卒業式のストッキングの色は黒はOK?寒いからタイツじゃダメ?

 

卒業式に履いていくストッキングは黒ってやっぱりNGなのでしょうか?
卒業式へ参列されるお母さんは着ていく服装や、持ち物など色々と気になることが多いですよね。

その中でも、ストッキングは着ていくスーツの色によってはこの色でいいの?と疑問に思うことも。

そこで、卒業式へ参列するときに履いていくストッキングは黒でもOKなのか?
やはり無難にベージュがいいのか?といった疑問にお答えします。


スポンサーリンク

 

卒業式のストキングの色は?黒それともベージュ?

卒業式に履いていくストッキングの色は、ベージュが一般的ですが、黒でもタブーではありません

でも一方で、卒業式に黒のストッキングを履いていくのはNGという意見もありました。
卒業式へ参列するときに着ていくスーツの色が黒だと『お葬式にでもいくの?』と思う方もいるからなんです。

黒のスーツを着ても、中のインナーにフリルがついたものや、コサージュをつけたりするので、本当にお葬式に出席する格好ではないのですが、そういう印象をもたれる方もいるということです。

 

実際の現場では・・・

ただ、実際に卒業式に参列した先輩ママさんに聞くと、卒業式で黒のストッキングを履いてきている人もいたと言っていましたので絶対にダメ!というわけではありませんよ。

スーツの色がグレーや紺でしたら特に黒のストッキングを履いても問題はないでしょう。
皆さん、黒のスーツを着てストッキングも黒となると「?」と思うようです

黒のストッキングを履くにしても、真っ黒なものではなくワンポイントの柄などがはいったものなどがいいのではないでしょうか?

私が経験した中でも、足首に模様がついている黒のストッキングを履いている方もいましたが特に違和感は感じませんでした。

黒のスーツを着ていくというのであれば、一度周りのママさんたちに聞くか、去年卒業式に参列した方に聞いてみるといいのではないでしょうか?
聞くのもためらってしまう、と言う方なら一番無難な色のベージュを履くことをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

卒業式のストッキングの代わりにタイツはNG?

黒のタイツでも、マットな質感のものはフォーマルさにかける感じにはなりますが、防寒優先のタイツはアリです。

マナーに厳しい方は、タイツはカジュアルウェアで式典に着ていけるものではない!という方もいますが・・・

卒業式の多くは3月に行われますが、まだまだ寒い時期。
ましてや、卒業式が行われるのは暖房が効かない体育館ですと、かなり足元から冷えてきてしまいます。

ましてや、雪国など豪雪地帯ではものすごく寒いですから、ストッキングなど履いていけない地域もあります。

 

防寒対策はしっかりと!

実際に卒業式に参列した先輩ママさんからは

「卒業式当日は暖かい日だったんですけど、体育館でずっと座っていると、足元から冷えて終わったら身体が冷え切っていました。」

「せっかくの卒業式で、冷えすぎて何度もおトイレに中座するほうが、周りの方の迷惑になるから、それを考えたらタイツにした方がいいです。」

という意見がありました。

確かに、冷えすぎてそちらに気がいってしまい、お子さんの卒業式を見るどころではなくなってしまったら、せっかく参列しても意味がありません。

卒業式を経験された多くの先輩ママが、体育館は底冷えして、寒さに耐えた印象しか残っていなかったとおっしゃっていたので、防寒対策をシッカリとしておいたほうが良いですね。

卒業式へ出席するときに、背中や腰、足の裏に貼るタイプのカイロを貼っておくとかなり暖かく過ごせます。

 

 

卒業式のストッキングの色 まとめ

卒業式などの式典に参列するとなると、色々とマナーが気になって悩んでしまいますよね。

しかし、今は昔ほどマナーにうるさくなく、だいぶゆるい感じになっています。

お子さんも、小学生・中学生・高校生・大学と卒業式がまだこれからもありますので、その時の状況に応じて臨機応変に対応していけばいいんじゃないでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す