顔のテカリを抑える男性に!根本原因を改善する簡単な方法とは?

 

仕事で外出先から戻ってきたり、昼過ぎくらいになるとおでこや顔のテカリが気になってきます。

フェイスシートでフキフキするのも大切ですが、皮脂過剰に出る根本的な原因を知って、そこから改善してみるのも一つの方法。

皮脂量が正常になる簡単な対策を始めてみませんか?


スポンサーリンク

 

顔がテカる原因は?

顔のテカリには様々な原因があります。
保湿不足、ホルモンバランス、生活習慣の乱れ、体質などです。

この中で一番影響が大きいのがお肌の保湿不足です。

もともと人間のお肌は、水分が必要以上に出ていかないよう皮脂を出して、お肌を保湿しています。

顔も同様で、もし顔の皮膚の水分が足りないなと思ったら、お肌を保護するためにドンドン脂を出してきます。

「40代なのに、なんでこんなにテカるんだ?」というお悩み。

年齢を重ねることによって、顔のお肌の保湿力が低下しているんですね。
いっぽうで、男性はホルモンの影響で皮脂腺は40代になっても活発ですから、カラダが水分を守ろうとして必死に脂を出して、結果的にテカってしまうんです。

 

 

テカリを改善する対策は?

お肌の水分不足から顔が脂っぽくなるわけですから、

  • お肌に水分をしっかり補う
  • 水分が蒸発しにくいように適度な皮脂は取り除かない

そうすることで、「過剰な」皮脂分泌は抑えられます。

適切なスキンケアで皮脂と水分のバランスを保ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

では、具体的にはどんなスキンケアをしていけば良いのでしょうか?

 

優しく洗顔する

洗顔料は、皮脂が多いからといって洗浄力の強いものを使うと、保湿成分や細胞間脂質など肌に必要なものも除去してしまいます。
まずはよく泡立てて、こすって洗うのではなく、泡で包み込むように洗う感覚。

洗顔する時は、ご自分が思っている以上に優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

  1. ぬるま湯で予洗いする
    35℃前後のぬるま湯で顔をぬらします。
    こうすることで毛穴が開き、皮脂や汚れが落ちやすくなるのです。
  2. 洗顔料を良く泡立てる
    今までのように、手のひらで顔を洗うのではなく、泡の弾力で洗うようにしたいので、洗顔料にぬるま湯を加えて、手でモコモコに泡立てます。

    泡立ちが悪い場合は洗顔ネットやブラシを使うと楽に泡立てることができます。

  3. 泡で顔を洗う
    作った泡を顔に乗せて、泡を転がすように、円を描くようにして、手ではなく泡でこするイメージで洗います。

    泡で汚れを吸着させて洗い流すのです。

    皮脂腺の多いTゾーン(おでこ、鼻)はしっかりと洗いましょう。

  4. ぬるま湯ですすぐ
    ぬるま湯で十分にすすぎましょう。
    手のひらでシャバシャバッとこするようにすすぐのではなく、ぬるま湯を顔に浴びせてヒタヒタと洗い流します。
    すすぐ回数も20~30回は必要と心得ましょう。
  5. 清潔なタオルで拭く
    最後に顔を拭きますが、ここでもこするように拭くのではなく、トントンと押さえるように拭き取りましょう。
  6. 化粧水や乳液で保湿する
    最後に、お肌に潤いを補給し、逃さないために、化粧水や乳液などで保湿するとより効果的です。

 

普段使っている洗顔料ではなかなか泡立たないかもしれません。

こちらの【どろあわわ】は、ものすごいもっちり弾力泡が簡単に作れて、肌の摩擦を軽減します。

また、泥の力で汚れを吸着、豆乳発酵液で保湿滑らかケアをするので、汚れを落とすばかりでなく、同時に保湿ケアもできるので、ミドル世代には最適です。

 

化粧水でお肌の水分を補う

洗顔後は保湿剤で水分と油分を補給します。
ベトベトするからといって保湿を怠ると、過剰な皮脂分泌につながってしまいます。

化粧水+乳液(クリーム)を使うのがおすすめですが、2種類も使うのが面倒な方は「オールインワンゲル」という、化粧水と乳液成分が1つになったクリームがありますので、こちらでも良いでしょう。

【男性用のオールインワンゲル】

 

 

シートなどで皮脂を取り過ぎない

日中は、過剰な皮脂のみをティッシュなどでトントンとおさえて除去する程度にしましょう。

汗拭きシートやあぶらとり紙でゴシゴシ頻繁に取り除くと刺激になる上、水分も脂分も取り過ぎてしまい、逆に乾燥してしまいますよ。

 

 

顔のテカリ対策 まとめ

顔のテカリを抑えるのに大切なのは、水分と油分のバランスです。
水分を守ることと同時に、皮脂もある程度は必要なんですね。

「なんか洗顔が面倒くさい!」と思われたかもしれませんが、それならまずは洗顔料を変えたり、クリームを使用するだけでもだいぶ違うと思いますよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す