シャツ襟の黄ばみの原因と落とし方。その予防方法について

洗濯物のワイシャツ

 

特に白いシャツって、いつの間にか黄ばんでしまうんですよね。
特に襟は内側(首に接する側)だけならまだしも、外側まで黄色くなってくるから、見た目が悪くなって着れなくなってしまいます。

でも、捨てるにはまだ早いので、この黄ばみを何とかしたい!

そう思っている方に、シャツの目立つ黄ばみを家庭で落とす方法と、今後はなるべく黄ばみがつかないように予防する方法をご紹介します。


スポンサーリンク

 

襟汚れや黄ばみの原因は?

まずは、襟汚れの原因を知っておきましょう。
襟汚れの原因は、汗とともに毛穴から出る「皮脂」です。

襟汚れが茶色くなっているのは、皮脂が酸化しているからです。
あの茶色い汚れが落ちにくいのは、酸化した皮脂が衣類の繊維に絡みついているからです。
そのため、皮脂=脂肪を分解できる酵素などが入った洗剤を使わないとなかなか落ちません。

洗濯したつもりでも、実は皮脂汚れがしっかり落ちていないことがあり、これを放置すると、酸化が進み、衣類が黄色く変化します。
酸化が進むほどに、黄ばみを自分で落とすのが難しくなってきますので、ちょっと黄ばんできたかなと思ったら早めに手を打ちましょう。

 

 

シャツの黄ばみを落とす方法

襟や袖口がちょっと黄色くなってきていたら、次の2段階洗濯を試してみてください。

1.食器用洗剤で予洗いをする

皮脂汚れの成分は「油」ですので、油を分解できる「食器用洗剤」で予洗いをします。

  • (油が溶けやすいように)シャツにぬるま湯をかける
  • 食器用洗剤を汚れている部分に直接垂らす。
  • 汚れた部分をもみ洗いする。あまり力いっぱいやると生地が傷みますので、歯ブラシで汚れ落としでもOKです。
  • すすぐ。

以上で第1段階終了です。

 

2.酸素系漂白剤で漂白する

次に、酸素系漂白剤で漂白をします。

酸素系漂白剤はクリーニング屋さんでもよく利用されており、皮脂汚れを除去するのにはもってこいです。




私は、花王のワイドハイターEXパワー(粉末)を使用しています。

※酸素系は色柄物にも優しいですが、間違って「塩素系」漂白剤を使用しないでくださいね。

  • 50℃~60℃の水をシャツが完全に浸かるくらい用意。
  • ワイドハイター粉末の場合、水1Lに対して漂白剤5gが基本で、多く入れた方が漂白力が高まるため、私はいつも2~3倍多めに入れちゃってます。
  • ゴム手袋をして、シャツを溶液に浸し、押し洗いするように何回か押し込んで、1時間つけ置き。
  • 1時間後取り出して、軽く水ですすいで漂白剤を落としてから、他の洗濯物と一緒に、いつも通り洗濯する。

これですべて終了です。

 

スポンサーリンク

 

黄ばまないための予防方法

できれば、こんな面倒なことはしたくない!
ですので、普段のちょっとした心がけで黄ばみ・襟汚れを予防し、シャツを長い間キレイに着ることができるので、黄ばみ予防方法をご紹介します。

 

毎回食器用洗剤で予洗いする

皮脂汚れは油分なので、普通に洗濯機で洗っただけではなかなか落ちません。

そこで、1日着たシャツを洗濯かごに放り込む前に、ぬるま湯と食器用洗剤を使って気になる部分をもみ洗いして、サッとすすいでしまうんです。

あとは普通に洗濯するだけですが、この一手間をやるだけで、洗い上がりにかなりの差が出ます。

 

アイロン時にスプレーのり剤を併用する




市販ののり剤を汚したくない部分にスプレーしてからアイロンがけすることで、のりが汚れを防御してくれます。

※ちょっと裏技
実際にスプレーのりを使うと、アイロン台やアイロンの熱い部分がテカったりベトベトしてきます。
そうならないように、アイロンかける時にシュッとするのではなく、干すタイミングで襟などにシュッとしてから干すと良いです。
(ドラム式乾燥機で乾かすのは故障の原因になるのでNG。室内干しか自然乾燥の時だけできる技です。)
そうするとベタつきも軽減されるので試してみてください。

 

長期収納前にはしっかり皮脂汚れを落とす

衣替えで長期間しまう時は、半年後に取り出すときに黄色くならないように、黄ばみの原因となる皮脂汚れや洗剤の残りカスをしっかり落としておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

襟汚れはキレイに落ちましたか?

残念ながら、繊維自体が変質して黄ばんだものは、基本的には何をやっても元に戻りません。

毎日の洗濯でちょっと気をつければ、長期間きれいな状態を保つことができますので、これからは黄ばみ予防もしていきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す