風呂カビの効果的な掃除方法 天井のカビは?予防方法は?

きれいな浴室

 

気をつけているのに、いつの間にか発生するお風呂のカビ。

毎日使うお風呂だから、清潔にして気持ちよく入りたいですよね。

そこで、生えてしまったカビを効率よく掃除する方法と、掃除した後に、なるべくカビが生えないように予防・防止する方法をまとめました。


スポンサーリンク

 

風呂カビの効果的な掃除方法はカビキラー

生えてしまったカビを楽に退治するにはやはりカビキラーのような塩素系カビ取り剤が最も有効です。

洗濯用の塩素系漂白剤も、成分が似ていて安価なのですが、浴室用と銘打っていないだけに、粘性がなく、壁面だとサラサラと流れ去ってしまい、ちょっと使いにくいです。

 

カビキラーの効果的な使い方

カビキラーですが、カビを落とす部分が乾燥している時の方が威力絶大になります。

また、スプレー後すぐにブラシでゴシゴシこするより、10分位おくのがコツです。軽いカビなら水をかけるだけできれいになります。

それでも落ちなかったしつこいカビには、サランラップ+半日放置 が有効です。

乾燥した浴室でスプレーした後、洗剤が乾かないようにその上にラップを密着させます。

換気しながら、この状態のまま半日ほど放置したあと、サランラップを取って水ですすいで終了です。

カビキラーは強い洗剤なので、使用上の注意があります。

  • 他の洗剤と混ぜないし、使用後はしっかり洗い流してから次の洗剤を使う。
  • 換気をしっかり行う。ニオイが強いのでマスクした方が良いでしょう。
  • 作業中、目に入らないように注意。目の高さより上にはスプレーしないように。
  • ゴム手袋を着用して作業する。

 

スポンサーリンク

 

お風呂の天井に発生したカビはどうする?

天井はつい掃除を忘れがちな部分。
ふと見上げるとカビが発生していることもあります。

でも、天井にカビを見つけたからといって、天井に向けてカビキラーを噴射したら、滴ってきたり、自分にかかって危険です。

どのようにカビ取りすればよいでしょうか?

こんな感じの、柄の長いスポンジを用意します。

スポンジにカビキラーをスプレーして浸み込ませ、天井のカビの生えている部分に塗り込みます。

数分放置したら、シャワーで洗い流します。
この時、流した水が自分にかからないように注意してください。

スポンジのほうにも洗剤が残っていると思いますので、よくすすいでから保管しましょう。

 

スポンジが届きにくい、壁と天井の接合部に発生したカビは、カビキラーのスプレー部分を外し、ボトルを少し傾けて綿棒の先にちょこっと洗剤を付け、カビの部分に塗り込みます。

しばらく時間を置いてから、あまり固く絞っていない雑巾などで拭き取ります。

 

 

お風呂のカビを予防・防止する

カビキラーでお風呂のカビを退治しても、カビ菌は常に空気中に浮遊してますから、しばらくするとどうしてもまた生えてきてしまいます。

でも、毎日のちょっとした心掛けだけで、再発をかなり遅らせることができます。

カビが生える条件である温度、湿度、栄養(垢や石鹸カス)を取り除けば、カビは増殖出来ませんから、カビないのです。

具体的には

  • 風呂から出る間際に、シャワーで壁や床、浴槽を洗い流します。
  • 自分の体の水滴を拭き取ります。
  • バスタオル等で浴槽浴室を全てから拭きします。
  • 換気扇を回しっぱなしにします。
  • できれば、日中は扉を開け、なるべく浴室を乾燥させます。

これでかなりカビ発生は抑えられるはずですよ。

それでも黒カビが出てきてしまったら、放置せず、小さいうちにカビキラーでこまめに掃除します。

 

 

風呂カビの効果的な掃除方法 予防方法 まとめ

お風呂のカビはすぐ発生するので、掃除が面倒になってつい放置しがちです。
でも、そのまま放置すると根を深く張って非常に取りにくくなります。

「なかなか取れない!」と大変な思いをするくらいなら、ちょっと面倒でも、毎日ササッとから拭きしてカビを発生させないほうが結局楽ですし、カビのない快適なお風呂を楽しめるので、一石二鳥でしょう。

>>お家の掃除関連記事はこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す