ハゼ釣りの竿や仕掛けやエサはどうする?釣り方のコツはある?

 

ハゼ釣りは、初心者も子供も簡単に釣れて、道具類も手軽なので人気があります。

でも、簡単だからといって、適切な竿・仕掛け・餌を選ばないと、意外と釣れなかった!なんてことも。

そこで、ハゼ釣りに必要な道具類や、ちょっとした釣り方のコツをご紹介します。


スポンサーリンク

 

ハゼ釣りの道具~竿・仕掛けは?

ハゼ釣りのシーズンは、7月から11月くらい。
ハゼは、夏は浅場、秋になってくると深場に移動するので、釣りに行く時期に合わせて竿や仕掛けを替えましょう。

ただし、足元から深い釣り場や、防波堤のように陸から水面までが遠い釣り場だと、シーズンに関わらず、リール竿を使用します。

 

のべ竿でのハゼ釣り

シーズン初期の7月から9月は、ハゼは岸に近い浅場に寄っています。

この時期、足元が浅く緩やかに深くなっていくような釣り場では、リールを使わない「のべ竿(のべざお)」を使った釣りになります。

のべ竿では、ウキ釣りかミャク釣りで狙います。

 

のべ竿でのウキ釣り


ウキがピクピク動いたら合わせる、簡単な釣り方なので、子供さんにもおすすめ

ウキ釣りで大切なことは、餌が底に着くようにウキ下を調整すること。
ハゼは底に住んでいて、宙に漂っているエサをジャンプしてまで取りに来ません。

釣り始める時に、ハリに消しゴムとかおもりをつけて、釣り場の水深を確認してウキ下を合わせます。

竿の長さは、4.5m以上が理想ですが、長いと重くて、取り回しも難しくなってくるので、小学校低学年以下の小さな子供は3~3.6mくらいにしておいたほうが、本人もやりやすいと思います。

↓3.6mの竿にピッタリのウキ仕掛け(あとは3.6mの竿だけあればOK)

↓4.5mの竿にピッタリのウキ仕掛け(あとは4.5mの竿だけあればOK)

 

↓3.6mのお手頃のべ竿

↓4.5mのお手頃のべ竿

 

のべ竿でのミャク釣り

ミャク釣りは、ウキなしで釣る釣り方で、ハゼが餌を食ったときの振動を、竿先や竿を握る手で感じて合わせる釣り方です。

ウキ釣りより少し難しいですが、手返しよくいろいろな場所を攻めることができますし、確実に底をとることができるので、こちらの釣り方のほうが釣果は伸ばせます。

↓道糸

↓スナップ付きヨリモドシ
↓ナス型おもり
↓糸付き針

 

スポンサーリンク

 

リール竿でのハゼ釣り


ハゼは10月以降はだんだんと深場に移動していきます。

この時期は、のべ竿で届くような範囲には数が少なくなってきますので、リール竿で仕掛けを投げて釣ります。
また、護岸や防波堤のような水面まで距離のある足場の高い釣り場や、海=水深2m以上あるような釣り場でもまた、のべ竿では仕掛けがハゼのところまで届きませんので、時期に関わらず、このリール竿での釣りになります。

ハゼの場合、投げると言っても、10m~30m程度の近場ですので、初めての方でもちょっと練習すればすぐ届くようになりますよ。

投げたらそのままにしておくのではなく、10秒ほど待ってアタリがなければリールを少し巻いて、エサのある場所を変えて再び10秒ほど待つことを繰り返します。

↓2本針の仕掛け

↓天秤・オモリ・仕掛けがセットになっているものが便利

 

リール竿でのちょい投げ釣りイメージ(実際は動画よりもうちょっとゆっくり巻いてもいいかも)

 

 

ハゼ釣りのエサは?

ハゼ釣りのエサは、「虫エサ」がやはり良く釣れます。

・アオイソメ
・ジャリメ(石ゴカイ)
・細ミミズ

どれでも釣れますし、釣具屋さんで売っています。

ハリにつける量が少ないので、1日やるとしても、1パック買えば十分足りると思います。

ハリから垂らす量は、7,8月のハゼなら1cmくらい。
9,10月になってくるとハゼも大きくなっていますので、2cmくらいでちょうど良いです。

真夏はエサもすぐ弱ってしまいますので、クーラーボックスにしまっておいて、使う分だけ取り出して使うと良いですよ。

 

虫エサじゃないエサもある!

