【超簡単】カレイとヒラメの見分け方!左ヒラメに右カレイって何が左?

 

カレイとヒラメ。どっちも茶色くて平べったいから同じに見えませんか?

でも、釣りをするなら、サクッと区別できた方がいいですよね。

今回は、カレイとヒラメの見分け方や、性格の違いについてお伝えします。


スポンサーリンク

 

カレイとヒラメの見分け方

冒頭の写真はどっちか分かりますか?

 

・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・・・・

 

正解は、カレイです!

 

カレイとヒラメの見分け方は2つあって、

1.目の位置が違う
2.口や歯が違う

これで大体わかります。

 

↓これがカレイ


 

↓これがヒラメ


 

左ヒラメに右カレイ

まず、目と口の位置関係が左右反対になります。

カレイ・・・自分に見やすいように置いたとき、目が右側にくる。
ヒラメ・・・自分に見やすいように置いたとき、目が左側にくる。

俗にいう「左ヒラメに右カレイ」というやつです。

ちょっと日本語が伝わりにくいとこありますかね。
すなわち・・・



↑自分から見てこのように目が下に置くのではなく・・・・



↑このように、違和感ない感じで、目が上側になるように置いたときに、右向きになるのがカレイだということ。

「左ヒラメに右カレイ」の左って、魚をパッと(違和感なく)置いたときに目が左にあればヒラメ、右にあればカレイってことだったんですね。

 

口や歯の形がだいぶ違う

1点目の見分け方を忘れてしまっても、口を見ると違いがはっきり分かります。

カレイは底に住むイソメ類やエビなどを食べているので、口が小さく、歯も発達していません

いっぽうのヒラメは小魚や、甲殻類、イカなど、大きくて動きの速いものを捕食するので、口が大きく、くわえた獲物を逃さないように歯が鋭く発達しています。

 

スポンサーリンク

 

見た目だけじゃない!大きさが全然違う

釣りで釣れる一般的なカレイは、大きくても全長30cm~40cmほど。

それに対してヒラメは全長30cm~40cmだとまだ子供で、「ソゲ」と呼ばれています。
ソゲは、釣り人の間では完全にリリースサイズです。

船から釣るヒラメだと、最大で80cmを超えるような大物も上がったりしますので、ヒラメの魅力にとりつかれている人も多いのですよ。

 

 

ヒラメの運動能力はすごい!

カレイもヒラメも、普段は海底にベッタリくっついてじっとしていることが多いです。

でも、捕食行動には大きな違いが!

ヒラメは筋肉が発達していて、その姿からは想像ができないほどのパワーと瞬発力を持っています。

その驚きの捕食行動がこちら。

 

エサとなる小魚を捕まえるために、ものすごいスピードで1.5mほどジャンプして、エサをくわえた後は悠然と海底に戻るという。

ヒラメをルアーで狙う場合、底や底付近を狙わないと釣れないと思いがちですが、意外と宙層でも、意外と速いリーリング速度でもヒットします。

 

カレイはヒラメみたいなことできませんから、海底にある食べ物をゆっくりと捕食します。

 

食べるエサの種類が違うのもありますが、捕食行動が全然違いますね。

 

 

食感も違いますね

そんな筋肉質のヒラメ君は白身の魚で、身が引き締まっています。
煮つけにすると余計に硬くなるので、刺身で頂くのが一番おいしいのではないでしょうか?

カレイのほうは同じ白身ですが、身がふっくらしているので、刺身でも煮つけでも美味しく頂けるのです。

 

 

カレイとヒラメ まとめ

このように、カレイとヒラメは、見た目こそ似ているのですが、生態などそのほかの部分はかなり異なる魚でしたね。

ですので、釣れる場所も違うし、仕掛けやエサなどの釣り方も違います。

あの捕食行動を見ておけば、実際に狙う時の参考になりますね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す