去年の日焼け止めは効果落ちずに使える?正しい保管方法は?

日焼け止め

 

日差しが強くなり、紫外線が気になってくると、日焼け止めを使うようになります。

日焼け止めって、まだ中身が余っているのにシーズンオフになって使わなくなってしまうから、翌年またシーズンになったときに、去年の古いのを使うかどうか迷うことってありませんか?

でも、さすがに1年経ったものを顔に塗っていいのか?ちょっと不安になりますよね。

そこで、去年の日焼け止めなど、古い日焼け止めは使っても大丈夫なのか?効果はしっかり保たれているのか?についてまとめます。


スポンサーリンク

 

去年の古い日焼け止めは使っても大丈夫か?

乳液タイプやジェルタイプの一般的な日焼け止めは化粧品と同じく、使用期限の表示義務がありませんので、ほとんどの日焼け止めには使用期限が表示されていないでしょう。

ですので、目安としては、

「未開封なら3年、開封したものは1年」

ということになります。

未開封なら、去年のものでも全く問題なく使用できます。
途中まで使ったものだと、1年経過していると基本的にはNGですが、場合によってはまだ使えるものもあります。

 

開封済みでも使用OKな場合もある

去年使って、1年たったら絶対にダメ!かというと、そうでもないんです。

使用可能かどうかの目安

開封済みでも、

  • キャップをしっかり閉めて、適切に保管(高温多湿や直射日光を避ける)されていた
  • 中身が変色していない
  • 中身は変なニオイがしない
ということであれば、効果も落ちていないし、使用しても問題ありませんよ。

 

無添加・オーガニック系は要注意

防腐剤を含まない無添加化粧品の日焼け止めの場合、商品に消費期限が記載されているものもあります。
例えば、開封後6か月以内とか、未開封で2年など。

肌に負担をかけないなど、防腐剤不使用の日焼け止めは人気がありますが、防腐剤が入っていないのだから、空気に触れたり、ノズルを手で触ったりして雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。

こちらの日焼け止めは、いったん開封したものを再使用する時は、期限内であっても中身が変質していないか確認してから使用した方がよいでしょう。

 

スプレータイプは問題なし

ガスでシューっと出るタイプの日焼け止めは、中身が空気に触れることがないので、未使用だろうと何だろうと、製造日から3年間は問題なく使用できます。

 

スポンサーリンク

 

日焼け止めを正しく保管しよう

正しく使用し、しっかり保管すれば来年も使えますので、ここで日焼け止めの正しい保管方法を確認しておきましょう。

 

雑菌が入らないように使用する

使用する時は、本体内部に雑菌が入らないように心がけます。
ノズルに直接手が触れないようにしましょう。
出し過ぎた乳液を逆流させて中に戻すのはNG。
使用後はノズル付近にはみ出した液を清潔に拭き取っておきます。

 

高温多湿を避け、直射日光の当たらない場所に保管

・南向きの部屋など、昼の室温が高くなる場所
・浴室のような湿気のある場所
・直射日光が当たる場所

いずれも中身を劣化させることになりますので、注意します。

 

常温保存

たまに、冷蔵庫に入れて保管していると聞くことがありますが、低温すぎる場所での保管も変質の原因になりますのでお勧めできません。

 

しっかりキャップを閉める

保管中に空気に触れたり、液漏れしないように、キャップはしっかり最後まで閉めて保管します。

 

 

去年の古い日焼け止めの使用・効果 まとめ

しっかりと保管しておけば、1年前の日焼け止めは使っても大丈夫です。

もし不安な場合は、顔ではなく体専用にしてしまうのもありでしょう。

肌が敏感な人やより高い効果を期待する人は、それほど高価なものでないのでしたら、毎年買い替えるほうが気分的にも楽ですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す