横浜スパークリングトワイライト2017花火 子供でも安心スポット

横浜スパークリングトワイライト花火大会

 

横浜スパークリングトワイライトは神奈川県横浜市の山下公園周辺で開催されるイベント。
そのイベントプログラムの一つに、スパークリング花火があります。

花火大会にはつきものの大混雑!小さなお子さんを連れて楽しむのは一苦労ですよね。
混み過ぎて立ち見の場所は無理とか、トイレが近くにないと困るとか、最寄駅から鑑賞スポットまで長距離歩かせられないとか・・・

そこで、子供連れでのお困り要素が少ない、安心して楽しめる鑑賞スポットをセレクトしてご紹介します。


スポンサーリンク

 

横浜スパークリング花火2017の日程

日時 2017年7月15日(土)19:30~20:00
2017年7月16日(日)19:30~20:00
荒天の場合 小雨決行
打上げ場所 山下公園前の海上
交通 みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分
JR石川町駅から徒歩15分
打上げ数 各日約3,000発
臨時駐車場 ×
公式HP 横浜スパークリングトワイライト実行委員会

 

 

横浜スパークリング花火の特徴

みなとみらい地区の夜景とベイブリッジのライトアップとともに、3,000発の花火が楽しめます。
花火の前後の時間には、イルミネーションを取り付けた船(ジュエリーポート)の演出もあり、彩り豊かな夜景を楽しめます。

 

 

子供連れに優しい鑑賞穴場スポット

大さん橋(日本大通り駅からのほうが近い)
本命の山下公園は、他のイベントもあり大混雑。
その点、大さん橋なら、山下公園ほどでの混雑はありません。
国際客船ターミナルの中にはトイレもあるので安心ですね。

 

象の鼻パーク、赤レンガ倉庫
そうはいっても、大さん橋も良く見える人気スポットなので、混雑は避けたいなという方には少し見にくくなりますが、象の鼻パークや赤レンガ倉庫がオススメです。

 

 

有料席はあるのか?

残念ながら用意されていません。

 

スポンサーリンク

 

花火が見えるホテル・レストラン等は?

横浜港の周遊クルーズ船「ロイヤルウィング」

当日の18:00から乗船してディナーを堪能しながら船の上から花火を見るプランが毎年好評です。

設備は整っていますし、混雑もないし、大型船なので船酔いの心配もほぼゼロ。

ロイヤルウィング公式HP

記事作成日時点ではプランが発表されていませんが、毎年募集しているので、今年もきっとやると思いますよ。

いつも事前募集で満席になるので、興味のある方はロイヤルウィングのHPをチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す