初心者におすすめの海釣り道具一式は?費用や予算感も

海釣り道具

 

海釣りをやってみたい!

でも、知り合いに詳しい人がいないので、何を準備したらいいのか分からないですよね。

そこで、釣り初心者の方でも釣りやすい海釣りの種類と、必要な道具は何なのか?また、その道具を揃えるのには予算や費用はどれくらいかかるものなのか?一挙にまとめます。

 

初心者の方が海釣りをするならこんな釣り方

釣り道具は釣る魚や、釣る場所、釣り方によっていろいろな種類に分かれていきます。

初心者の方はいきなりハイレベルな釣りをしても楽しめませんので、まずは、初めて釣りをする方でも楽しめる「入門編の海釣り」に合わせた道具を揃えましょう。

 

入門編の海釣りとは

海釣りを始めようという方の多くが最初にトライする釣り方。
仕掛けや釣り方が簡単で、小学生のお子さんでもOKで、防波堤ならどこでも楽しめる釣りです。

釣り場 釣り方 釣れる魚
防波堤・漁港 サビキ釣り イワシ、アジ、サバなど
防波堤・漁港 ちょい投げ釣り シロギス、メゴチ、イシモチ、カサゴなど

 

サビキ釣りとちょい投げ釣り道具 全体イメージ

サビキ釣りとちょい投げ釣りは、同じ竿、リールでOK。
仕掛けとエサだけが違うだけで、イメージ的にはこんな全体像です。

【サビキ釣りの竿と仕掛けイメージ】
サビキ釣り仕掛け

 

【ちょい投げ釣りの竿と仕掛けイメージ】
ちょい投げ釣り仕掛け

 

 

初めて海釣りをするときに必要な道具一式【必須編】

海釣りをするなら絶対に必要になる道具をご紹介します。

 

リール竿

最初の1本にふさわしい竿は、投げにもサビキにも使える万能タイプ。

長さは3~4mがお勧めです。

竿の硬さを表す「錘負荷(おもりふか)」は10~25号くらいが目安です。
号数が大きいほど硬くなります。
例えば、錘負荷20号の竿は、仕掛けを海底に沈める「錘(おもり)」の重さが20号のときがバランスよく使える硬さに設計されている、という意味になります。

例えば、こんな感じの竿が色々な釣りに使えて便利です。

 

 

釣りに慣れていないうちは、釣りをしている最中に竿先をどこかにぶつけたり、踏んでしまったりして折ってしまうことが良くあります。(私もそうでした。)

ですので、気をつけて扱うか、最初の1本は1万円以上するような高い竿を買わないほうがいいかもしれません。

竿の折れやすさは値段とはほとんど無関係だと思っています。

よく、「安い竿は折れやすい」などと言われることがありますが、安いから品質が悪くて折れるのではなく、安い竿 = 初心者の方が使う = 「扱い慣れていないから折ってしまう」というだけのような気がしますよ。

 

リール

糸を出したり巻いたりする装置です。
リールは機能タイプ別に「ベイトリール」「スピニングリール」「タイコリール」などがありますが、最初の1台は「スピニングリール」です。

スピニングリールの中でも、糸巻量の違いによって大きさが異なります。
リールサイズは4桁の数字で表されていて、糸巻量が少ない、小さいリールは1000番。多くなるにつれ、2000、3000、4000番と上がっていきます。

防波堤の釣りに幅広く使えるのは2000~3000番です。

釣具店に行くと、リールには最初から糸がついていないのが普通です。

でも、最近は糸付きのリールもいくつか出てきたので、最初のうちは糸付きのリールを選んだ方が楽です。

例えば、こんな感じのリール

 

 

糸がついていないリールって?

販売時点で糸がついていないタイプを選ぶメリットは、優れた機能がついているリールが欲しい時です。
一般的に糸付きタイプのリールは初心者向けで安価なものが多く、基本的な機能のみ搭載されています。

長く使うものだからある程度しっかりしたものが欲しい時は、糸のついていないリールと別売りの釣り糸を買うしかありません。

>>リールと糸の結び方について

糸なしスピニングリールのおよその価格帯ですが、松竹梅で分けると、
梅コース・・・5,000円~10,000円
竹コース・・・20,000円前後
松コース・・・30,000円以上
こんな感じです。

糸を巻く時の滑らかさ、投げる時の糸の放出、耐久性、ドラグという糸滑りの機能などが上位機種になるほど優れてきます。

私の場合は、竿のほうにお金をかけたいので、リールは10,000円前後のものをよく使っています。
というか、30,000円以上のものは、実際の釣りでその性能を引き出せないのが本音ですけど・・・。

私のお気に入りはこのリール

 

リールの種類や選び方のさらに詳しい情報は・・・

>>釣り初心者のためのリールの選び方とおすすめ機種

 

竿とリールのセットでもOK

竿とリールは別々に買い揃えると、質の良いものを選べますが、値段も5,000円以上になりそうです。

とりあえず折れてもいいから安いので始めたい!子供用なので安く済ませたい!ということであれば、リールと竿がセットになっている「セット竿」でも全然OK!

