土用の丑の日の意味や由来は?ウナギ以外の食べ物でもOK

 

7月の下旬ころになると近所のスーパーでも「土用の丑の日はウナギ!」とアピールしていて、土用の丑の日が近いなあと感じますし、ウナギ食べたいなあなんて思いますよね。

でも、土用の丑の日とはどんな意味や由来のある日なんでしょうか?
しかも、なんであの高いウナギを食べないといけないのでしょうか?

実はウナギ以外の食べ物でもOKなんですよ。


スポンサーリンク

 

土用の丑の日とはどういう意味・由来なの?

ウナギの話に入る前に、「土用の丑の日」とはそもそもどういう意味や由来のある日なのでしょうか?

「土用の丑の日」は「土用」と「丑の日」の2つの言葉の組み合わせです。

 

土用とは?

古代中国の五行思想に基づく考え方で、「万物は 木・火・土・金・水 の5種類の元素の組み合わせでできている」というものがあります。

季節を五行思想で例えると、

木・・・春
火・・・夏
金・・・秋
水・・・冬
土・・・季節の変わり目

となるので、土は「季節の変わり目」の象徴で、「土用」とは、(日本ではたまたま夏の土用が有名ですが、)春・夏・秋・冬すべてに土用は存在し、四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前約18日の期間のことを指します。

我々日本で有名な夏の土用は立秋の前18日間のことです。

 

丑の日とは?

丑の日の「丑」は十二支(子 丑 寅 卯 辰 巳 …)の丑(うし)のことです。

十二支というと「年」のことをいうのが一般的ですが、昔は「方角」や「日にち」や「時刻」にも適用されていました。

「丑の日」は、十二支で表現した日にちのことを言います。
1日(子の日)、2日(丑の日)、3日(寅の日)・・・という具合です。

 

まとめて「土用の丑の日」とは?

土用の丑の日とは、「土用の期間中にある丑の日」のことを言います。

土用の期間が約18日で干支が12個なので、巡り合わせによっては土用の期間に丑の日が2回ある年もあります。

丑の日が2回ある年でも、ウナギで盛り上がるのは1回目の丑の日だけです。

西暦 土用の入り 土用明け 丑の日 二の丑
2017年 7月19日 8月6日 7月25日 8月6日
2018年 7月20日 8月6日 7月20日 8月1日
2019年 7月20日 8月7日 7月27日
2020年 7月19日 8月6日 7月21日 8月2日

 

 

土用の丑の日にどうしてウナギを食べるの?

土用の丑の日といえばウナギ!と当たり前のように定着しているこの関係ですが、もともとは土用の丑の日にウナギを食べる風習なんてありませんでした。

どうしてこうなったのでしょうか?

ウナギを食べるようになった由来には諸説あり、一番有名なのは、江戸時代の蘭学者 平賀源内が考案した説。

 

江戸時代の頃の話、夏場はウナギが旬ではなく、客の入りが悪くて困っていたウナギ屋の店主が、平賀源内さんに何とかならないか助けを求めました。

平賀源内さんは、当時あった、「夏の丑の日に『う』の字がつく物を食べると夏負けしない」という風習にあやかり、

「本日、土用の丑の日」

と書いう張り紙を店先に貼ることを提案。

すると、そのウナギ屋は大変繁盛したため、他のウナギ屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したそうです。

これが現代まで続いているとは、ウナギ業界恐るべしですね。

 

スポンサーリンク

 

土用の丑の日 うなぎ以外の食べ物は?

夏の土用の時期は、二十四節気の「大暑」に重なり、非常に暑い時期です。
そこで、厳しい暑さを乗り切るために体にいいものを食べる「食い養生」の風習がうまれました。

丑の日にちなみ、「う」のつく食べ物を食べて精をつけようということで、昔はウナギに限らず、瓜、梅干、うどん、うさぎ、馬肉(うま)、牛肉(うし)などを食べていました。

【梅干し】

梅干しに含まれるクエン酸が疲れをとり、汗で失われる塩分も補給できるので、夏バテを防ぎます。

 

【瓜(うり)】

胡瓜(きゅうり)、西瓜(すいか)、南瓜(かぼちゃ)など、瓜類は夏に旬を迎えます。
水分が豊富で体温を下げる役割があります。

 

【うどん】

食欲が落ちた時でもつるつるっと食べられます。

 

黒いものを食べることもある

また、「う」のつく食べ物以外にも、夏負けしない食べ物として、「土用の丑の日に黒いものを食べる」という風習もありました。

これは、丑(北)の方角をつかさどる神が「玄武」という名の神で、シンボルカラーが黒だったからです。

 

【土用餅】

土用餅とは、土用に食べるあんころ餅のことをいいます。

小豆はその赤色が厄除けに通じるため、土用餅を食べると、暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています。

 

【土用しじみ】
しじみには冬が旬の寒しじみと、夏が旬の土用しじみがあります。
栄養価が高く、肝臓の働きをサポートすることから「土用しじみは腹薬」などと言われていました。

 

【土用卵】
卵は栄養価が高いため、精がつく食べ物として重宝されていました。

 

 

ウナギを買うならコンビニ?牛丼屋?

土用の丑の日はウナギ以外でもOK!と言われても、やっぱりウナギが食べたい!という方も多いのではないでしょうか?

スーパーでウナギを買うのが一般的かもしれませんが、今はコンビニのうな重も馬鹿にできないほどのおいしさに進化しています。

※スーパーで買った中国産の硬いうなぎを自宅でふっくらさせる方法は別の記事にまとめてあります。
 別記事:硬いうなぎを柔らかくする方法

 

2017年コンビニのうな重ラインナップ

大手コンビニでは、事前予約でうな重を入手できます。

 

【セブンイレブン】

炭火焼鹿児島県産 うなぎ蒲焼重(1尾) 2,680円(税込)
鹿児島県産 うなぎ蒲焼重(3/4尾) 1,980円(税込)
中国産 うなぎ蒲焼重(1/2尾) 1,220円(税込)

 

【ローソン】

九州産 新仔うなぎ蒲焼重(1尾) 2,690円(税込)
九州産 うなぎ蒲焼重(1尾) 2,380円(税込)
九州産 うなぎ蒲焼重(3/4尾) 1,980円(税込)
九州産 うなぎ蒲焼重 1,690円(税込)

 

【ファミリーマート】

鹿児島県産うなぎ蒲焼重(3/4尾) 2,580円(税込)
鹿児島県産うなぎ蒲焼重(1/2尾) 1,880円(税込)

 

2017年牛丼屋のうな丼ラインナップ

手軽な価格でちょこっとウナギを楽しみたい場合は吉野家やすき家の牛丼屋チェーンもおすすめ。

中国産のウナギ1/2尾が乗ったウナ丼弁当がすき家は780円、吉野家は750円で食べられます。

もっとウナギの量が多いメニューもありますが、1,000円を超えてくるので、それならコンビニのほうがいいかな~と個人的には思います。

 

 

まとめ

土用の丑の日といっても、ウナギ以外の食べ物もあるんですね。

確かに土用餅なんかはコンビニでも見かけますよね。

ウナギは値段が高いですからね(笑)。

土用の丑の日には、精のつく食べ物を食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す