花粉症に効くお茶の種類と、その効果的な飲み方について

 

毎年ツライ花粉症を少しでも楽にしたいなら、花粉症に効くお茶を飲んでみてはいかがですか?

今回は、花粉症に良いとされる代表的なお茶をご紹介します。

また、いつからどのくらい飲めば良いのか?より効果を引きだす飲み方についてもお伝えします。


スポンサーリンク

 

お茶は副作用の心配がないのがメリット

花粉症に良い成分が入ったお茶を飲んでも、医薬品のようなしっかりした効果は見込めませんが、副作用の心配がないため、お子さんや高齢者、妊婦さんなどでも気軽に摂取することが可能ですよね。

また、薬を処方してもらっている方でも、補助的な役割としてお茶を飲むことはおすすめです。

色々なお茶が「花粉症に良い」と言われていますが、ここでは、その中でも比較的効果があるといわれているお茶に絞ってご紹介します。

 

 

花粉症に効くお茶【甜茶】

甜茶(てんちゃ)は、中国では旧正月などによく飲まれる甘みのある茶の総称。

原料となる茶葉には4種類あって

  • ユキノシタ科のアマチャ(甘茶)
  • アカネ科のギュウハクトウ(牛白籐)
  • ブナ科のタスイカ(多穂柯)
  • バラ科のテンヨウケンコウシ(甜葉懸鈎子)

このうち、花粉症の症状となる原因物質を抑えるGODポリフェノールが含まれているのは、バラ科の甜茶(甜葉懸鈎子)のみなので、これを飲むようにしましょう。

この「GODポリフェノール」がアレルギーの原因となるヒスタミンの放出を抑制し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの花粉症症状を緩和する効果があると言われています。

また、カフェインが含まれていないため、誰でも気軽に飲むことができます。

 

甜茶は独特の甘みがあり、その甘味が苦手という人も多いのですが、もしお茶で飲むのがムリでしたらサプリメントでも販売されているのでそちらを試してみるという方法もありますよ。

 

甜茶の効果的な飲み方

 

  • 花粉が飛び始める3週間くらい前から飲み始める
  • 甜茶は症状が出始めてから飲んでもある程度実感できるのですが、予防対策として活用すると、より効果を期待できます。

 

  • 1日1Lをこまめ分けて飲む
  • 甜茶葉3gを1Lの水で5分ほど煮出したものを冷蔵庫にしまっておくなどして、朝昼晩など、毎日こまめに飲むのが理想的です。

 

スポンサーリンク

 

花粉症に効くお茶【べにふうき茶】

べにふうきは、もともとは紅茶用の品種だったのですが、輸入品に押されてほとんど売れなかったのです。
そこで、緑茶に加工してみたら「メチル化カテキン」が多く発生することが分かり、この成分が花粉症などのアレルギー反応を抑制してくれることが注目され、一躍有名になりました。

花粉症の症状である鼻水や鼻詰まり、くしゃみ、目のかゆみといった症状を緩和してくれます。

べにふうき茶には紅茶と緑茶がありますが、花粉症対策として飲むなら緑茶を選んでくださいね。

 

このべにふうき茶ですが、苦味と渋みがあります。

苦手な方は、メチル化カテキンを残しながらも苦味渋みを軽減した粉末タイプを購入するのも良いでしょう。

 

べにふうき茶の効果的な飲み方

べにふうき茶は、花粉症の諸症状が出た時に飲むことによって、症状を緩和するものなので、即効性があります。
逆に、花粉の飛散前から予防的に飲んでも意味がありません。

 

  • 茶葉は5分以上煮出す
  • 熱湯で5分以上煮出すと、メチル化カテキンが十分に抽出できます。

 

  • 3時間ごとを目安にこまめに飲む
  • メチル化カテキンは、飲んでから3,4時間たつと徐々に効果がなくなってきますので、一度にたくさん飲むのではなく、こまめに飲むのが良いです。

 

  • 粉末タイプも活用する
  • 煮出すのは面倒だし、煮出し時間が長いと渋みも増して飲みにくくなったりしますので、メチル化カテキンが豊富に含まれた粉末タイプのべにふうき茶を活用すると便利です。

 

 

花粉症に効くお茶【ルイボスティー】

ルイボスティーは、ルイボスという豆科の低木の葉を乾燥させて作る飲み物。
南アフリカが主な生産地で、現地でも健康茶として飲まれています。

紅茶のような色で、ほのかに甘みがあり、ノンカフェインですので、どなたでも安心して飲むことができます。

ルイボスティーに含まれる「SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)」という成分が、高い抗酸化作用を持っていて、花粉症症状の原因となっている体内の過剰な活性酸素を取り除くことができるんです。

ルイボスティーが人気なのは、ミネラル類がバランスよく含まれているし、SODだけでなく、《ルテオリン》や《ケルセチン》というポリフェノールも含まれていて、抗酸化力が高いので美容目的にも最適だからでしょう。

Amazonで一番売れているルイボスティーがこちら

 

ルイボスティーの効果的な飲み方

 

  • 花粉が飛び始める3週間くらい前から飲み始める
  • 症状の出にくい体質になるために、予防対策として事前に飲み始めることをおすすめします。

 

  • 10分以上煮出す
  • ルイボスは長く煮だすことにより、様々な成分がよく抽出されるので、10分~15分以上煮出すのが良いでしょう。

 

  • 毎日こまめに飲む
  • 1日あたりコップ3杯分を朝昼晩など3回くらいに分けてこまめに飲みましょう。
    過剰摂取は下痢などの体調不良になることもありますので、1日に飲む量は3杯を限度に。

 

 

花粉症に効くお茶 まとめ

花粉症の症状を緩和してくれる飲み物も色々とありますが、人によって効く効かないは様々なようです。

しばらく飲み続けてみて、ご自分に合うお茶を探すことも大切ですね。

お茶をつらい花粉症を乗り越える手段の一つとして活用してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

>>花粉症に効く食べ物は何?ヨーグルトがいいって本当?

>>風邪や花粉症の鼻づまりを今すぐ治す解消方法4選!

>>花粉症による肌荒れを治せるおすすめ市販薬は?ワセリンが最強?

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。