ニットの毛玉を防止!毛玉ができにくくなる予防法7選

 

いつの間にか増えているニットの毛玉。

取ってしまうのも良いですが、毛玉を取り続けると服が傷むので、できれば毛玉が増えない予防法で対策したいもの。

そこで、簡単にできる毛玉防止法を7つご紹介しますよ。


スポンサーリンク

 

どうして毛玉ができてしまうの?

生地は、こすれると繊維の先端が毛羽立ち(けばだち)ます(飛び出してくる)。

脇の下だと衣類同士でこすれますし、リュックを背負えば、肩の部分とリュックの肩ベルトの部分でこすれて生地が毛羽立ってしまいます。

その毛羽が増えてくると束になり、絡み合うことでついに毛玉となってしまうのです。

つまり、毛玉は衣類の「摩擦」が原因なので、できるだけ摩擦が起きないように着るだけでも、毛玉を軽減することができるということですね。

 

 

なるべく毛玉を増やさない具体的な予防法は?

 

セーターを着た後に、ブラッシングをする

毛玉ができてしまう原因は摩擦によって毛糸の繊維が絡み合ってしまうからなんです。
そこで、セーターを着た後に、洋服用のブラシで軽くブラッシングをすることによって、摩擦で絡み合ってしまった繊維をほぐしてあげます。
ブラッシングをすることによって、繊維がほぐれるだけでなく、毛並みがそろってホコリも取れるので一石二鳥です。

ブラッシングする際は、軽く、サッサッという感じで、一定方向に行います。
あまり強くブラッシングすると逆に毛羽立つので要注意。

 

自宅で洗濯する時は洗濯ネットに入れて手洗いする

自宅でセーターを洗濯する時は、裏返しにしてから、中であまり動かないようにピッタリサイズの洗濯ネットに入れます。
洗濯ネットに、セーターを入れることによって摩擦をおこすのを防いで毛玉をできにくくします。
ニットを洗濯する時も、基本は手洗いをします。

洗濯機にいれて洗濯するのは、手軽で簡単なのですが、どうしても洗濯機が回っていると洗濯ネットに入れていても摩擦がおこってしまうので、毛玉ができやすいんですね。

お気に入りのニットなどは手洗いでしかも短時間で仕上げることをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

連続して着ない

どうしても、お気に入りのニットだと連続して着たくなってしまいます。

着る頻度が下げれば、それだけ摩擦が起きる回数が減りますし、数日空けることで生地の毛の状態が落ち着いてくれるので、毛玉ができにくくなるのです。

よく着るセーターだと、汚れもつきやすくなりそうすると、洗濯をする頻度も多くなりますよね。

いくら、洗濯ネットに入れたりクリーニングに出したりしても、やはり擦れてしまいますので摩擦が起きやすくなります。

そのため、1日着たセーターはブラッシングをして1~3日ほど休ませてあげて、他のニットを着て着回すということをすると、毛玉ができる頻度が低くなります。

 

静電気防止スプレーをする

セーターに毛玉ができてしまうのは、擦れて摩擦がおこることによって、毛の繊維が絡み合うことです。

そこで、この摩擦を起きにくくする方法として静電気防止スプレーを使用します。

ただし、静電気防止スプレーを使うとセーターの風合いが若干変化してしまう可能性があります。
そのため、セーターの裏の部分や目立たない場所に静電気防止スプレーをして、テストしてから問題がなければ、セーター全体に静電気防止スプレーを使いましょう。

 

毛玉予防スプレーをする おすすめ!

日本初!毛玉予防専用スプレーというのが発売されました。

毛羽の根本をコーティングすることで、毛羽をできにくくし、毛羽同士の絡まりを抑えることで、毛玉の発生を防ぎます。

着る前に脇の下や肩などの毛玉のできやすい所にシュッとひと吹きし、乾いたら着用OK。
しかも無香料なので使いやすいんです。

化学繊維、コットン、ウールなど、ほとんどの生地に使えます。

お気に入りのニットほど出番が多くて毛玉リスクが高くなります。
そういうニットにこそこれを使って、購入当時のきれいな風合いを維持したいですね。

 

セーターを着る時はインナーを着る

デザイン等によっては、インナーを着ないでそのまま着てしまいますよね。

でも、肌に直に触れるようにセーターを着てしまうと、汗や皮脂がセーターについてしまいます。
汗や皮脂がつけば、洗濯やクリーニングに出しますよね?
洗濯やクリーニングをすると、摩擦がおきてしまいますので、毛玉ができやすくなります。

できるだけインナーを着ることによって、ニットに皮脂や汗がつくのを防ぎ、洗濯回数を減らすことができます。

インナーを着て洗濯する回数を減らして毛玉ができるリスクを減らしましょう。

 

毛玉ができにくい素材のものを選ぶ

毛玉ができにくい素材のものを選べば、毛玉が発生してしまうリスクが軽減します。

毛玉ができやすい素材は化学繊維(ポリエステル、アクリルなど)で作られたものです。
ポリエステルやアクリルはとても強い繊維のため、ニットの表面に毛玉がガッチリとできてしまい、強い繊維のために取れにくいという厄介なことになってしまうんです。

また、天然素材のカシミヤやアンゴラ、ウールでできたものも毛玉ができやすい素材です。

ただ、天然素材でできたものは合成繊維でできているものよりも毛玉が自然に取れやすいという事があります。

 

いっぽう、毛玉になりにくい素材のものは綿・シルク・麻。
綿・シルク・麻といった繊維は、目が細かく熱に強いものです。

最近では「毛玉ができにくいニット」と銘打って販売されているものもあるので、洋服を選ぶ際はそういった表示を目安に購入するのもいいですね。

 

出来てしまった毛玉は取るしかない

どんなに気をつけていても毛玉を完全に防ぐことはできません。
出来てしまった毛玉を手でむしったりすると衣服を傷めますので、なるべく服を傷めない方法で取るのがおすすめ。

関連記事どうやって毛玉を取るの?
>>スポンジはNG?ニット製品の毛玉の正しい取り方とは?

 

まとめ

見つけるとつい取りたくなる毛玉ですが、毛玉取りは衣類の寿命を縮めることにつながります。

毛玉を作らないように普段から気をつけることで、見た目もキレイに維持できるし、衣類の寿命も伸ばすことができますね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す