6月に横浜市の海の公園潮干狩りに行きました。今年は採れない(汗)。

海の公園

 

神奈川県横浜市にある「海の公園」は、無料で潮干狩りが楽しめるので、特にゴールデンウィーク前後は大混雑。

そこで、混雑が落ち着いて、GWに採りつくされたアサリも少しは回復していることを願って、2017年6月10日(土)に、海の公園に潮干狩りに行ってみました。

その時の状況をレポートします。


スポンサーリンク

 

海の公園 6月の駐車場の状況

当日は干潮が11:30ころなので、10時ころ現場着しました。

駐車場は、ゴールデンウィークのころだと朝7時ころに満車になるのですが、本日6/10(土)は、10時に行っても、柴口(北側)、臨時(中央部)、磯浜(南側)駐車場とも、若干空きありの状態。

なので、当然入り待ち駐車も、入り待ち駐車による渋滞もなく、スッと駐車することができました。

磯浜寄りの方がアサリが多いという事前情報をキャッチしていたので、磯浜駐車場に車を入れました。

実は本日、シーサイドライン主催の【潮干狩りワークショップ】というのが10時から12時に海の公園で開催されるとのこと。
潮干狩り名人が来て、穴場スポットとか、アサリレシピを伝授などの企画があったので、立ち寄りたかったのですが、ひと口に「海の公園」と言っても広くて、探せど開催場所が分からず、結局、参加できず。

まだあと3回あるので、行きたいなという方は、多分ですけど、海岸線の砂浜の真ん中あたりじゃないかと思います。青い大きなテントが張ってある所が会場だそうです。
開催日:2017年6月10日(土)、11日(日)、24日(土)、25日(日)

詳細情報公式サイト

毎年やっているそうなので、来年でもいいですね。

 

スポンサーリンク

 

海の公園 6月の混雑状況

当日は風はそれほどなく、晴天で大潮だったので、潮干狩り日和。

潮干狩り日和だというのに、海岸の混雑はこんな感じ。
海の公園の混雑状況


多少混んでいるとは思いますが、ゴールデンウィークの人出に比べれば、半分くらいではないでしょうか?
全然やれない感じではなかったですよ。

海の公園の潮干狩り


日差しは強いので、紫外線対策は万全にしないといけませんね。

 

 

海の公園 潮干狩り実践

今年は例年になく不漁とのことで、ただでさえ天然ものしかいない=数やサイズが揃わない海の公園なのに、苦戦が予想されます。

事前情報では、北に行くほど数が減っていくとのことだったので、少しでも取れるように、本日は南側の図の青で囲んだ辺りを中心にプレイすることにします。
海の公園の地図

 

また、今回は熊手をパワーアップ。
前回までは100円ショップの普通の熊手でやっていたのですが、【忍者熊手】という、隙間からの取りこぼしを減少させるアイテムを導入したので、その効果にも期待がかかります。

海水へインすると、水温は心地よい程度にまで上昇しており、冷たく感じることはありません。

手前の浅いところは小さなお子さん連れのファミリーが中心ですので、取りつくされているのでは?と思い、まずは沖合のほうまで出て探ります。
この辺り(南側)は海の公園の海岸の中でも一番遠浅なので、沖合と言っても大人の膝くらいの水深しかありません。

 

さあ、いつものように少しづつ移動しながら海底をガリガリやりますが、前情報通り、全然取れません。
なんか、名前も知らない丸い小さい巻貝ばっかり取れます。(この巻貝は食べられそうにないのでオールリリース。)
しっかりアサリ以外のものも取れるのは、もしかして忍者熊手の効果??

 

沖合での結果は、大人2人で1時間ほど粘りましたが10個くらい。

ちょっと疲れたので、いったん上がって飲み物でも飲もうかと、岸へ向かって歩きます。

水深が足首程度のところまで戻って来たところで、玄人風のおじさんがそこでやっておられて、網にはアサリが結構入っていましたので、「もしやここで取れるのでは?」と思い、再び忍者熊手を海底にイン。

これが正解で、海岸線から10mくらいの超浅場でしたが、意外にもパラパラ取れました。

まあまあ取れるので休憩するのをやめて、ここで30分くらい粘り、20個くらい追加。

 

この時点で12時を過ぎましたので、潮も上げ始め、お腹もすいたので、終了としました。

潮干狩りで採れたアサリ


本日、2時間、大人2人でアサリ約30個。

ゴールデンウィーク前の4月に来た時より取りにくくなっていました。まだ回復していないようですね。

あまり取れなかったので、プレイ中はちょっとしんどかったですが、終った後の、木陰でおにぎりと麦茶が美味しかったので、最終的には楽しい一日となりました。

今年はたまたま不漁の年とのことで、例年であれば混雑するゴールデンウィークを避けて、6月でも十分楽しめるんじゃないかと思いました。

 

>>関連記事:海の公園での潮干狩りのコツ

 

スポンサーリンク

コメントを残す