リネツ金沢はウォータースライダーもあって親子で楽しめる清潔プール

 

横浜市金沢区にある大浴場&室内プール施設が【リネツ金沢】。

コストコと海に挟まれた立地で、買い物にも便利で景色も良いので、休日ともなると多くの利用客でにぎわいます。

大浴場よりもプールが大人気で、ウォータースライダーもあるので小学生以下の子供を連れていくにはちょうど良いお出かけスポットですよ。

そのウォータースライダーは何歳ころからOKなのか?また、水遊びおむつで入っていいのか?など、お出かけ前に気になる情報をチェックしておきましょう。


スポンサーリンク

 

リネツ金沢プールとは?

リネツ金沢は、隣にある横浜市のごみ焼却場の余熱を利用したプール&大浴場の施設です。

せっかく大浴場もあるのですが、プールのほうが圧倒的に人気です。

プールはもちろん室内&温水プール。

大きな窓からは東京湾が一望できて、天井も高く、意外と開放的な雰囲気を味わえます。

 

リネツ金沢プールはどんな種類がある?

引用:奥野設計

リネツ金沢のプールは体育館みたいな大きな室内のなかに、大小4つのプールがあります。

それぞれ深さや用途が分かれていますので、小さなお子さんから本格的に泳ぎたいという人まで満足できるようになっていますよ。

①25mプール

いちばん大きい25mプールは水深1.2mほどで、ブイで3つのゾーンに仕切られています。

25m泳げる人だけが泳ぐためのゾーン、真ん中は自由に遊べるゾーン、最後は水中ウォーキングを楽しむゾーンとなっています。

やっぱり真ん中の遊びゾーンが混み合っていますけどね。
浮輪は使用できませんが、ビート板ならOKです。

②児童用プール

ちょっと小さめですが、水深70cmほどの、小学校低学年あたりに人気のプール。
ここは浮輪やビーチボール使用可能なので、たくさんの子供たちがキャッキャと楽しんでいますよ~。

③幼児用プール

幼稚園くらいまでの子が遊べる、水深40cmほどのプール。
ここも浮輪OK。
小さい子が立ったり座ったりしてお父さんお母さんと遊んでいます♪
プールサイドの壁沿いがベンチになっていて、荷物を置いたり、疲れたお父さんが休んだりできるようになっています。

④アクアプール

ここは健康維持用みたいなところで、水深90cmほどで、ストレッチやウォーキングなどができます。

このプールだけちょっと水温が高いような気がします。
ストレッチしやすいようにということでしょうかね?

足つぼシートって言うんでしょうか?丸い小石がボコボコある床もあって、そこを歩くと痛気持ちいいのです。水中で体が浮いているから、それほど痛くないですよ!

子供連れじゃなければ、このアクアプールでのんびりしたい!

スポンサーリンク

リネツ金沢には子供向けウォータースライダーがある

児童プールのすぐ横にちびっ子たち憧れの「ウォータースライダー」があります。

それほど急じゃなくて、長さも20mくらい?ですので、今までウォータースライダーをやったことがないお子さんでも、1回滑れば「もう1回やる!」病にかかってしまうほど楽しいですよ。

特に身長制限や年齢制限はなく、小さなお子さんもガンガン滑っています!

着水地点の水深も児童プールと同じ70cmですので安心。

幼稚園以下のお子さんと親子で一緒に滑っている人もいましたので、小さい子はそういうフォローを入れてあげてもいいかもです。

 

おむつのとれていない子は入れない

おむつのとれていないお子さんは、水着・水泳帽子着用していればプールサイドまで入場はできますが、プールの水の中には残念ながら入ることができません。

水遊び用のおむつをしていてもダメとのこと。

その場合は、お風呂に行きましょう!

大浴場ならおむつの子も当然OKですので、大きなお風呂で普段味わえない開放感をお子さんと一緒に味わえます。

 

更衣室は便利な作りになっている

更衣室が快適な作りになっています。

返却式の100円ロッカーのところで着替えてもいいですが、個室の着替えルームも用意されています。

また、プールから上がって更衣室に向かう直前に全身を流すシャワーですが、温水がたっぷり出ますので、大人には特に助かる配慮。

さらには簡易的なパウダールームがあり、そこに3分10円で動く固定式のドライヤーがあるので、冬場や髪の長い方は利用すると良いでしょう。

2Fの休憩室は持ち込み自由

プールサイドでは飲食禁止ですが、2Fに畳敷きの大きな休憩室があり、そこでは持ち込み自由で休憩ができるようになっています。

休憩室からはプールも海もよく見えて快適に過ごせます。

プールから出た後、ちょっとゆっくりするのにちょうど良いスペースですよ。

 

身につけていいものダメなもの

プールに入る際には水泳キャップが必須ですので、忘れないようにしましょう。

水中ゴーグル、ラッシュガードは着用OKです。

浮輪やビーチボールは、決められたエリアなら使用可能ですので、持って行くと良いですね。

当たり前ですが、メガネや時計をしてプールには入れません。

 

リネツ金沢 アクセス・駐車場・料金情報


住所 神奈川県横浜市金沢区幸浦2-7-1
TEL 045-789-2181
営業時間 9:00~20:00
休館日 毎月第4火曜日(祝日の場合は翌日)※7・8月は無休
利用料金 大人600円 子供(3歳から中学生)300円
※プールと浴場は別料金
公式HP リネツ金沢
電車の場合は
シーサイドライン幸浦駅から徒歩12,3分
並木中央駅から徒歩15,6分

自動車の場合は建物のすぐ横の専用駐車場を利用します。
最初の2時間までは1時間100円。2時間以降は30分ごと100円です。

 

まとめ

7月の暑い休日に子供と行ってきましたが、人出も混雑もそこそこありました。
しかし、プールが意外と広いので、人と接触するほどではありませんし、個人的にはまあこんなもんかな~という感じ。
駐車場は151台スペースがあるので満車ではありませんでした。

リネツ金沢は、子供とプールでちょこっと遊ぶにはちょうど良い感じの穴場的スポット。

温水プールなので、夏じゃなくても1年中OKなので、お出かけしてみてはいかがですか?
コストコもすぐ横にあるので、会員の方は、帰りにホットドッグでも食べてってくださいな!

 

スポンサーリンク

コメントを残す