夏バテ対策や予防に良い食材 食べ物や飲み物は?

ゴーヤチャンプルー

 

夏になると、どうしても食欲が落ちて、あまり食べなくなったり、飲み物が多くなったりすることもありますよね。

でも、それだと余計に食欲が落ち、夏バテ体質になりかねません。

暑い夏こそしっかり食べて、栄養をバランス良く摂ることが大切です。

なかでも、特に夏に摂ってほしい、夏バテ対策の栄養を多く含む食べ物や飲み物をご紹介します。


スポンサーリンク

 

夏バテ対策に良い食べ物は?

夏バテ対策や予防には、エネルギー源、疲労回復、食欲増進となる栄養素を多く含む食材を積極的に摂ることが重要です。

炭水化物、たんぱく質、野菜や果物、乳製品などを毎食バランス良く取ると夏バテだけでなく、脱水症状にもなりにくくなります。

特に夏はビタミンも必要で、脂肪の分解や疲労回復に役立つビタミンBだけでなく、弱った胃の働きを助けるビタミンA、免疫力を上げるビタミンCも摂ることを意識するとよいでしょう。

 

ビタミンB1で疲労回復

ビタミンB1は、ごはんやパン、麺類、ジュースなどの糖質を分解する酵素の働きを助け、エネルギーに変えてくれます。
逆にビタミンB1が不足すると疲れやすくなります。
また、 ビタミンB1は汗からも排出されてしまうので、夏は積極的に摂る必要があります。

ビタミンB1を多く含む食材・食べ物は

うなぎ、豚肉、ハム、にんにく、枝豆、そば、たらこなどです。

 

アリシン

アリシンは、免疫増強作用、強い抗菌作用、また、ビタミンB1の吸収を高めてくれるスタミナ増強剤でもあります。

毛細血管を広げて胃腸や心臓の働きを高める効果もあり、冷房が苦手な冷え性の女性にもおすすめです。

アリシンを多く含む食材・食べ物は

長ネギ、ニンニク、ニラ、玉ネギ、らっきょうなどです。

 

ビタミンCで疲労回復、ストレス軽減

ビタミンCの抗酸化作用により、活性酸素の過剰な発生を抑制して、疲労回復に役立ちます。
また、暑さによるストレスで胃腸の働きが弱まると、自律神経が不安定になり、さらに夏バテが加速します。こんな症状に効果的なのがビタミンCです。

ビタミンCを多く含む食材・食べ物は

赤ピーマン、ピーマン、キウイ、トマト、ブロッコリー、ゴーヤなどです。

 

たんぱく質

たんぱく質は、体を作るもとになるので、不足すると疲れやすくなります。

たんぱく質を多く含む食材・食べ物は

卵、大豆、豆腐、しらす干し、チーズ、脂肪の少ない肉や魚などです。

 

クエン酸で食欲増進

乳酸の生成を抑制し、疲労回復につながりますし、酸味が唾液の分泌を促して食欲を促進させます。

クエン酸を多く含む食材・食べ物は

柑橘類(レモン、グレープフルーツなど)、梅干し、酢、キウイ、パイナップルなどです。

 

スポンサーリンク

 

夏バテ対策に良い飲み物は?

あんまり食べられないなあというときでも、夏バテ対策に良い飲み物もありますので、飲み過ぎない程度にこちらを活用するのも良いでしょう。

 

トマトジュース

トマトは夏の夏バテ対策の食べ物としても有効ですが、ジュースでも同様の効果が得られます。

ビタミンB1、カリウム、クエン酸などが含まれ、夏バテによる食欲不振にはうってつけでしょう。

 

牛乳

牛乳には良質なたんぱく質がたくさん含まれているのでおすすめです。
ただし牛乳を飲むと下痢をする体質の方はNGですね。

体に負担を掛けないように、少し温めて飲むのも良いでしょう。

 

甘酒

甘酒は冬の飲み物のイメージですが、江戸時代には、夏の風物詩として、夏に良く飲まれていました。

その理由は、水分と栄養分を手軽に補給する飲み物として夏バテ防止に一役買っていたからです。

甘酒はビタミンB群、アミノ酸、食物繊維など夏バテ予防の栄養がたっぷり入った栄養ドリンクなのです。

 

お酢ジュース

ブルーベリー酢、リンゴ酢など、フルーツ酢を水で割ったサワードリンクはいかがですか?

酢に含まれるクエン酸で疲労回復になりますし、美容・健康にも効果があると言われています。

 

味噌汁

味噌はたんぱく質豊富な大豆からできていますし、味噌汁に含まれている塩分で、汗をかいたり、水分を摂りすぎたりして、体内に不足したミネラル分を補うことができます。

 

 

まとめ

食欲がなくて、少ししか食べられないとしても、夏バテ防止に有効な食材や食べ物・飲み物を多めに取り入れることで、体が少しずつ元気になっていくことでしょう。

基本的には、バランスの良い食事を心がけ、睡眠を十分に取り、規則正しく生活することが、夏バテ防止には重要です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す