紫外線から髪を守るUVケア方法は?オイルやトリートメントも活用

 

日差しが強くなってくるとどうも髪がパサパサしてしまう・・・
それはもしかしたら紫外線のせいかもしれません。

女性にとって、髪にツヤや潤いがなくなってパサつくとオシャレをしてもテンションが下がってしまいますよね~。

そこで、紫外線によって髪がパサパサになってしまう原因を知り、ダメージを受けないようにヘアケア方法を知っておきましょう。


スポンサーリンク

 

紫外線の影響で髪が傷む理由は?

肌には紫外線対策をシッカリしていると思いますが、髪の紫外線対策はおろそかになりがち。

それなのに、髪や頭皮は、体の中で一番紫外線を浴びやすい場所にあるから、浴びる紫外線の量は肌よりも2倍~3倍も多いと言います。

紫外線からのダメージを一番最初に受けるのが、髪の表面を覆っているキューティクル。

このキューティクルが長時間紫外線にさらされると剥がれてしまったり壊れてしまいます。

キューティクルが剥がれてしまうと、その中にある油分や水分が抜けたり乾燥してしまって切れ毛になったりパサパサになったりしてしまうんです。

さらには、髪を黒く見せているメラニン色素も破壊されてしまい、髪が脱色したように茶色くなったりパサパサの髪になってしまうんです。

いったんダメージを受けてしまうと髪は簡単には元には戻りません。

ダメージを受ける前に、しっかりとUVケア対策をしておきましょう。

 

 

紫外線から髪を守る、紫外線を浴びない方法

紫外線からのダメージを減らすなら、一番有効なのは「紫外線を浴びない」こと。

 

  • 帽子をかぶる
  • 外出時はなるべく帽子をかぶって紫外線に当たらないようにしましょう。

    髪の長い人は、お団子などのヘアレンジをして。

    帽子はヘアケアだけでなく、夏の日射病の予防にもなるのでおすすめです。

 

  • 日傘をさす
  • 帽子はちょっと・・・という人は、日傘を活用しましょう。

    UVカット率の表示を確認して、数値の高いものを選ぶと確実です。

 

スポンサーリンク

 

紫外線から髪を守る、髪のUVケア

 

  • 洗い流さないトリートメント
  • UVカット成分を配合したアウトバストリートメントで紫外線対策が可能です。
    トリートメントには3種類のタイプがありますので、髪質や仕上がりの違いによってお好みのものを選ぶと良いでしょう。

    また、UVカット力の高いものほど肌への負担も大きくなるので、日常の2,3時間の外出なら低くても十分ですよ。

     

    1.オイルタイプ
    いちばんスタンダードなタイプで、どの髪質にも合います。
    多少、しっとりツヤ感が出るものが多いです。

    ミルボン【エルジューダ サントリートメント セラム】SPF25 PA+++
    UVカット効果が8時間持続。
    オイルタイプですがそれほどべたつかず、サラツヤという感じ。

     

    2.ミストタイプ
    ガス式じゃない、霧吹きのようなスプレーで出るタイプ。
    オイルのように重くならないので、サラサラに仕上げたい人向け。

    ミーファ【フレグランスUVスプレー クリア】 SPF50+ PA++++」
    6種類のオーガニック保湿成分を配合し、保湿しながらUVケア。
    上記の無香料タイプ以外にも、5種類の香り付きタイプもありますので、お好みで選べるのも楽しいですね。

     

    3.ミルクタイプ
    オイルよりもしっとり感が強いので、くせ毛、太い髪質の方向きです。

    人気があるのはこちら

    ミルボン【エルジューダ サントリートメント エマルジョン】SPF25 PA+++
    セラムよりもしっとり感が出ます。

 

 

  • 髪と頭皮にUVスプレーをかける
  • UVカット成分の入ったガス式のスプレーもありますよね。
    中には「髪の毛OK」のガススプレーもあります。

    ベタつきが少なく手軽ですし、頭皮にも届きやすいので、頭皮を紫外線から守るにもうってつけ。

    KOSE【サンカット 日焼け止め 透明スプレー 無香料 90g】SPF50+ PA++++
    ウォータープルーフで、髪にも頭皮にも使えます。
    10種類の植物エキス配合、みずみずしく爽やかなフルーティフローラルの香り。

     

    ヤマサキ【ラサーナ海藻UVスプレー 60g】SPF20 PA++
    髪「にも」使えるUVスプレーが多い中、「髪に使ってほしい」というUVスプレーがこちら。
    髪に優しい海藻エキスや保湿成分が配合されて、UVケアと同時にしっとり艶やかな髪をサポート。

 

 

紫外線から髪を守るUVケア方法 まとめ

外に出れば、どうしても紫外線の影響を受けてしまいます。

年々紫外線量が増えていますので、お肌だけではなく頭皮や髪の毛までしっかりUVケアをしていきましょうね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す