですよ。

ただし、欠席する場合は、あまり早く返事をするのも考えものです。
新郎新婦が、最初から出席するつもりがなかったのかなと気にしてしまいかねませんので、できれば先にメールや電話でお詫びの連絡をして、届いてから1週間ほど開けて投函すると良いでしょう。

 

黒インクで書く

まず筆記具は、毛筆か万年筆で書くのが正式ですが、書き慣れていないとかえって汚してしまうこともありますので、ボールペンでもOK。

また、おめでたいからと赤インクは使わないように。
必ず黒インクを使って書くようにしましょう。ブルーやグレーもNGです。

 

「御」や「御芳」は消す

返信欄(裏側)には、あらかじめ、御出席、御欠席、御芳名、御住所といったように、「御」や「御芳」が印字されています。
御や御芳というのは、招待状を受け取った人への敬語に当たりますので、返信する際には、これらを必ず二重線か斜線で消してから送るようにしましょう。

 

宛名欄の「行」は消して「様」と書く

同様に、宛名欄(表側)の新郎新婦の名前の下にはへりくだって「〇〇 〇〇 行」と書いてあります。
こちらも「行」を二重線か斜線で消して、左横に「様」と書き直してから送るようにしましょう。

 

メッセージを書く時は、句読点を打たない

招待状の返信の際、メッセージを添えることがあるかと思いますが、注意したいのは「句読点は使用しない」ということ。
これは「お祝い事に区切りや終止符はつけない」ということからきています。

句読点をいれずに、その部分には一字分のスペースを空けて読みやすくしましょう。

さらに、「重ね重ね」や「再び」「切れる」「別れる」などの「忌み言葉」も使ってはいけません。
うっかり「久々に式場で再会できますね!」などと使わないように。

 

スポンサーリンク

 

出席する場合の返信の書き方

  • 「出席」の文字を丸で囲みます。
  • 出席のすぐ上の「御」は、二重線か斜線で消します。
  • 御住所、御芳名の御、御芳も同様に消します。
  • 御欠席の3文字を、二重線か斜線で消します。
  • 余白の部分に、お祝いメッセージを添える事で、 より一層、お祝いの気持ちと招待してくれた事に対するお礼の気持ちが伝わります。

 

出席の時の返信メッセージ文例

【友人・同僚へのメッセージ文例】

ご結婚おめでとうございます 慶んで出席させていただきます ○○さんの選んだ素敵な旦那さん(花嫁さん)に会えるのを楽しみにしています
ご結婚おめでとうございます お二人の晴れ姿がとても楽しみです 結婚式までお忙しいでしょうが どうぞお体に気を付けて
結婚おめでとう!ぜひ出席させてもらいます 今から当日がとっても楽しみです

 

【先輩・上司へのメッセージ文例】

お招きいただきありがとうございます 慶んで出席させていただきます おふたりのお幸せな姿を楽しみにしています
この度はご結婚おめでとうございます お二人の新しい門出にあたり ご多幸とご健康をお祈りいたします

 

【親族へのメッセージ文例】

ご結婚おめでとうございます お招きいただきありがとうございます 慶んで出席させていただきます
ご結婚おめでとうございます ○○さんの花嫁姿を 今からとても楽しみにしています

 

 

欠席する場合の返信の書き方

  • 「欠席」の文字を丸で囲みます。
  • 欠席のすぐ上の「御」は、二重線か斜線で消します。
  • 御住所、御芳名の御、御芳も同様に消します。
  • 御出席の3文字を、二重線か斜線で消します。
  • 欠席する場合でも、余白に結婚を祝福するメッセージを入れ、気持ちを必ず伝えます。
併せて欠席理由も書き添えますが、不祝儀など、内容によっては「やむを得ない事情により」とぼかすのがマナーです。

 

欠席理由を書くか書かないか

書いても良い理由としては、出産予定日が近いとか、海外出張中であるとか、誰もが納得できる事情がある場合です。
いっぽう、具体的に書かないほうが良いのは、お祝い事にふさわしくないような、法事があるとか、怪我・病気をしているなどで、このときは「やむを得ない事情により」と表現するにとどめます。

 

欠席の時の返信メッセージ文例

ご結婚おめでとうございます 挙式の頃が出産予定日と重なっており 医師と相談したのですが 残念ですが欠席させていただきます また別の機会にお祝いをさせてください
お招きいただきありがとうございます あいにく長期の出張の予定があり 欠席させていただきます お二人の末永いお幸せをお祈りしています
(不祝儀等の場合) ご結婚おめでとうございます お招きいただき大変嬉しいのですが あいにくやむを得ない事情がございますため、残念ですが欠席させて頂きます お二人のお幸せを願っております

 

 

結婚式の招待状の返信 まとめ

結婚式の招待状を受け取ったら、なるべく出席したいもの。
期限ギリギリだと先方もやきもきしてしまいますから、なるべく早めに返信しましょう。

やむを得ず欠席する場合でも、祝福する気持ちを忘れずに対応することを心掛けましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す