2017年の郵便はがき料金値上げはいつから?交換した方がいいの?

郵便はがきが久々に値上げになります!

ニュースで言っていた記憶はあるものの、いつからいくら値上げかはっきり覚えていなかったのです。

でも、今日郵便局にはがきを買いに行ったら、窓口の方が値上げの件をリーフレットとともに教えてくれました。

値上げが近いんですね。これを機にしっかり調べてみました。

 


スポンサーリンク

 

2017年の郵便はがきの料金値上げはいつから?

郵便はがきの料金は2017年6月1日(木)から、52円から62円に値上げになります。

はがきの値上げは消費税率が8%に上がった2014年4月以来、3年ぶりとなりますが、消費増税以外の理由で上げるのは23年ぶりとのこと。

人件費の上昇などで郵便事業の収支が悪化していることなどが主な理由だそうです。
 
 

郵便はがき以外にも値上げがあります

実は、はがき以外にも同じタイミングで値上げされるものがあるので注意が必要です。

 

往復はがき

往復はがきも、現行の104円から124円になります。

 

定形外郵便物

定形サイズに収まらない「定形外郵便物」の料金は、今までは重量別に料金が決まっていましたが、2017年6月1日(木)からは、新規格「長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3㎝以内 及び 重量 1kg以内」に収まるかどうかによって料金が決まり、この規格に収まらない場合は新料金体系によって料金が決まります。

 

ゆうメール

ゆうメールも、今までは3kg以内、3辺合計1.7m以内なら、重量の違いだけで料金が決まっていましたが、2017年6月1日(木)からは、定形外郵便物と同様、新規格「長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3㎝以内 及び 重量 1kg以内」に収まるかどうかによって料金が決まり、この規格に収まらない場合は新料金体系によって料金が決まります。

 

スポンサーリンク
 

年賀はがきは値上げなし

はがきのうち、年賀はがきは52円に据え置かれます。

ただし、年賀はがきを52円で送るためには条件があり、

  • 日本郵便が発行する年賀はがき、または通常はがきの表面に「年賀」の文字を朱記したもの
  • 12月15日から翌年1月7日の間に差し出されたもの

とのこと。

少しややこしくなりましたね。

 

 

52円はがきは使えなくなる?交換必要?

お手持ちの52円はがきは、2017年6月1日(木)を過ぎても使用できます。

【追加貼付の場合】
ただし、料金が不足しますので、不足分の10円切手を追加で貼付する必要があります。

元のはがき52円 + 不足分切手10円 = 62円
 
【交換する場合】
郵便局に持ち込んで62円はがきに交換することもできますが、不足分の10円と交換手数料が1枚当たり5円で、合計15円かかります。

元のはがき52円 + 不足分10円 + 手数料5円 = 67円
 
交換すると1枚につき5円余分にかかるんですね。
 
【年賀はがきの交換は?】
年賀はがきは西暦や干支が印字されているので、交換したほうが使いやすいのですが、料金据え置きとはいえ、前回の年賀はがきを今回の年賀はがきには交換してくれません。

交換するとしたら、通常はがきか切手に交換することになります。
 
 

家にある「52円切手」は交換できる?

はがきじゃなくて、「52円切手」をストックでお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか?
(うちにはその前の50円切手と80円切手もいっぱいあります。。。)

10円切手を追加で貼るのも美しくないので、切手もできれば交換したいですけど、どうなんでしょうか?

残念ながら切手も交換手数料が1枚につき5円かかります。

従いまして、52円切手を62円切手に交換したい場合、はがき同様、+15円かかります。

うちの場合は結構余っているので、あきらめて、はがきに52円切手を2枚貼っています。
 

新料金のはがきや切手はいつから発売?

郵便はがきの新料金(62円)に対応した切手・はがきは2017年5月15日(月)から郵便局等で発売されます。

 

 

まとめ

郵便はがきの料金は2017年6月1日(木)から値上げなんですね。

大量にはがきを送る予定のある方は、できれば値上げ前に発送しておきたいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す