お盆玉とはいつから始まった風習で、相場はあるの?

お盆玉袋

 

最近、急に耳にするようになった「お盆玉」。

夏の新たな習慣として「お盆玉」というものが認知されつつあります。

余計な出費になるということで、強い違和感を覚える親御さんもいる反面、田舎のおじいちゃんおばあちゃんは、孫が喜ぶ顔が見れるとあって、歓迎ムードのお盆玉。

そもそもお盆玉って何なのでしょうか?
いつから始まった風習で、相場あるのでしょうか?


スポンサーリンク

 

お盆玉とはいったい何?いつから始まった風習?

お盆玉とはいったい何かというと、「お年玉のお盆バージョン」で、お盆期間に孫や子供に渡すお小遣いのことです。

もともとは江戸時代の東北地方の風習で、夏の時期に奉公人に下駄や衣類を渡す「お盆小遣い」が始まりと言われています。

それが昭和初期になると子供にお小遣いを渡す風習に変わっていったとのこと。

全国区の風習ではありませんでしたが、2010年に「マルアイ」という紙製品メーカーがこの風習のためのポチ袋を製作し、その名も「お盆玉」と名付けました。

ですから「お盆玉」という言葉は2010年に生まれた造語で、これに郵便局も「お盆玉袋」を取り扱うようになって、一気に知名度が上がってきたのでしょう。

 

 

お盆玉袋を郵便局が販売

元祖の「マルアイ」という会社が2010年にお盆玉を入れるポチ袋を作ってから、2014年からは郵便局でも見かけるようになりました。

郵便局が窓口での販売を決めた動機は、お客様から「お盆玉袋を置いていますか」という問い合わせが複数入りはじめたから。
お盆玉が徐々に認知されてきたのでしょう。

お盆玉袋といっても、絵柄が夏らしくかき氷やスイカ、花火などになっているだけなんですが、郵便局では毎年6月1日から全国の郵便局で販売しています。

郵便局なら全国津々浦々にありますので、田舎のおじいちゃんおばあちゃんも入手しやすくなったというわけですね。

 

スポンサーリンク

 

お盆玉の相場は?

帰省すると、田舎のおじいちゃんおばあちゃんが帰省交通費を負担してくれる場合が多いですよね。

その上のお盆玉ですから、そもそもお小遣いを渡さない方のほうがまだまだ多いのです。

渡すにしても、それほど金額は弾まないようで、ある調査によれば、そのお小遣い額は5,000円が大半とのこと。

お孫さん世代にはお盆玉などという言葉は教えないほうが良さそうですね。

 

 

お盆玉 まとめ

今まで帰省時にお小遣いを渡していたとしても、袋に入れるとなると、それなりの金額を入れないといけないような気がしてきます。

また、一度「はい、お盆玉どうぞ」と渡してしまったら、毎年やらないといけなくなりそうですね。

子や孫の笑顔を見るのは嬉しいですけど、ほどほどにしましょう。

お子さん・お孫さん世代も、たからないように!

 

スポンサーリンク

コメントを残す