エアコンのリモコンが効かない!動かない原因をチェックする方法

エアコンのリモコン

 

久々にエアコンを使おうと、リモコンを手に取り、ポチっと押してみても動かない!

どのボタンを押しても本体が反応しないとか、液晶の文字自体が映っていないとか。

こういう時は、落ち着いて何が原因かを順番にチェックすれば、意外と解決することが多いのです。

リモコンが効かない時、どうして動かないのか?チェックする方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク

 

エアコンのリモコンが効かない時のチェック手順

リモコンのボタンを押してもエアコン本体が無反応の時、原因の多くはリモコン側にあるので、まずはリモコンの状況をチェックしましょう。
リモコンをチェックしてもなおエアコンが動かないようなら、次にエアコン本体側のチェックをします。

 

 

エアコンのリモコンのチェック方法

  • リモコンのボタンを押してもエアコンが作動しない。
  • エアコンは動いたが、リモコンのボタンの一部が効かない。
  • リモコンの液晶が薄かったり消えている。
こんな症状が出ているとき、「あっ!リモコンが壊れた!」と決めつける前に、以下のことチェックしてみましょう。

 

1.リモコンの電池を交換する

大抵の原因は電池切れではないかと思います。

去年の夏使って以来、1年ぶりに今年の夏使おう!なんていうときに、電池切れを起こしているんですね。

2本入っているものが多いと思うので、2本とも新しいものに交換して操作確認してみてください。

 

1-2.リモコンの電池が液漏れ!?

場合によっては、リモコンに入れっぱなしだった電池が液漏れをしていることもあります。

その場合でもまだ直る可能性は十分残っていますよ。

液漏れをしていたら、

  • 電池を抜き取ります。
  • リモコン電池BOX側に残っている漏れ液をアルコール等を染み込ませたティッシュで拭き取ります。
  • リモコン電池BOXの端子部(電池が接触するバネみたいなところ)」もアルコール等で拭いてみます。
  • 端子部が拭くだけできれいになればOKですが、茶色とか白っぽい汚れが残っていたら、これを目の細かい紙ヤスリ(1,000番くらい)で磨き落とします。
    端子に錆びや液漏れの汚れがついたままだと電池の電流がリモコンに流れていきません。
  • 新しい電池を入れます。リモコンに新しく入れる電池は、「マンガン電池」のほうが液漏れしにくい性質なのでおすすめです。

 

2.リモコンのリセットをする

電池交換をしても直らなかったら、次はリモコン本体の「リセット」をしてみます。

大抵のリモコンにはボタン部のどこかに、爪楊枝のような先のとがったもので押すような「リセットボタン」があります。
エアコンのリモコンボタン


これを押せばリモコンにリセットがかかり、直る場合があります。

メーカーによっては何秒か押し続けないといけないものもあるようですので、不安な時は念のため取扱説明書を確認しましょう。

 

3.リモコンから信号が出ているか調べる

リセットをしても直らない時は、いよいよリモコンの故障が濃厚になってきます。

最後に、ちょっと面倒ですが、電池交換済みのリモコンから信号が出ているかどうかを調べます。

リモコンは、ボタンを押すと送信部から赤外線信号を出します。
赤外線は目では見えませんが、送信部をデジカメやスマホで覗くと光って見えます。
(赤外線がレーザービームのように出ている姿は見えません。リモコンの送信部先端だけが光ります。)

ボタンを押している間ずっと光っているタイプのリモコンと、押した瞬間しか光らないリモコンもありますので、とにかくスマホカメラ越しにリモコン送信部を見て、リモコンのボタンを押したときにピカッと光ればOKです。

【ボタンを押してない時のリモコン送信部】
リモコン送信部

 

【ボタンを押した時のリモコン送信部】
リモコン送信部


見にくいかもしれませんが、送信部が青白くなっています。

まれなケースですが、ボタンの一部が壊れていて(電源ボタンだけとか)、あるボタンを押せば光るけど、別のボタンでは光らないとか、そういうこともありますので要注意です。

 

スポンサーリンク

 

リモコンがOKなら、エアコン本体をチェック

リモコンの動作確認をして直ればOKですし、リモコンが壊れていることが分かればリモコンの交換が必要になります。

関連記事

リモコンが壊れたときの新規購入に関する便利情報はこちら
>>エアコンのリモコン 紛失や壊れたときの対処方法

 

でも、リモコンが壊れていないことが分かった場合は、エアコン本体側を疑う必要があります。

 

エアコン本体の電源が入るか

エアコン本体の故障のチェックの仕方は、メーカーにより差があるので詳しくは取扱説明書をご覧いただいた方が良いのですが、「電源が入るかどうか」は必ずチェックします。

エアコン本体(室内機)のどこかに「自動運転」「試運転」「応急運転」などの名称で、手で動かせる電源ボタンがあります。

リモコンを使わずにできる電源ボタンで電源を入れてみてください。

 

見落としがちなトラブル

「本体の電源が入らない!」時にチェックを見落としがちなのが、

  • 本体から出ている電源コンセントが抜けている。
  • 脱衣所とかにあるブレーカーの、エアコンの専用の回路ブレーカー(8個とか10個並んでいる小さいブレーカー)がOFFになっている。
一応こちらもチェックしてください。

 

最後に信号経路チェック

エアコン本体の運転スイッチを直接押せばエアコンが動くし、リモコンから赤外線信号も出ている。
それなのにリモコンからだとエアコンが動かない場合は、リモコンの赤外線信号がエアコン本体まで届いていない可能性があります。

何らかの機器が出している電波等が、リモコンの赤外線信号を妨害している場合があります。

パソコンなどの電子機器やインバーター照明の電源を切って再度確認して下さい。

 

ここまで確認して、併せて取扱説明書の故障チェックを行っても動作しない場合は、エアコン本体の受光部や基板などの故障が考えられます。
メーカーに修理の依頼をしてください。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

リモコンが効かないと思ったら、エアコンの場合は大抵リモコンのチェックで直ることが多いと思いますので、リモコンを買い替える前に、ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す