夏でもエアコンなしで涼しく快適に寝る方法

夏の睡眠

 

蒸し暑い熱帯夜だと、寝苦しくて夜中に起きてしまったり、汗でパジャマが湿ったりして不快ですよね。

エアコンをつけてれば解決するのかもしれませんが、エアコンの風が苦手だとか、電気代がかさむので控えている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、真夏にエアコンなしでも快適にグッスリ寝れるように、色々な方法やグッズをご紹介します。


スポンサーリンク

 

真夏にエアコンなしで快適に寝る方法

 

部屋の窓(ドア)を2面開ける

防犯上窓を開けて寝ても問題ないときは、自然の風を利用するために窓かドアを計2か所開けて、風が寝室を通り抜けるように、風の通り道を作ります。入ってくる場所と出ていく場所ですね。

 

風が通り抜けるように強制的に風を作る

風の通り道を作るだけでもいいのですが、夜中は外の風が弱いことが多いので、強制的に風が抜けるようにするのも効果的です。

開けた窓に対し背をむけるように扇風機を置き、風の通り道の出口に向けて扇風機を回すと良いです。
こうすると扇風機の風の勢いに引き寄せられて、外から風が入ってくるのです。

他にも、台所と寝室が見通せるような場合は、台所の換気扇をつけておいて、寝室のドアを開けておけば、寝室から台所に向けて風が抜けていくでしょう。

 

ぬるめのお風呂にゆっくり入る

暑い日は、ついシャワーだけで済ませがちですが、湯船に浸かると快眠につながります。

お風呂に入った直後は体の表面温度は上がりますが、体を冷まそうと皮膚から熱が放散されると同時に、体内の温度(深部体温)は下がっていき、このことで体が休息モードに入り、眠気を誘うのです。

ですが、暑すぎるお湯だと刺激が強すぎて興奮状態になってしまいますので、寝付けなくなります。

38~40℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かると、体がリラックスしてちょうど良いのです。

 

スポンサーリンク

 

真夏にエアコンなしで快適に寝るためのグッズ

 

アイスノンを枕代わりにする

アイスノンにタオルを巻いて枕代わりに使うのも有効です。

首周りのような、太い血管のある所を冷やすと効率的に血液が冷やされ、冷えた血液が全身をめぐることでやがて体全体が冷やされ、快適に眠れるということです。

アイスノンはタオルなしでは身体を冷やし過ぎるので、必ずタオルを巻いて使用しましょう。

 

接触冷感素材の敷パッド、掛布団、枕カバーを使う

接触冷感素材の寝具は、エアコンがなくても触った瞬間からヒヤッとサラっとしているので、寝苦しさが軽減されます。

ニトリやイオン、カインズホームなど、いろいろなところから発売されているので、一度店頭で手触りを確認してみると良いでしょう。

 

快適素材のパジャマで寝る

パジャマを着ずに裸同然で寝ると、かいた汗が掛け布団や敷布団に移り、体の周りの湿度が高くなるので、かえって暑く感じることもあります。
その点、パジャマはかいた汗を素早く吸収・放散するので快適に眠れます。

綿しじら織りや麻(リネン)、シルク素材のパジャマなら、汗の吸収・発散性に優れ、着心地も軽いので、より快適に眠れるでしょう。

 

ジェルマットを敷く

横たわった瞬間はそんなにヒヤッとせず、自然なひんやり感。1時間かけてゆっくりと体を冷やすので、入眠しやすいと評判です。

当然、カラダと接している部分は1時間ほどで生ぬるくなってきますが、寝返りを打てば、またひんやりした部分の上で眠れますし、いったん温まったところはカラダが触れなくなったのでマットの温度が下がり、ひんやり感が戻ってきます。

ジェルマットは様々なメーカーから発売されていますが、冷却効果やジェルの片寄りのしにくさ、耐久性などで一番定評があるのは「ヒラカワ」のものです。

【ヒラカワ 洗えるひんやりジェルマット】

 

 

夏でもエアコンなしで涼しく快適に寝る方法 まとめ

いかがでしたか?

エアコンを使わずに熱帯夜を乗り切る方法をご紹介しましたが、取り入れられそうなものはありましたか?

ご自身の体調をみながら、エアコンなしで寝る日を作ってみましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す