ダウンジャケット自宅での洗濯方法は?洗濯機で洗う方法もあり

ダウンジャケット

 

暖かくなってくると、冬の間ずっと活躍したダウンジャケットをクリーニングに出そうと思うけど、意外と高いんですよね。

ユニクロのダウンジャケットだと、もともと安いだけにちょっと迷います。

そこで、ダウンジャケットを自宅で洗濯する時の方法とコツを紹介します!ほぼ洗濯機だけで洗濯することもできますよ。


スポンサーリンク

 

ダウンジャケットを洗う時のポイント

 

  • 洗剤は中性洗剤を使うこと
  • 通常の洗剤では中に入っている羽毛を傷めてしまう恐れがあるので、アクロンやエマールに代表されるおしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。

 

  • 洗う前に色落ちしないかチェックする
  • 目立たない場所で、使用する中性洗剤を白いタオルにつけてダウンの生地をトントンとたたいて、色移りするようなら、クリーニングに出した方が無難です。

 

  • ぬるま湯を使うこと
  • ぬるま湯のほうが汚れが素早く落ちますので、手早く洗うこともできます。
    洗濯表示の温度の範囲内で、ぬるま湯を使いましょう。

 

  • ファスナーやボタンを留めてから洗う
  • ファスナーやボタンなどの金属やプラスチックでできている部品が、洗っている間に生地を傷めることがあるので、留めてから洗います。
    また、ファーなど取り外せるものは取り外しておきましょう。

 

  • 優しく洗う
  • 強い力でもみ洗いのようにすると、中に入っている羽毛が折れて傷んでしまいます。
    優しく押し洗いを心掛けましょう。

 

ダウンジャケット自宅での洗濯方法

ダウンジャケットは、洗濯表示で「手洗いOK」になっていれば自宅で洗濯することができます

洗濯機でも洗濯できますが、手洗いのほうが汚れ落ちも良く、傷みも少ないので、まずは手洗いでの洗濯方法をご紹介します。

 

1.まずは洗濯表示マークを確認

ダウンジャケットの内側のタグを見て、自宅で洗濯できるものかどうかを確認しましょう。

代表的な表示例

洗濯表示 意味
弱い手洗いならOK。洗濯機での洗濯はできない。
水洗いはできない。(手洗い、洗濯機洗いともできない。)
液温は、30℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい。
ドライクリーニングができる。
ドライクリーニングができない。

 

スポンサーリンク

 

2.袖口や襟だけ事前洗いをする

袖口や襟が特に汚れている場合は、全体を洗う前にそこだけ先に手洗いで洗っておきます。

アクロンやエマールなどのおしゃれ着用洗剤(中性洗剤)を通常より5倍くらい濃くして作り、スポンジや洗濯用ブラシなどに含ませて生地を叩きます。

叩いてもあまり落ちない時は軽くこすってみましょう。

 

3.全体を押し洗いする

※あとあと洗濯機の機能を使うので、洗濯槽で手洗いするのが効率的です。

洗濯機の洗濯槽(バスタブや洗面台でも可)に中性洗剤(規定量)とぬるま湯(30℃くらい)で多めに洗浄液を作ります。

そこにダウンジャケットを入れて押し洗いしますが、浮いてきてしまうので、中に水を染み込ませるイメージでギューッと手で押し込み、40~50回押し洗いをします。

もみ洗いをしてしまうと中の羽毛が傷んでしまうのでやらないこと。

 

4.すすぎをする

洗浄液を流して、キレイな水に替えてすすぎをします。
この時に水は2~3回入れ替えてよくすすぎましょう。

 

5.洗濯機で軽く脱水する

ダウンジャケットの水気を軽くとったら洗濯機で脱水をかけます。
洗濯槽が回り始めて1分以内で脱水をやめます。

ドライコースの脱水があればそちらがベター。

出来上がりイメージは、脱水が終わってもまだ水が少し滴っているくらいです。

洗濯機での脱水後、乾いたタオルで挟んで残った水気を取ります。

 

6.乾燥機で乾燥させる

形崩れやしわの原因になるので、脱水後はすぐに取り出して乾燥へ。

まずはザっと形や羽毛の偏りを整えておきます。

仕上がりをふっくらさせるには乾燥機での乾燥がベター。
コインランドリーも活用しましょう。

ジャケットの表生地は熱に弱いものが多いので、乾燥機は低温で回し、10分ごとに乾燥具合を見て、ふっくら乾いたら終了。

念のため、もう1日陰干ししておけば完全に乾燥するでしょう。

 

  • 乾燥機がない場合は陰干し
  • 乾燥機が用意できない場合は、脱水を1分→形を整えて脱水を1分→形を整えて脱水1分と、内部の水分量を減らしておきます。

    その後、肉厚のハンガーに吊るして、風通しの良い日陰で陰干し。

    乾ききるまで2,3日かかりますので、途中ある程度乾いてきたら、叩いて型崩れやダウンの偏りを少しずつ修正しておくと仕上がりがキレイになります。

    完全に乾いたかの確認方法は、手の平でダウンをギュッとはさんでみて手に水分がつかなければOKです。

 

 

ダウンジャケットを洗濯機で洗う方法

洗う量が多かったり、面倒くさがりな人は、洗濯機を使って洗いましょう。

1.洗濯表示の確認
2.袖口、襟の事前洗い

までは先ほどの説明と同じです。

 

3.ネットに入れておしゃれ着コースで洗う

ダウンジャケットを洗濯ネットに入れて放り込みますが、そのままだとプカプカ浮いてしまうので、水が入った段階で一時停止してギューッと手で押して水を吸わせるか、バスタオルにくるんでネットに入れるかして、ダウンジャケットが沈むようにしましょう。

中性洗剤と、できればぬるま湯で、おしゃれ着とかドライコースで洗います。

洗濯機が止まったらすぐに取り出して、上記の6.の乾燥工程に移ればOK。

 

 

ダウンジャケットの洗濯方法 まとめ

ダウンジャケットは家庭で洗濯ができるものも多いのですが、やっぱり手洗いで洗濯するほうがよく汚れが落ちますね。
いつもビックリするくらい水が黒くなります!

でも、高級なダウンジャケットは怖いのでクリーニングに出していますよ~。

「やっぱ面倒!」とか「元に戻らなかったら怖い!」というなら、ダウンジャケットや他のコート何でも5点で5,900円(1着あたり1,180円)の宅配クリーニング「リナビス」を利用するとお得ですよ。




ダウンジャケットを普通にクリーニングに出すと2,000円はしますもんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す