他にも、管理人おすすめのセット竿をこちらの記事で紹介しています。

>>釣り初心者におすすめの釣り竿セットはコレ!海、川、ルアー用

 

ハサミ

釣り糸は手や歯では切れません。
リールの糸を切ったり、結び目の余分な糸を切ったり、必ず必要になります。
釣り専用のものでなくても、家にある、文房具のハサミでもOKですが、錆びやすいので、使用後は真水で洗ってくださいね。

 

水汲みバケツ

釣った魚を入れる。手を洗う。サビキ釣りのエサで汚れた釣り場を洗い流す。などで、必須のアイテムです。

このバケツにロープをつけて海面に投げ入れ、海水をすくって使います。

バケツは掃除に使うようなポリバケツでもOKですが、使わない時にグニャッと折りたためるEVAバケツが便利。
釣り場は海面まで高さがあるので、海水をすくうために必ずロープも一緒に用意します。

 

タオル

釣りでは、エサを針につけたり、釣れた魚を針から外したり、手が汚れて臭くなる回数が多いです。

そのためのお手拭きが必ず必要になります。

また、海水が道具などに付着してベトベトになるので、帰り際にサッと拭き取るのにも便利です。

魚をつかんだりしてドロドロに汚くなっても良いもの1枚と、お手拭き専用のきれいに使う1枚の、最低2枚持って行くと便利です。

 

プライヤー

ラジオペンチの小さいやつです。
できれば先端だけ曲がったタイプのほうが使いやすいです。
プライヤーは、魚の口にかかった針を外す時に重宝します。
針が結構口の奥のほうに入ることが多く、指では取れないことが多いです。

また、ハサミでは切れない、ちょっと太めのものを切る際にも使えます。

100円ショップでも同様のものがあるので代用OKですが、その場合は海水で錆びやすいので帰宅後に水洗いをしっかりと行います。

 

ゴミ袋(コンビニ袋)

釣り終わったときに、いらなくなった仕掛けを切るわけですが、針がついているのでその辺に放置すると危険です。
必ずゴミ袋を持参して持ち帰りましょう。

また、ゴミを入れるだけでなく、濡れたタオルやバケツをしまうときなどに重宝しますので、カバンに数枚入れておくと便利です。

 

仕掛け類

釣りの種類により、適切な仕掛けを用意します。
サビキ釣りなら、「サビキ仕掛け」「コマセ袋」「オモリ」。
投げ釣りなら、「ジェット天秤」「投げ仕掛け」。

具体的な行き先や釣り物が決まったら、釣具屋さんに行って、「どこで、こんな釣り方で、こんな魚を釣りたいんだけど、必要な仕掛けください。」と言えば、必要なものを用意してくれますので、心配いりません。

 

予備の仕掛け

仕掛け類は、実際に釣りをしていると、針が取れたり、糸が切れたりして現場でなくなることは必ず起こります。

ですので、必ず同じ仕掛け類を2,3個余分に持っていきましょう。

 

道具入れ

ハサミやラジオペンチ、仕掛け小物類をまとめて入れておける入れ物があると便利です。

ナイロン製や布製のものもありますが、最初のうちはプラスチック製のものがしっかりしていて使いやすいと思います。

100円ショップのものでも十分使えますよ。

 

クーラーボックス

釣れた魚を持ち帰るなら【必須】です。夏場は氷か保冷剤も一緒に中に入れておきます。

自分のお弁当や飲み物を入れておくこともできます。
釣っている最中は腰かけとしても利用できるので便利です。

サイズ(リットルで表す)が色々ありますが、手頃なのは15リットル前後のものです。
クーラーボックスの型番に「18」と入っていれば容量が18リットルということになります。

クーラーボックスは、釣り具メーカーのものは保冷性が高い分、価格も高いのですが、ホームセンターなどで売っているアウトドア用の、ふたがバックルでパチンと密閉できるタイプのものなら十分代用できますし、価格もお手頃です。

 

通常のクーラーボックスはそこそこの値段しますので、最初のうちは、耐久性がないですが「発泡クーラー」でも良いかもしれません。

ソフトクーラーという、ビニール製のグニャグニャなタイプや、コールマンやイグルーなどのアウトドアクーラーのような、フタがしっかりと密閉状態にならないタイプは釣りには向きません。

 

自分の食べ物や飲み物を冷やしておいたり、釣った魚の鮮度を保つために、保冷剤もあると便利。
ケーキなどを買ったときについてくるグニャグニャの保冷剤を再利用で使っても問題ないです。

しかし、魚のヒレ等で穴が開くこともありますので、新たに買い揃えるならハードタイプをお勧めします。

 

クーラーボックスの詳しい選び方は、こちらの記事が参考になります。

>>クーラーの選び方とおすすめクーラーボックスはコレ!

