足立の花火2017花火大会 子供連れでも安心のスポット

足立の花火

 

足立の花火大会は打上げ数が多くて迫力のある花火大会。

それだけに、打上げ場所正面の人気スポットはいつも大混雑で、駅と会場の往復も大変ですよね。

特に小さなお子さんを連れて楽しむのは一苦労です。
混み過ぎて立ち見の場所は無理とか、トイレが近くにないと困るとか、最寄駅から鑑賞スポットまで長距離歩かせられないとか・・・

そこで、子供連れでのお困り要素が少ない、安心して楽しめる鑑賞スポットをセレクトしてご紹介します。


スポンサーリンク

 

足立の花火2017の日程

日時 2017年7月22日(土)19:30~20:30
荒天の場合 中止
打上げ場所 荒川 千住側河川敷
交通 JR北千住駅から徒歩15分、
東武鉄道小菅駅、五反野駅、梅島駅から徒歩15分
打上げ数 約12,000発
駐車場 ×
公式HP 足立区観光交流協会

 

 

足立の花火2017の特徴

東京都の花火大会1番乗りで開催される、約100年の歴史ある花火大会。
約12,000発を1時間で打上げるため、次々に絶え間なく打ち上げられ、打上げ場所と鑑賞場所が近いので、迫力の花火が楽しめます。

【足立の花火2016】

 

スポンサーリンク

 

子供連れに優しい鑑賞穴場スポット

基本的には、西新井側(北側)の河川敷は広いので、千住側よりもゆったりと花火を観賞することができます。

スポンサーリンク

 

 

荒川西新井橋緑地

梅島駅から徒歩25分と歩くのですが、その分、比較的空いているので、見やすさと混雑のバランスがほどよいです。
仮設トイレもあります。

 

荒川江北橋緑地

日暮里・舎人ライナー「扇大橋駅」から徒歩10分ほどの近さ。
扇大橋が花火にかかって少し見にくいのですが、間違いなく空いています。

 

扇大橋周辺(扇ゴルフ練習場前)

日暮里・舎人ライナー「扇大橋駅」から徒歩10分ほどの近さ。
花火も良く見え、そこそこ空いているのでおすすめです。

 

 

有料席はあるのか?

ブルーシート敷きの桟敷席(座席指定なし)の有料席はあるのですが、販売形式が一般的な感じではなく、観光交流協会に対し1口3,000円の「個人協賛」をすると、協会観覧場所入場券という名の有料席券が1口につき2枚もらえます。

先着順なので、欲しい方は早めに申込んだほうが良いです。

申込み等の詳細はこちらで確認できます。
http://adachikanko.net/event/39thhanabi

 

 

花火が見えるホテル・レストランは?

 

レストラン タピ ルージュ

東京都足立区千住1丁目4−1 東京芸術センター20階
http://www.tapisrouge.jp/

毎年、特別鑑賞ディナープランを用意していて、食事のあと、見やすい場所に移動してビルの20Fから花火を眺められるプランです。

参考:2016年のプラン内容がこちら
http://www.e-celebration.co.jp/information/hanabi16.07.23.html

 

レストラン さくら

東京都足立区千住5-13-5 生涯学習センター7階
http://www.restransakura.net/

抽選予約でディナープランが用意されています。
まずは申込みになるので、興味のある方は問い合わせてみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す