釣り初心者のためのリールの選び方とおすすめ機種

 

釣りを始めてみようとか、始めたばかりの初心者の方は、どんなリールを選べば良いのか、種類が多すぎて選ぶのが難しいですよね。

そこで、初心者向けの釣り場でよく使う、また、誰でも扱いやすいリールの選び方と、初心者の方の最初の1台としてふさわしいおすすめのリールもご紹介します。


スポンサーリンク

 

リールの種類を決める

釣りで使うリールには、機構(構造)の違いにより3種類に分かれます。

・スピニングリール
・両軸リール
・片軸リール

 

スピニングリール


スピニングリールは、海釣り、川釣り、船での小物釣り、ルアー釣りなど、多くのシーンで利用できるリールです。
投げやすく巻き取りやすいので、使用中のトラブルが少なく、初心者にも扱いやすく、ベテランも良く使います。

 

両軸リール


両軸リールは、主に海の船釣りで使います。
糸巻部分(スプール)を両側から支えて巻き取るから両軸と言います。
巻き上げる力が強いので、水深100mの深場でも、大物対応でも少ない力でOK。その代わりこのリールは仕掛けを投げる釣りには向いていません。

 


両軸リールのカテゴリーの中でも、唯一投げられるリールとして「ベイトリール」があります。
船釣り用の両軸リールよりもだいぶ軽くて小型で、手のひらサイズくらいです。
中の構造も投げやすいように工夫されていて、ルアーフィッシングのなかでも、巻取り力が必要な時や、正確な飛距離が必要な時に使います。

 

片軸リール


片軸リールは内部にギアがついてなくて、糸巻(スプール)を片側から支えて巻き取る、シンプルなリールです。
太鼓みたいなシルエットなので「タイコリール」と呼ばれることも多いです。

昔はいろいろな釣りに使われていたのですが、他のリールが改良されていくに従い、だんだん使われなくなっています。
今は、片軸リールの特性が生かせるクロダイの落とし込み釣りやイカダ釣りなど、特殊な釣りでのみ使用します。

 

 

初心者におすすめなリールはスピニングリール

使用するリールの種類は、釣り場所や対象魚によって変わってきます。
このことが初心者を悩ませてしまうわけですが、最初の1台を選ぶとき、私のおすすめは「釣り初心者の頃によく行くであろう釣りに使え、しかも扱いやすいトラブルの少ないもの」を選ぶことです。

釣り初心者の方におすすめの釣り方は、川の鯉釣り、海の防波堤釣り、ブラックバスのルアー釣りなどがありますが、これらすべてに幅広く使え、トラブルも少ないスピニングリールをお勧めします

もし海の船釣りをしたくなったら、両軸リールが必要ですが、価格帯が高いのと、船宿で両軸リールをレンタルできますので、最初に買うならスピニングリールです。

 

スポンサーリンク

 

スピニングリールの大きさを決めよう

スピニングリールには、同じシリーズでも、糸巻量の違いで大きさが異なるものがいくつかラインナップされています。
洋服のS、M、L、LLサイズという感じと同じです。

大物や遠投をするときは大きめのスピニング、ちょい投げやサビキ釣りなど、小物釣りの時は小さめのスピニングを使った方が、釣りやすく、トラブルも少ないです。

スピニングリールを実際に使うときは、糸を巻いておくわけですが、用途に合わせて、一般的には大きいスピニングは太めの糸、小さいスピニングには細めの糸を巻いて準備します。

ですので、「大は小を兼ねる」といいますが、リールの大きさが多少ずれても大丈夫ですが、あまりに大きすぎると糸が太すぎて、小物釣りには使いにくくなります。
逆もしかりで、小さすぎるリール(と細すぎる糸)では、大物釣りには使うことができません。

 

リールの大きさを見分けるには「番手」を知る


スピニングリールを買おうとすると、4桁の数字の型番みたいのが必ずついています。
この写真の「NASCI ナスキー」というスピニングリールだと「2500」です。
これが「番手(ばんて)」で、リールの糸巻量を表し、数字が大きいほど巻ける糸の量が増え、同時にリールのサイズも大きくなります。

釣具店のリール売り場に行くと、「NASCI ナスキー」の箱が横方向にズラッと並んでいて、同じ品物かなー?と思ってよく見ると、番手(4ケタの番号)が違うのです。
「NASCI 1000」
「NASCI 2000」
「NASCI 2500」
「NASCI 3000」
「NASCI 4000」
というように、大きさ違いでラインナップされています。

釣具メーカーで有名な「ダイワ」と「シマノ」で、どれくらいのラインナップがあるのか表にしました。

糸の太さ 糸巻量 シマノ ダイワ
m 番手 番手
1.5 130 1000 1500
2 150 2000 2000
2.5 150 2500 なし
3 150 3000 2500
4 150 4000 3000
5 150 5000 3500
6 150 6000 4000

 

釣り方と番手の相性目安

釣りをたくさんやる人は、リールの大きさを、釣り方や対象魚によって少しずつ変えていきます。

トラウトルアーなら1000番
ブラックバスルアーなら2000番
シーバスルアーなら3000番
川や池で鯉釣りなら3000番
防波堤でサビキ釣りやちょい投げなら2500番
いろいろな釣りを一台でこなしたいなら2500番

でも、リールの大きさは、釣りの内容と多少ずれていてもあまり問題は起きませんので、最初のうちは細かく気にする必要はありません。

私は、1000番くらいのずれはあまり気になりませんが、2000番以上ずれると、リールの大きさや糸の扱いの面でちょっとやりにくさを感じてきます。

 

 

スピニングリールのメーカーを決めよう

最後に、どのメーカーのリールがおすすめかの話です。

一番無難なのは、日本の釣具トップメーカーの「ダイワ」か「シマノ」です。

手頃な価格から高級機種まであり、釣具屋さんやネットショップどこでも手に入ります。
蓄積された技術ノウハウがありますので、お手頃価格リールといえども馬鹿にできないくらいのしっかりした性能があります。

その他にも、釣具店のオリジナルブランドや、中国製の安いメーカーなどありますが、ザックリ言って3,000円以上のものであればそこそこしっかりしてくるので、後はデザインなどのお好みで選んでも大丈夫ですよ。

 

 

おすすめのスピニングリールはこれ!

以上のことを踏まえて、釣り好きな管理人がおすすめの、お手頃価格で手に入る、最初の一台に相応しいスピニングリールをいくつかご紹介します。

 

シマノ「アリビオ」シリーズはシマノの入門機で、3号の糸が初めからついているのですぐに釣りを始められます。
3,000円前後でAR-Cスプール搭載でライントラブル軽減に役立っています。

 

シマノの「セドナ」シリーズは、糸はついていないモデルですが、5,000円前後で必要十分な耐久性と滑らかさを持ったリール。

 

ダイワ「リバティクラブ」シリーズは、ダイワの中でも基本性能をしっかり押さえたエントリーモデルです。
カラーリングが特徴的。

 

関連記事

リールに巻く糸の太さはどう決める?
>>釣り糸の種類や太さはどう決めればいいの?初心者でも分かる決め方

 

釣り初心者におすすめのリール まとめ

釣りは意外と専門用語が多く、とっつきづらいところがありますが、初めのうちは基本さえ押さえておけば、難しいことは必要ありません。
言葉を覚えるより、どんどん釣りに行って楽しんだほうがいいですね。

リールなどの釣り道具を少しづつ買い揃えていって、釣りに慣れてくれば、だんだんと専門用語も理解できるようになり、釣りがもっと楽しく感じることでしょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す