 

初めて海釣りをするときに揃えたい道具【あれば便利編】

【絶対に必要な道具 必須編】がずいぶん長くなりましたが、ここからは、海釣りの際、なくても大丈夫なんだけど、あったほうが便利なおすすめグッズをいくつかご紹介します。

 

エサ箱

釣具屋さんでエサを買うわけですが、スーパーのお惣菜売り場のような透明パリパリのパックに入れてくれます。

そのままでも入れ物として使えますが、軽くて風で吹き飛ばされることもあります。

餌箱はそれほど高くないので、あってもいいかも。

 

魚つかみ

魚が釣れて、ハリを外す時とか、クーラーボックスに移す時、直接魚を触りたくない場合、また、毒魚が釣れてしまった場合などに使用します。

サビキ釣りの人気ターゲットのアジなんかも、お腹のあたりに硬いトゲがあったりして、針を外す際にアジを素手でつかむと手にブスッと刺さって痛い思いをします。

魚つかみは、別名「メゴチバサミ」とも言いますが、上記の写真のものと形状が一緒でステンレス製のものもあります。
ステンレス製ですが、使っているうちに錆びてきたり、反発力がヘタッてきて、つかみ部分がすぼんで戻らなくなったりしますので、もし買うなら、ちょっと高いですが上記の「ディノグリップ」が断然おすすめです。

でも、魚つかみは用意しなくても、ボロ布1枚はさんで魚を手でつかむようにすればケガしませんのでOKですよ。

 

ロッドケース

竿が複数本あったり、電車釣行の場合は、ロッドケースがあったほうが便利です。

持ち運びやすくなりますし、竿の保護にもなります。

サイズ(長さ)が何種類かありますので、自分の竿が入る大きさのものを買いましょう。

 

帽子

ずっと太陽の下にいるので、日焼け防止になるのと、万が一隣の人の仕掛けが自分の頭に飛んできた時の頭部の保護にもなります。

別に釣り専用の帽子でなくても、種類は何でもOKです。
海釣りは風が強いことが多いので、風で飛ばされないよう、できればあご紐付きのほうが安心です。

 

ライフジャケット

 

いつ落水するとも限りません。
堤防から落ちると、這い上がる場所はなかなかありません。

2枚目の写真を見て「??」と思ったかもしれませんが、これもライフジャケットなんです。
(ジャケットではありませんけど)
ウェストポーチのように、腰に巻き付けて使用します。
普段はしぼんでいて、落水した瞬間にガスで膨らむので、かさばらないので人気があります。

最近は「ライフベスト(救命胴衣)」という、一般的に皆さんが想像するようなオレンジ色のベスト型の着るタイプを使っている人は減りました。

※2018年2月の法改正で、船釣りではライフジャケット着用が義務となり、しかも国土交通省の認定を受けたライフジャケットでないとNGとなりました。
上記のものは国土交通省の認定を受けていません。

船釣りではライフジャケットは船宿に用意されていることがほとんどですが、念のため、釣行前に船宿に電話で「ライフジャケットって貸してもらえるんですか?」と尋ねておくと安心です。

 

レインウェアー

不意の雨や、風による波しぶき、急な冷え込みに対応できます。
本当は【必須持ち物】に近いくらいです。
こればっかりは、100円ショップのものはNGです。
せめて上下で1,980円以上のもので、上下が別々になっているものを選んでください。

釣り具メーカーのレインウェアでなくても、登山用のものでも、バイク用のものでも、どのメーカーのものでも、気に入ったデザインのもので構いません。

 

 

道具以外に絶対必要な釣り知識

釣り当日に、現地で釣り仕掛けを準備する時に必ず必要な作業が、リールの糸と仕掛けを結ぶ作業です。

極端な話、何らかの結び方で結んだものを、使う前に逆方向に引っ張ってみて、結び目がほどけなければOKです。

しかし、釣り専用の糸の結び方のほうが簡単で強度もあるので、一度youtubeで勉強しておいてください。

 

 

釣り道具にかける費用や予算の目安は?

一番コストがかかるのは竿とリールです。上を見たらキリがありませんが、どちらも2,000円以下のものは壊れやすいのであまりお勧めしません。

釣り竿は2,980円以上、リールは1,980円以上のものなら、最低限の品質を備えたものが買えますので、目安にすると良いでしょう。

【必須編】の道具を揃えるための予算・費用は、1万円前後で揃いますし、初めのうちは、それ以上かける必要もないと思いますよ。

 

 

初心者におすすめの海釣り道具一式 まとめ

いかがでしたか?

基本的な道具だけでしたら、それほど多くは必要ないですよね。

行き先や釣り物を決めてから、釣具屋さんに行って店員さんに聞けば、竿から何からすべて適切なものを選んでくれますので、これで正しい道具を調達するのもアリです。

まずはここにあるものを中心に揃えて、海釣り公園のような、設備の整ったところへ出かけるのが、海釣りデビュー成功への近道でしょう。

参考記事:神奈川県横浜エリアの海釣り公園特集

 

コメントを残す