ハロウィンかぼちゃは通販で。ランタンの作り方、保存期間は?

 

ハロウィンの飾りアイテムで真っ先に思いつくのが、オレンジ色のかぼちゃをくり抜いて作った「ジャックオーランタン」。

自分で作る場合、あのかぼちゃはどこで入手できるのでしょうか?入手先と作り方をご紹介します。

また、作り方は簡単なのですが、意外とすぐ腐っちゃうんですよ。何日前に作り始めればよいのでしょうか?


スポンサーリンク

 

ハロウィンのかぼちゃはどこで売ってる?

ハロウィン用のかぼちゃって、普段はスーパーなどでも見かけませんよね。

10月に入るころから、おしゃれな花屋さんや雑貨屋さんなどで見かけることはありますが、ミニかぼちゃであることがほとんど。
ランタン用にするとなると、せめて直径15cm~20cmくらいは欲しいですから、店頭で買うのはちょっと難しそうです。

そこで、確実に入手するなら、ネット通販を利用するのが一番です

送料含めて3,000円くらいからあるようです。

Amazonや楽天市場でも取り扱っていますよ。

ハロウィン(10月31日)が近づくと、品切れ完売になる可能性がありますので、購入することが決まっているのなら、早めがおすすめ。

ハロウィンかぼちゃは、くり抜かなければ2週間くらい保存がききますので、安心です。

 

 

ジャックオーランタンの作り方

ジャックオーランタン(ハロウィンランタン)の作り方は意外と簡単です!

初めてでも15分~30分ほどで完成します。

【必要な材料・道具】
・かぼちゃ
・ナイフ
・スプーン
・マジック
・ろうそく
・新聞紙

【作り方】

引用:『最北の海鮮市場』

1.マジックでかぼちゃに顔を描いて下書きをします。


 

2.中身を取り出すため、かぼちゃの底を、手が入るくらいの大きさの円形に切り込みを入れます。


 

3.底は最後にろうそくを入れて蓋をするので、種を取り、きれいに形を整えて捨てずにとっておきます。


 

4.スプーンなどで中身をきれいに取り除きます。(中身が残っていると腐りやすくなります。)


 

5.下書きに沿ってナイフで切り抜いていきます。
(大きな、直線的な部分から切り始めて、作業に慣れてから細かい部分に挑戦しましょう。)


 

6.カットした部分の細部を仕上げながら、内部にまだ残っているワタをきれいに取り除いていきます。


 

7.全て切り抜いたら、とっておいた底部分にろうそくを載せ、本体と底を合体させれば完成!

 

 

一連の手順を動画で確認したい方は、こちらが参考になります。

 

スポンサーリンク

 

ハロウィンかぼちゃ 何日保存できるの?

ハロウィンかぼちゃは、加工する前そのままであれば2週間くらいは持ちます。
でも、くり抜いたらやはり生ものなので、2,3日くらいしか持ちません。

したがって、ランタンを作る日は、飾りたい日の前日か当日にしましょう。

 

ハロウィンかぼちゃを長持ちさせる方法

加工する前も、加工した後も、

「直射日光の当たらない涼しいところ」
「風通しの良いところ」
「湿気の少ないところ」

で保存すると長持ちします。

カットする前は、かぼちゃの表面に傷をつけないようにしましょう。傷ついたところから変色が始まります。

カット時に中身の種やワタを取り除いた後は、内面に残っている水分を新聞紙やキッチンペーパーなどでできる限り取り除くと長持ちします。

また、カットしたかぼちゃに薄めた漂白剤をスプレーしておくと雑菌の繁殖を抑えることができ、長持ちするようになりますよ。

 

 

ハロウィンかぼちゃランタン まとめ

ハロウィンの飾りつけでは欠かせないジャックオーランタン。

ハロウィンにかぼちゃランタンが飾ってあるだけでも、かなり雰囲気が変わって盛り上がるのでは?

一度作ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す