相手が喪中のとき暑中見舞いは出す?その際のマナーや文例は?

暑中見舞いはがき

 

暑中見舞いを準備しようと思ったときに、いつも暑中見舞いを送っているお相手が喪中の時ってありますよね。

喪中の相手には年賀状を送らないのだから、「あれ?喪中の方に暑中見舞いって出していいんだっけ?」と悩んでしまいます。

結論から言うと「出して良い」のですが、いつもと違った心配りやマナーが必要になってきます。

喪中の方に暑中見舞いを出すときのマナーや文例についても確認しておきましょう。


スポンサーリンク

 

相手が喪中のとき暑中見舞いを出してもいいの?

そもそも「暑中見舞い」は、1年で1番暑い時期に、お相手の健康を気遣うという意味が込めれた「お見舞い」の手紙なのです。

喪中の方に年賀状のような「お祝い」の意味を持つ手紙は控えますが、お見舞いは相手を気遣う手紙なのですから、喪中かどうかは問いません。
喪中でも暑中見舞いを送ること自体は問題ないのです。

 

 

喪中の相手へ暑中見舞いを送る時のマナー

暑中見舞いを送ること自体は問題ないのですが、やはりいつもと違う配慮が必要です。

 

49日を過ぎるまで送らない

まだお相手が49日を過ぎていない場合には控えるのが一般的な配慮です。

葬儀後は、色々とバタバタしていたり、精神的にも余裕がなく落ち着かないでしょうから。

49日を待っていて、立秋(8月7日前後)を過ぎてしまったら残暑見舞いで出せばよいし、9月に入ってしまったら今年は出さないということで良いでしょう。

 

【喪中だが、49日がいつなのかわからない場合】
49日がいつなのか分からない時には、何も触れずに、サラリと相手の健康を気遣うような普通の文面の暑中見舞いで問題ありません。

 

絵柄は地味なものに

はがき裏面の絵柄は地味なもの、または無地の控えめなものを選びましょう。

 

重ね言葉は使はない

「重ね言葉」とは同じ言葉を2回重ねているもので、「ますます」「しばしば」「いよいよ」などです。

「重ねる」というのは「繰り返される」という意味を持ち、慶事(結婚)、弔事(葬式)において、繰り返されるということはよくありません。

暑中見舞いでは「くれぐれもご自愛ください」などと使ってしまいがちです。

細かい話ですが、気にされる方もいらっしゃいますので、死別が繰り返されると連想させる「重ね言葉」は使わないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

喪中の相手への暑中見舞い 文例

お悔やみの言葉は、必ず入れなければならないわけではありません。

暑中見舞いは宛名の方の健康を気遣うお見舞いですので、いつも通りの文面でも問題ありません。

では、お悔やみの言葉を入れる場合の文例をご紹介します。


暑中お見舞い申し上げます。

〇〇さんがご逝去なされてからご家族の皆様におかれましては寂しい日々をお過ごしかとお察しいたします。

お悔やみ申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

暑さ厳しき折から、どうぞ、お体に気をつけてお過ごしください。

平成○○年 盛夏


 

 

まとめ

喪中の相手への暑中見舞いは、49日を過ぎていれば出しても問題ないことが分かりました。

お相手はまだまだ悲しみが癒えていないのかもしれません。
いつもより気遣って暑中見舞いを出せば、あなたの気持ちは文面から伝わることでしょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す