足がクサイ!ニオイの原因は?おすすめの対策は?

 

自宅はもちろん、飲み会で座敷に上がる時、知人の家に上がる時など、靴を脱ぐ場面で自分の足のニオイが気になってしまうことがあります。

毎晩お風呂でしっかり足を洗っているのに、なぜか足の臭いが消えない。

どうして足はくさいのでしょうか?

臭くなってしまう原因を探り、おすすめの対策法についてまとめています。

足のニオイが気になる方は、参考になさってください。


スポンサーリンク

 

足がクサイ!ニオイの原因は?

足にかく汗も、ニオイの原因の一つにはなるのですが、汗だけでは臭くならないんです。

足の裏にはカラダのほかの部分よりも3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて、両足で1日に約200ccの汗をかくと言われています。
でも、エクリン汗腺から出る汗のうち99%は水分で、ほぼ無臭です。

 

ニオイの本当の原因は雑菌

足にはたくさんの雑菌が住んでいて、雑菌は足の角質・皮脂・汚れなどを分解して繁殖をしようとするのですが、分解の際に「イソ吉草酸」という悪臭物質が発生します。

これがあの、チーズのような、納豆のようなニオイの正体・原因なんです。

 

なぜ足だけが臭いのか

たしかに、雑菌は体中のどこにでも存在するのですが、なぜ足だけが特に臭うのでしょうか?

雑菌の繁殖には温度(体温)、湿度(汗)、菌の栄養分(角質や皮脂)が関係していて、温度15℃以上/湿度70%以上になると増殖しやすい環境となります。

足を入れた靴の中は、温度が30℃以上/湿度90%以上にもなり、栄養となる皮脂や角質が足にはたくさんあるので、雑菌が繁殖しやすい環境が整っているのです。

だから、足というより、靴を履いた足は臭くなるのです。

 

 

足のニオイ おすすめの対策は?

足のニオイを軽減するに、「足」「靴」「靴下」の3つの部分に分けておすすめの対策をまとめましょう。

スポンサーリンク

 

足のニオイ対策 「足」に対策

 

薬用せっけんで足を洗う

通常のボディーソープではなく、殺菌成分入りの薬用石鹸、薬用ボディーソープで足を洗ってください。

足にこびりついている古い角質や皮脂をキレイに洗い流したり、雑菌を落とすために有効です。

また、足を洗うときは、足の裏はもちろん、汚れの溜まりやすい指の間、かかと、くるぶしなどもしっかり洗うようにしてくださいね。

普通のボディーソープでも汚れが落ちないことはないですが、例えば「柿タンニン」入りの薬用せっけんを使えばより効果的です。

柿渋に含まれる「柿タンニン」には、微生物やウイルスを寄せ付けない殺菌・防菌効果があり、汗や古い角質の分解を抑え、悪臭の発生を抑える効果があります。

柿タンニン以外にも効果がある薬用せっけんはいろいろありますので、ご自分にあうものを探してみてください。

 

爪を定期的に切る

どんなに足を清潔にキレイにしても、足の爪の隙間に汚れが溜まっていたら、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

爪に汚れがたまらないように定期的に爪を切り、お風呂で足を洗う時は、爪の間の垢もブラシなどで落とすように心掛けましょう。

 

足のニオイ対策 「靴」に対策

 

1日はいた靴は1~2日休ませる

靴自体に雑菌が繁殖していれば、足の臭いを改善することはできません。
1日履いていた靴は汗をたくさん吸収しているので、翌日は履かずに休ませてあげましょう。1日~2日置いておけば靴の中の湿気が取れます。

靴を脱いだら「消臭スプレー」をして「シュードライ」を入れます。
シュードライは、靴の中に入れるだけで乾燥、脱臭、抗菌作用があるので大変便利ですよ。

 

蒸れにくい靴を選ぶ

蒸れると靴の中の湿度が上がり、雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの元となります。

靴を選ぶときは本革や布製など、通気性が良く、ムレにくい靴を選ぶようにしましょう。
合成皮革やゴムの靴は非常に蒸れるので、足の臭いが気になる人には向いていません。

 

足のニオイ対策 「靴下」に対策

 

靴を履くなら靴下をはいて

裸足で靴を履くとやはり蒸れますので、靴を履くなら何はなくともまずは靴下をはきましょう。

 

抗菌・消臭効果のある靴下を選ぶ

抗菌・消臭効果のある靴下を履くことによって、靴下からにおうことを軽減できます。

抗菌効果のある靴下には、抗菌加工方法に2種類あって、

・抗菌剤をコーティングしたもの
・抗菌剤を繊維の中に練り込んだもの

繊維に練り込んだもののほうが洗濯を繰り返しても効果が持続します。

 

女性はストッキングに注意

ストッキングは靴下よりも通気性が悪く、多湿になりやすいため足が蒸れやすくなります。

でも、外出先で履き替えも難しい時は、「抗菌防臭タイプのストッキングを選ぶ」とか「5本指タイプのストッキングを選ぶ」ようにしたり、足の付け根までのタイプのストッキングにして履き替えやすくするなどの工夫で乗り切りましょう。

 

 

まとめ

足のニオイ対策は、足をキレイに保つこと。そして、靴を履いているときは、中が蒸れないようにすることがポイントです。

今回ご紹介した対策は、どれも手軽にできるものですので、足のニオイが気になっている方は、まずは自分が取り組めるものから試してみましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す