おはぎとぼた餅の違いは?お盆にもおはぎを食べるの?

おはぎ

 

お彼岸になるとおはぎを食べるのですが、あれってぼた餅とも言いますが、何が違うのでしょうか?そもそも何でお彼岸におはぎ?

また、お盆におはぎを食べるって方もいらっしゃいます。

などなど、おはぎとぼた餅にまつわる様々な疑問を解消しておきましょう。


スポンサーリンク

 

おはぎとぼた餅の違いって?

おはぎとぼた餅の違いは基本的にありません!

もち米をあんこで包んで作った食べ物であることに特に違いはないんです。

春のお彼岸に食べるぼた餅は、小豆の粒を春に咲く牡丹の花に、見立てて作ったもの。
そのため、《牡丹餅(ぼたもち)》と漢字で書きます。

いっぽう、秋のお彼岸に食べるおはぎは、秋に咲く萩の花に見立てて作ったもの。
そのため、《お萩(おはぎ)》と漢字で書きます。

このおはぎ・ぼた餅について、江戸中期の書物の『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』に、載っているのですが実際に誰が考えたのかは分からないとのこと。

あんこの材料である小豆は秋に収穫されます。

秋に収穫された小豆は採れたてで、柔らかかったので、皮をそのままにした粒あんを使っておはぎを作りました。

秋に収穫した小豆が、冬を越して春になると小豆の皮が硬くなってしまうので、皮を取ってこして作ったこしあんでぼた餅を作ったという昔からの知恵だったんです。

 

 

お彼岸におはぎやぼた餅を食べる意味や由来は?

仏教では、【赤色】は特別な色で古来から魔除けの力があると信じられていました。

おはぎやぼた餅に使われる小豆は、赤い色をしていますよね。
小豆は赤いために【邪気を払う】という意味があり、もち米は、みんなが飢えることなく食べ物が食べられるように【五穀豊穣】の願いが込められた食材なんです。

この小豆ともち米の【邪気を払う】と【五穀豊穣】の2つの意味を込めて、ご先祖様への感謝の気持ちと、家族が健康でいられるように、との願いを込めてお仏壇や墓前へお供えするようになったと言われています。

おはぎやぼた餅に使われる、お砂糖は室町時代になってから輸入されるようになりました。
しかし、お砂糖は高級品・・・実際に、現在のように小豆にお砂糖を混ぜてあんこを作って、おはぎやぼた餅として食べられるようになったのは、江戸時代になってからではないか?と言われています。

今やおはぎは誰もが食べられる和菓子ですが、昔はお供えにふさわしい高級品だったんでしょうね。

 

お盆におはぎを食べる地域もある

お盆も、お彼岸と同様、ご先祖様の霊を供養し冥福を祈る行事ですから、北海道など地域によっては、お彼岸の供え物として使われるおはぎがお盆にも用いられています

お盆は立秋を過ぎてますから、秋なのでぼた餅ではなく「おはぎ」を食べるわけですね。

 

スポンサーリンク

 

おはぎとぼた餅の夏と冬の呼び名は?

おはぎとぼた餅は、春と秋の呼び名でしたが、夏と冬にも異なる呼び名が・・・・

春:牡丹餅(ぼたもち)
夏:夜船(よふね)
秋:お萩(おはぎ)
冬:北窓(きたまど)

夏の「夜船」となった由来ですが、お餅をつく時に、杵(きね)と臼(うす)を使って「ペッタン、ペッタン」と大きな音を立ててお餅をつきますよね。
しかし、ぼた餅やおはぎはもち米を使って作りますが、音を出さないで静かに作ってしまうことができます。
そのために、近所の人もいつついたのかわからない『搗き知らず(つきしらず)』これを夜の暗い時間に船が、何時着いたのかがわからないこと『着き知らず(つきしらず)』と言葉遊びをして夜舟と呼びます。

冬の呼び名の由来も、夏と同じように音を出さないで作るところまで一緒。
『搗き知らず(つきしらず)』が『月知らず』になって、月が見えないのは北の窓ということで、『北窓(きたまど)』と呼びます。

杵(きね)を使って餅つきをしないで作れることから【つきしらず】が語源になった言葉遊びなんですね。

 

 

おはぎとぼた餅 まとめ

おはぎとぼた餅は、あんこが粒あんとこしあんに変わったりするくらいで基本的に呼び名が違うだけ。

それも、俗説がいくつかあってどれが本当なのかはわかりません。

魔除けや、五穀豊穣の願いが込められているのでお彼岸やお盆に、おはぎやぼた餅を感謝の気持ちを持って美味しくいただきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す