日焼け止めのSPFとPAの意味は?選び方の目安もご紹介

サングラスと日焼け止め

近頃は、紫外線対策は夏だけでなく、もはや1年を通して行うもの。

日焼け止めさえ塗っておけば大丈夫・・・というわけにもいかず、日焼け止めの選び方や塗り方次第でその効果は大きく変わってきます。

むやみに日焼け止め効果の高いものばかり使ったり、日焼け止め成分入りの化粧品を重ねづけしていると、日焼けからは守れても、お肌への負担が大きくなり、肌トラブルの原因になってしまうことだってあるんです。

そこで、日焼け止めなどのUVケア商品に表示されている「SPF」と「PA」の意味を正しく理解して、用途に合ったベストな日焼け止めが選べるようになりましょう。

 


スポンサーリンク
 

日焼け止めのSPFとPAってどういう意味?

 

SPF(Sun Protection Factor)

肌を赤くヒリヒリさせ、シミ・そばかすの原因となる紫外線B波(UVB)を、どれくらいの時間防ぐことができるかを表す数値です。

SPF値 10 200分(3時間20分)
SPF値 30 600分(10時間)
SPF値 50 1,000分(16時間40分)

数値が大きいほど日焼けするのを遅らせる効果が高いので、じゃあ一番効果の高いSPF50を選べば間違いないのでは?と思ってしまいますが、実はそうでもないんです。

SPF40、50の日焼け止めには「紫外線吸収剤」という原料を配合して紫外線を防いでいるんです。
この「紫外線吸収剤」は、紫外線を皮膚の上で熱に化学変化させてブロックするタイプなので、肌に負担をかけると言われています。

一方、SPF30以下のものは、紫外線を皮膚の上で反射させてブロックする「紫外線拡散剤」が使われていますので、先ほどの「紫外線吸収剤」に比べて肌への負担が少なくて済むのです。

 

PA(Protection Grade of UVA)

お肌の老化(シワやたるみ)の原因となる紫外線A波(UVA)をどれくらい防げるかを示した目安値です。

UVAは、曇りの日の室内にいても窓を通過して肌の奥深くの真皮に到達ますので、注意が必要です。

日焼け止めというより、紫外線によるお肌の老化防止をしたい方は、SPFの値よりもこのPAの値の方が重要になります。

PA+ UVA防御効果がある
PA++ UVA防御効果がかなりある
PA+++ UVA防御効果が非常にある
PA++++ UVA防御効果が極めて高い

 

スポンサーリンク
 

日焼け止め 選び方の目安は?

日焼け止めクリーム

肌をしっかり守りたいがために、つい数値の高いものを選んでいませんか?
ライフスタイルや状況、行き先に合わせて使い分けることが大切です。

日焼け止めクリームの選び方

日常生活(通勤、洗濯、1時間程度の外出)では、SPF15~20、PA値++のものでOKです。

オフィスワーク中心の日常生活でしたら「SPF20~30」で十分です。

さらに、長時間外で過ごすときは「SPF40~50」というように、シーンによって使い分けをすることが、お肌に優しい効果的な使い方です。

また日焼け止めは時間が経つとともに効果が減ってきます。最初に厚塗り、重ね付けするのではなく、こまめに塗りなおしましょう。

メイクをしていて上塗りできない時は、パウダータイプの日焼け止め(UVパウダー)がありますので、活用してみてはいかがですか。

 

 

まとめ

SPFとPAは、それぞれ防ぐ紫外線の種類が違うんですね。
日焼け止めの特徴を正しく理解して使用すれば、肌トラブルなく効果的な紫外線対策ができそうです。

いまはキレイなお肌でも、10年後にシミが顔中に・・・なんてことにならないように、しっかりと対策していきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す