なばなの里イルミネーションの混雑しない時期ってあるの?

 

なばなの里イルミネーションはハイシーズンになると非常に混雑してゆっくり楽しめないんです。

混雑している中にわざわざ出かけて、彼女やお子さんの機嫌を損ねてしまってもツライですよね。

こんなことにならないために、混まない時間帯や開催時期の間でオススメな時期をここでチェックしておきましょう。


スポンサーリンク

 

なばなの里イルミネーションの混雑時期は?

やはり、土日、クリスマス、年末年始、バレンタインデー、ホワイトデー、GWはかなり混雑します。

土日で比較すると、土曜日より日曜日のほうが気持ち空いています。
また、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーのある週の前後の休日は通常より混雑します。

ですので、これらを避けた平日がいちばんおすすめの空いている日と言えます。

 

混んでいる時間帯は?

平日に行ける人は良いですけど、どうしても土日にしか行けない方も多いと思います。

混んでいる日でも、時間帯を工夫すればうまく過ごせるんですよ。

  • 点灯開始時間に合わせて16時ごろから混み始めます。
  • 点灯開始時間から1時間くらいは混雑のピーク。
  • 冬場は19時くらいから空き始め、20時以降はだいぶ見やすくなります。

※点灯開始時間は日の入り時刻に合わせて1週間ごとくらいで変わってきますが、なばなの里HPで確認できます。

>>なばなの里公式HP

 

冬場のイルミネーションだけ楽しみたい方は、19:30ころ到着を目安に出かけるとちょうど良いのではないでしょうか?
車で出かける方は、渋滞や駐車場の混雑を考え、もう少し早い到着を目指した方が良いかも。

 

 

事前にチケット購入しておくとスムーズ

混雑日だと、入口で入場チケットを買うために数十分並ぶこともあります。

でも、前売り券を利用すれば、そのまま入場口へGOできます。

前売り券は

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • 湾岸長島PA

で購入することができ、しかも当日購入&当日利用が可能なので、これは絶対に買っておくべきですよね!

 

スポンサーリンク

 

クリスマスじゃなくても楽しめるなばなの里

なばなの里イルミネーションは、10月中旬から5月上旬まで半年以上もの長い期間開催されています。
そのため、イルミネーション=クリスマス、バレンタインと固定概念にとらわれず、季節に応じたた楽しみ方もあるのです。

 

11月・12月は紅葉の絶景

11月中旬頃~12月末頃は、イロハモミジやサクラなど、赤と黄色で鮮やかに彩られた紅葉を楽しむことができます。

「鏡池」では、風邪のない日には水面に紅葉が映り、見事な光景を鑑賞することができます。

夜になるとライトアップもされ、華やかさが更に増し、吸い込まれるような美しさに感動です!

 

2月から3月は梅苑で梅が見ごろ

紅梅・白梅・しだれ梅があり、紅梅・白梅は約150本、しだれ梅は330本植えられていますよ。

2月中旬~3月中旬には紅白の梅が見頃になります。
2月下旬旬~3月下旬になるとしだれ梅が見頃になります。
手入れの整った梅と梅苑が一足早い春を楽しませてくれます。

梅の香気は夜に強く漂うそうなので、夜の観梅もぜひ楽しんでください。

 

3月は河津桜が見ごろ

河津桜は、ソメイヨシノよりも早い3月上旬から下旬にかけてが見ごろ。
300本もある河津桜が色鮮やかな濃いピンク色の花を咲かせるので圧巻です。

こちらも、梅の時期同様にライトアップされるので夜桜見物もいいですよ。

 

4月はチューリップまつり

4月中は43,000㎡という国内最大級の花園「花ひろば」で180万球のチューリップと、ビオラ、ストック、デージー、ダイアンサスなど約40万株の春の花が咲き誇ります。

 

 

まとめ

クリスマスやバレンタインデーの頃は、特に人が多くゆっくりとイルミネーションを楽しむのは難しいですが、ちょっと時期をずらして混雑を避けながらも、紅葉・梅・桜の美しい姿を堪能するのもいいですね。

なばなの里イルミネーションが開催されている時期は寒いので、防寒対策はシッカリとしていかないと寒くて見ていられないですからね~。

 

スポンサーリンク

コメントを残す