スポンジはNG?ニット製品の毛玉の正しい取り方とは?

 

お気に入りのセーターも、毛玉が目立つとテンション下がるし、せっかくのコーディネートがどこか野暮ったい感じに。

巷では「毛玉取りにスポンジ」という情報もありますが、これはNG!

服を傷めない、正しい毛玉の取り方をチェックしておきましょう。


スポンサーリンク

 

ニット毛玉取りにスポンジはNGです!

台所用のスポンジを使って毛玉をとる方法がメディア等で紹介されていますが、やめたほうが良いです。

というのも、スポンジでニットをこすると、毛玉とくっついている繊維を引っ張って、引きちぎるように毛玉をとる事になり、ニットを毛羽立ててしまうことになるんです。

それに、繊維を奥から引っ張り出してしまうので、それがまた毛玉の原因になってしまうんです。

その他にも、手でブチッとむしり取ったり、ガムテープをニットに貼って勢い良く引っ張って毛玉を取るといった方法もニットを傷めてしまい、摩擦によって毛羽立ってしまうのでやらないでください。

これらの方法は、ニットの生地をつまみとっていることになり、段々と生地が薄くなってしまいますよ。

 

 

ニット毛玉の正しい取り方

正しい方法で毛玉を取れば、みすぼらしかったニットも、生地を傷めずに、まだまだ着られるキレイなニットに変身できますよ。

 

ハサミで切る

眉毛をカットする時に使うような小さなハサミを使って、ニットにできてしまった毛玉をカットします。

ハサミを使う方法は、毛玉の数が少なかったり毛玉ができている範囲が狭い時に最適な方法です。

できてしまった毛玉を、軽くつまんでハサミで根本をカットします。

 

広範囲なら毛玉取りブラシを使う

毛玉取りブラシは、毛玉が取れるだけでなく絡まってしまった毛糸の繊維を整えてくれるという役割もあり、毛玉ができにくくもなるんです。

アイロン台やフローリングの床の上など、平らなところにニットを置いて、優しくなでるように、毛玉を引っ掛けるイメージでブラッシングします。

この毛玉取りブラシは、けっこう毛玉が取れるのですが、力を入れ過ぎると生地が毛羽立つのが難しいところ。

使い方に少々コツが必要ですので、時間がある時や、毛玉がそれほど多くない衣類にちょうど良いでしょう。

 

一番良いのは毛玉取り器を使うこと

広範囲の毛玉も、あっという間に取ることができて、セーターに穴を開けてしまうというリスクも低いです。

ただし、毛玉取り器をニットに押し付けるようにして使ったり、ニットを平らにして使わないと、ニットに穴が開いてしまいますので要注意。

 

毛玉取り器といえばシェアNo.1の泉精器。

パワーの落ちないコンセント式

どこでもお手軽の電池式

 

100円ショップ ダイソーの毛玉取り器も

実は、この毛玉取り器、100円ショップ ダイソーでも購入することができるのです。

もちろん泉精器製ではありませんが、ダイソーの毛玉取り器『くるくる毛玉取り』はけっこう口コミ評判がよいのです。

これなら、本体108円+単3電池2本で済んじゃいます。

 

なるべく毛玉ができないように予防する方法

毛玉を取った後は、なるべく毛玉ができないようにしたいですよね。

毛玉をなるべく作らない予防方法をこちらの記事でまとめています。

関連記事

>>ニットの毛玉を防止!毛玉ができにくくなる予防法7選

 

まとめ

毛玉取りをするときは、できるだけ衣類へのダメージが少ない方法を選びましょう。

広範囲の毛玉を極力生地を傷めないで取ることができるのは、「毛玉取りブラシ」を使うか「毛玉取り器」を使う方法です。

もしたくさんの毛玉で悩んでいるなら、諦めて捨ててしまう前に、ぜひ毛玉取りを試してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す