卒業式で父親のスーツやネクタイはどんな色?礼服はダメ?

 

父親が卒業式に参列するとき、スーツやネクタイ、シャツはどんな色ならOKなのでしょうか?

当日行ってみたら他のお父さんと全然違う!となると、ちょっと肩身の狭い思いをしてしまいます。

やっぱり礼服のほうがベターなのでしょうか?

ここで、卒業式へ参列する父親の標準的な服装、ネクタイなどを確認しておきましょう。


スポンサーリンク

 

卒業式での父親のどんなスーツ?

卒業式へ参列されるお父さんの服装はビジネススーツが一般的です。

シングルを着ているお父さんが多いのでシングルが一般的のようです。

お持ちのビジネススーツで全く問題ありません。

色はやっぱり濃紺が一番無難。なければ濃いグレー系がいいですよ。

黒でもいいですが、無地になってしまうと、礼服のように見えてしまいますし、先生方と被ってしまいますので、黒を選ぶならストライプが入っているもののほうがいいです。

細いストライプの入った「ピンストライプ」や、縦線の織柄の入った「シャドウストライプ」ですね。

もしスーツをお持ちでなく、今回初めて必要になるということであれば、ゆくゆくはお子さんの入学式・卒業式は何度かありますので、スタンダードな色柄・シルエットのスーツを1着用意しておくと良いでしょう。

紺色の無地か控えめなストライプ柄がおすすめ。

 

最近の主流であるスリムシルエット&ノータックパンツのスーツも通販なら1万円前後で入手可能です。
上着もパンツもやや細身で、スッキリフィットする感があります。

 

全体的にゆったり設計のレギュラーフィットで、ワンタックパンツ。
ピチッとしたスーツが苦手な方、着ていて楽なほうが良い方はこちら。

 

スポンサーリンク

 

ワイシャツは?

ワイシャツは白の無地が基本で、多少ストライプが入っていても大丈夫です。

若干レベルは上がりますが、淡く明るめの色や、薄いブルーなどなら、ちょっとオシャレに見えますね。

襟は普通のタイプが良いでしょう。ボタンダウンなどはカジュアルさが出てしまうので避けましょう。

 

ネクタイは?

ネクタイの色は式典ですのでシルバー系がおすすめです。

婚礼用の白は先生と被ってしまうのでNG。

シルバーは、持っている方も少ないと思いますので、無理にシルバーにする必要はなく、赤系や青系などでスーツやワイシャツに合った色なら大丈夫です。

柄は派手でなければ何でもOKですが、おすすめは「無地」か、直径2,3mmくらいの小さな水玉が入った「小紋柄」です。

 

靴下は?

靴下ですが、ビジネスタイプの黒や紺にしましょう。
スーツなのにスニーカー用の靴下はNG!超格好悪いです。

靴下って、式の時に座ったりすると意外と目につくもの。
わからないだろうと思って、白やカラフルなものなどを履いているとけっこう目立ちます。

 

靴は?

靴は体育館に入る時は脱いでしまうので、それほどこだわらなくても良いかもしれませんが、基本は黒の革靴です。

靴が汚れていると、どんなにいいスーツを着ていても全体の印象を悪くしてしまいます。
せっかくのお子さんの晴れの日ですから、前日にしっかり磨いておきましょうね。

 

 

卒業式の父親の服装で礼服やジャケパンは?

卒業式に参列する父親が礼服を着るのは避けましょう。
礼服は、先生方や来賓の方々が着るもの。

マナー上の問題でしたら、礼服でも問題ではないのですが、普通に保護者として参加するだけでしたら礼服は浮いてしまいます。

ジャケパン、ブレザーはOKです。
ただし、式典ですから、デニムズボンとノーネクタイはカジュアルすぎるのでやめておいた方が無難です。

私立の小学校等の場合は、服装でもこういったものはご遠慮ください、と言われる可能性があるので、私立学校の時には念の為に一度確認した方がいいです。

 

 

卒業式 父親の服装 まとめ

せっかくお父さんが時間を作って卒業式へ参列するのですから、いつもよりビシっと決めた服装で行ってほしいですね。

あくまでも主役はお子さんですが、いつもと違うオシャレな服装をしてくれるお父さんを見たら、お子さんもやっぱりうれしいと思いますよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す