梅雨の雨の日に犬の散歩行ってる?散歩しないと犬はストレスなの?

犬

梅雨時期になると雨の日が続きますが、雨の日の犬の散歩はどうされていますか?

散歩に連れていく飼い主さんも雨具やカサが必要ですし、レインコートを嫌がるワンちゃんもいるでしょう。

帰ってくると犬の足がビチョビチョで、拭き取るのも大変ですよね。

雨の日の犬の散歩は、皆さん行っているのでしょうか?
少しくらい休んでも犬にはストレスにならないのでしょうか?

このあたりを調べてみました。


スポンサーリンク

 

梅雨などの雨の日に犬の散歩行ってる?

雨だろうと、飼い主の体調が悪かろうと、犬の散歩に基本的に休みはありません。

でも、雨の日は散歩に行きたがらない犬もいて、そういうワンちゃんは、次の散歩まで、おしっこ、ウンチをガマンしてしまうケースもあるようです。

さて、雨の日の散歩事情、皆さんはどうしているのでしょうか?実際の声を聞いてみました。

外じゃないと絶対に排泄しないので、雨でも必ず散歩に行く。
可愛さから「毎日行ってあげないとかわいそう」と飼い主が思いはじめて、結果毎日行く習慣がついてしまった。雨でも行かざるを得ない。
室内犬で、家の中で排泄するようしつけているので、雨の日は無理に散歩に行かない。
もとから3日に1回くらいしか散歩に連れて行っていないので、2,3日散歩に行かないのは普通。

飼い主の考え方と犬種によって様々な対応がありますね。


ある獣医さんにお伺いしたところ、小~中型犬であれば、家の中を放し飼いで飼っている場合、毎日散歩にいかなくてもいいそうです。
毎日必ず散歩に行くという習慣をつけるのではなく、飼い主の行きたい時に散歩に行くという習慣をつけるほうがいいとのこと。
犬中心にしてしまうとワガママになってしまい、散歩に行けないと吠えたりしてしまうそうです。

大型犬も家の中でボール遊びなどして運動量を増やせば大丈夫だそうです。

室内では排泄しないワンちゃんは多いので、そこに関しては気を配る必要がありますが、犬の大きさに見合った運動量を確保してやれば、雨なら散歩は中止しても問題ないでしょう。

スポンサーリンク

散歩に行かないと、犬ってストレスたまるの?

犬にストレスがたまると、脚などをしきりになめ続ける、自分のしっぽを追いかけて回る、無駄吠えをするなどの、異常な行動に出ることがあります。

犬は毎日のように散歩に行けないことがストレスの原因となるのでしょうか?

散歩に行くのが楽しいと思う犬が一般的ですが、外に出るのを嫌がったり、外で歩くのを嫌がる犬もいます。

外に出るのが嫌な犬なら、散歩することがストレスになりますので、短い時間で切り上げるか、散歩には行かずに、室内で十分に運動したり、飼い主とスキンシップを取ればOKです。

いっぽう、散歩に行きたい犬の場合は、やはり連れて行ってあげましょう。

でも、散歩の時間を決めてしまうと、犬が「そろそろ散歩の時間だ」と催促するようになるので、時間は決めずに行くようにしましょう。
回数も同様に1回だけの日もあれば2~3回行く日があってもいいでしょう。

飼い主だって都合の悪い時はありますので、犬が「なんで今日は行かないんだ!」と思うようになったら、犬も飼い主もストレスですよね。

 

 

まとめ

雨の日の散歩をすべきか?犬は散歩しないことがストレスなのか?考えてみました。

相手は生き物なので、本当に千差万別のケースがあるでしょう。
ですので、飼い主がそれで良いと思い、ワンちゃんが元気で健やかに暮らしていて、他人に迷惑をかけていないスタイルならそれで良いと思います。

もし心配ならば、一度ペットショップ等に足を運んで相談してみると良いでしょう。
犬種ごとにわかりやすく散歩の仕方や犬の特徴を説明してくれると思います。

無理をせず、飼い主と犬のライフスタイルに合わせて信頼関係を築くことが、愛犬と楽しく生活することにも繋がりますよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す