ミミズみたいなフォルムで、ちぎると汁が出てきて・・・。
慣れればなんてことないのですが、虫エサがダメな人もいるでしょう。

そんな時は、【ベビーホタテ】を使いましょう。

虫エサほどではありませんが、結構釣れます!

スーパーで食品トレーに乗って売っている、ホタテをむき身にしてある、ボイル済み、しかも小さめのやつが最高。

大人のホタテは大きすぎてダメ。缶詰も柔らかすぎてダメ。

釣りで使う量は、1人5個あれば十分。

耳?の部分ではなく、真ん中の白い貝柱の部分だけを使います。

貝柱のサイドからハリをかけて、身をえぐる感じでハリにつけるだけ。

針先が隠れていたら、指で調整して針先を出すようにしてください。

【注意】
虫エサのほうが釣れると思いますので、虫エサOKの人は虫エサがおすすめ。

ホタテは柔らかくて針から外れやすいので、のべ竿での釣り限定です。投げ釣りだと投げた瞬間、エサが外れてしまいます。

 

 

ハゼ釣り 釣り方のコツ

誰でも簡単に釣れるハゼ釣りですが、コツを知っているのと知らないのとでは、釣れる数に大きく差が出ます。

そこで、初心者の方でもすぐに実践できるコツや、やってしまいがちな間違いポイントをいくつかご紹介します。

 

  • とにかく底を釣る
  • ハゼは底にジッとしている魚です。
    特にウキ釣りの場合は、エサがしっかりと底に着くように、ウキ下を調整しましょう。
    干満の影響がある釣り場では、特に注意が必要です。
    エサとウキの距離は、水深の1.2~1.5倍くらいのイメージです。

 

  • エサをこまめに取り替える
  • 虫エサはエサ持ちが良いので、1匹釣れても針にエサが残っていたりします。
    しかし、たくさん釣りたいなら、動きの悪いエサや、中の汁がなくなってしまったエサは食いが悪いので、面倒でも取り替えるようにしましょう。
    だけど、大きすぎはダメですよ!先っぽばかり食われて針にかかりにくくなります。

 

  • 誘いを入れたり、広く探る
  • ずっと同じ場所に仕掛けを沈めていても、そこにハゼがいなければ釣れません。
    ですので、仕掛けを少しずつ手前に引っ張ってきながら、広く探ってみましょう。
    これが同時にエサを動かす誘いとなり、釣れやすくなります。
    自分の立ち位置から見て扇状に90度の範囲に仕掛けを投げ入れて良く釣れる場所を探し当ててください。

 

  • 釣っている場所を少し変えてみる
  • ハゼは動き回る魚ではないので、同じ場所にいる魚の数は限られています。
    1か所である程度釣って、釣れなくなってきたら、そこにハゼがいないのかもしれません。
    立ち位置を数m移動してみましょう。

 

 

ハゼを美味しい状態で持ち帰るために

7~9月にハゼ釣りに行かれる方も多いと思いますが、暑いですよね。

人間の暑さ対策も万全にしてほしいですが、釣ったハゼもそのままバケツなんかに入れておくと暑さですぐに死んで、鮮度が悪くなってしまいます。

ですので、小型のクーラーボックスは必ず持参しましょう。

中に保冷剤や氷を入れて持って行き、釣り場に着いたら少し海水を入れます。

ハゼが釣れたらすぐにクーラーボックスの中へ。

そうするとハゼはしばらくして死んでしまいますが、鮮度はキープできますよ。

帰る時には、(重いので)クーラーボックスから海水だけ抜いて帰ります。

↓ハゼ釣りだけならこの7L容量で十分

↓他の用途にも色々使うなら、少し大きめの13Lくらいが便利

 

 

ハゼ釣りの仕掛けと釣り方のコツ まとめ

ハゼ釣りは子供でもチャレンジできる、手軽で楽しい釣りです。

釣って良し、食べ良しのハゼは大人気。

道具類はこれで分かったので、あとは釣り場情報をしっかり集めて、楽しいハゼ釣りに出かけましょう!

 

関連記事

ハゼの良く釣れる時期について
>>ハゼ釣りの良く釣れる時期はいつからいつまで?場所を選ぼう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す