第76回川崎市制記念 多摩川花火大会2017 子供でも安心のスポット

多摩川花火大会

 

川崎市制記念 多摩川花火大会は、多摩川の河川敷で開催される、1929年から始まった歴史ある花火大会。

隣接する東京都世田谷区の花火大会と同日同時開催で大変盛り上がるのですが、それだけに混雑のほうも激しさを増します。

小さなお子さんを連れて楽しむのは一苦労ですよね。
混み過ぎて立ち見の場所は無理とか、トイレが近くにないと困るとか、最寄駅から鑑賞スポットまで長距離歩かせられないとか・・・

そこで、子供連れでのお困り要素が少ない、安心して楽しめる鑑賞スポットをセレクトしてご紹介します。


スポンサーリンク

 

第76回川崎市制記念 多摩川花火大会の日程

日時 2017年8月19日(土)19:00~20:00
荒天の場合 中止。順延なし
打上げ場所 神奈川県川崎市高津区の多摩川河川敷
交通 川崎会場:東急田園都市線二子新地駅から徒歩15分
上野毛会場:東急田園都市線二子玉川駅から徒歩10分
打上げ数 約6,000発
駐車場 ×
公式HP 川崎市観光協会

 

 

第76回川崎市制記念 多摩川花火大会の特徴

打上げ開始は19:00ですが、その30分前から音楽演奏などのステージイベントが始まり、花火大会を盛り上げます。

そして、テーマに即した花火や音楽花火のほか、スターマインや仕掛花火などが夏の夜空を彩ります。

第39回「世田谷区たまがわ花火大会」との合同開催なので、同じ時間帯に、川崎市の打上げ場所のもう少し上流の東京側河川敷で世田谷区主催の花火も上がります。

第75回川崎市制記念多摩川花火大会のようす

 

スポンサーリンク

 

子供連れに優しい鑑賞穴場スポット

多摩川花火大会の人出予想は19万人!
二子橋から第3京浜の間の河川敷はどこも混雑しています。

また、二子橋から上流では世田谷区の花火大会が行われているので、そちらの人でも約39万人と大混雑。

両方の花火大会の最寄り駅である田園都市線の「二子玉川駅」と「二子新地駅」は行きも帰りも大混雑なので、できればこの2駅の利用は避けたいところです。

この混雑を避けるなら、第3京浜よりも下流域がねらい目。

 

【東京側「多摩川遊園」周辺】
東急大井町線 等々力駅から徒歩20分
打上げ場所から比較的近い割に空いています。
見る時に第3京浜の橋が邪魔になるのですが、それ以外は快適に過ごせます。
河川敷を打上げ会場のほうに向かって歩いていけば仮設トイレもあります。

 

【川崎側「東急ゴルフパークたまがわ」周辺】
武蔵新城駅から徒歩24分なので、駅から少し歩きます。

多摩川遊園同様、ここも打上げ場所から比較的近い割に空いています。
条件も多摩川遊園と一緒で、見る時に第3京浜の橋が邪魔になるのですが、それ以外は快適に過ごせます。
河川敷を打上げ会場のほうに向かって歩いていけば仮設トイレもあります。

 

【川崎側「多摩川うなねパークゴルフ」周辺】
久地駅から徒歩20分
ここも空いていますが、打上げ場所よりも上流にあるスポットで、どちらかというと、世田谷の花火が良く見える場所になります。

 

 

有料席はあるのか?

神奈川県の川崎側、東京都の上野毛側それぞれに有料席が用意されています。
駅からのアクセスは上野毛会場のほうが便利な場所にありますよ。

 

【川崎会場】
パイプ椅子席1席5,000円
ペアシート(2人用)1シート13,000円
ファミリーシート(4人用)1シート20,000円

 

【上野毛会場】
Aエリア(二子玉川公園内)パイプ椅子席1席4500円
ペア席1ペア13,000円(パイプ椅子2脚)

Bエリア(多摩川河川敷内)テーブル席4席25,000円

 

有料席は、6月上旬からチケットぴあなどで購入可能になります。

有料席の詳細、申込み情報等はこちら
川崎市観光協会

 

スポンサーリンク

コメントを残す