1年前はOK?そうめんの賞味期限と期限切れで食べる時のチェック法

そうめんの賞味期限切れ

 

食べきれなくて奥のほうにしまいこんでいたそうめんが、ある日ポコッと出てきて「1年前とか2年前のだけど食べられるの?」というのが、「そうめんあるある」ですよね。

パッケージを捨ててしまった場合は、賞味期限がいつまでなのか分からないので、食べて良いのか?なおさら心配になります。

そうめんの賞味期限は比較的長いのですが、何年くらい持つものなのでしょうか?

また、賞味期限切れだった場合は、やっぱり食べてはいけないのでしょうか?

今回は、そうめんの賞味期限と、賞味期限切れでも食べられるかどうかのチェックポイントについてお伝えします。


スポンサーリンク

 

そうめんの賞味期限は2年が多い

そうめんの賞味期限
スーパーでよく見かける、袋に入った乾麺タイプのそうめんだと、賞味期限は2年のものが多く、長くて3年6か月のものもあります。

参考までに、有名ブランドそうめんの賞味期限はというと・・・

そうめん 賞味期限
揖保乃糸(兵庫県) 製造より3年6か月
三輪素麺(奈良県) 製造より2年
島原そうめん(長崎県) 製造より2年
※商品によって多少異なる

 

そうめんは「賞味期限」なので・・・

そもそも「賞味期限」とは「美味しく食べられる期間」の表示で、生鮮食品など短期間で変質する食品に表示される「消費期限」のように食べられなくなる期間の表示ではありません。

乾めんは昔から保存食品とされていて、製めんする時に使用する食塩と、乾燥による低水分化で保存性を高めています。

保存料は一切使用していませんが、長期間の常温保存が可能になっているのです。

 

賞味期限切れのそうめんは食べられる?

そうめん
賞味期限とは「未開封で正しく保存されていれば、その期限までならおいしく食べられます」ということ。

なので、そうめんは各メーカーがいろいろ賞味期限を設定していますが、正しく保存されている前提で考えますと、実は製造から3年くらいは大丈夫なんです。

賞味期限切れでも食べたい!ときのチェックポイント

まあそうは言っても、やっぱり賞味期限切れだったり、そもそも賞味期限が分からなくなってしまったそうめんは、食べるのに少し勇気がいります。

乾麺タイプのそうめんは年月が経っても食べられるものではありますが、食べられるかどうかは保存状態によって大きく左右されます。

ですので、賞味期限にかかわらず、長期間保存しておいたそうめんを食べる時は、以下のチェックをしてみてください。

食べてはいけないそうめんは・・・
  • カビや虫がついている
  • 色が黄色く変色している
  • 変なニオイがする
  • 油っぽいニオイがする

これらの変化がなければ食べても大丈夫ですが、あくまで自己責任でお願いしますね。

 

※賞味期限が切れて8年経ったそうめんを食べた方の動画です(笑)

スポンサーリンク

 

そうめん長持ち!正しい保存方法は?

来年のために、そうめんの正しい保存方法も知っておきましょう。

そうめんの保存方法は、冷暗所に常温保存が基本です。

そうめんは湿気を嫌うため、直射日光の当たらない風通しの良い、涼しい場所に保管することが長持ちの秘訣。

床下収納や押し入れは湿気がこもりやすいので、賞味期限内であってもカビが生えたり虫がついたりする原因になってしまいます。

また、そうめんはニオイを吸収しやすい食品のため、石鹸・化粧品などニオイの強いものと一緒に保管しないようにしましょう。

適切な場所が見つからない場合は「ジップロックに入れて冷蔵庫保存」が手軽ですよ。

 

茹でたそうめんの賞味期限と保存方法

茹でたそうめん
茹でた量が多くて食べきれない時ってありますよね。

そういう時は、水を切って、皿にラップをして冷蔵庫で保存すれば、2,3日はOKです。

冷蔵庫で保存すると麺同士がくっついて塊になってしまいますので、改めて食べる時は、茹でずに、水をサッとくぐらせればほぐれて食べやすくなります。

 

そうめんの賞味期限 まとめ

そうめんは昔は保存食であっただけに、賞味期限は長く、ちゃんと保存すれば腐りにくいのですね。

1年前、2年前くらいのそうめんなら、全然イケそうです!

頂き物や、食べきれなかったそうめんを来年も食べられるよう、今年からは保存方法もしっかりやっていきましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す