お中元をやめる時のタイミングやマナー、上手にやめる方法は?

お中元

お中元は、「今後もお世話になります」という継続的なお付き合いを表しますから、一度贈り始めたら、継続して贈るのが原則です。

でも、時がたつと、様々な事情で疎遠になってしまい、ここ数年一度も顔を合わせていないのに、お中元お歳暮年賀状のやり取りだけはしっかり残っているケースって出てきますよね。

気持ちのこもっていない贈り物は辞めたくなりますが、急に辞めると、先方に失礼になるのでは?と悩むところです。

両親や義父母でしたら、「もうお中元お歳暮はやめませんか?その代わり、子供が産まれたし、ちょくちょく顔を見せに行きますよ!」という感じで打診すると、意外とすんなりOKしてくれるでしょう。

しかし、それ以外の方にはどう対応すればいいのか?を考えていきましょう。

 


スポンサーリンク

 

お中元をやめる!やめたい!けどOKなの?

今まで贈っていたお中元をやめること自体は特に失礼にはあたりません。ただ、いきなりブツッと切るのは印象が悪いので、その点は配慮します。

そもそもお中元は、日ごろお世話になった方への感謝の気持ちを表すものなので、その基準に照らして贈るかどうかを判断すればよいのです。

でも、実態は、お世話になっていたから贈り始めたものの、転勤や退職等の変化によって疎遠になってしまった人にも、やめるタイミングを逸して、惰性で贈り続けていることもあるでしょう。

交流がない人にお中元を贈るのは、時間が経てば経つほど、こちらも受け取るほうも互いに精神的に負担になってしまいます。

そういうときは、失礼にならないタイミングと方法でやめてしまうのも一つの方法です。

 

 

お中元をやめるタイミングは?

お中元をやめるのにちょうど良いきっかけ・タイミングはないものでしょうか?

・引越しで付き合いがなくなった
・転勤や人事異動で顔を合わせなくなった。
・会社を退職して、付き合いがなくなった。
・子供が産まれた。
・子供の進学、卒業があった。
・身内に不幸があった。

これらがきっかけで、お互いに連絡を取らなくなるようならやめ時といえます。

環境の大きな変化があった際に、近況報告を兼ねて連絡をし、その中でさりげなくお中元をやめましょうと話を振ることもできます。

 

仲人へのお中元のやめ時

昔は、結婚の仲人をお願いした方には、ずっとお中元やお歳暮を贈る習慣もあったのですが、最近は、3年(または5年)でやめるのが一般的とされていますので、こちらは安心してストップできます。

 

スポンサーリンク
 

お中元の上手なやめ方、マナー

しかし、やめ時を逃してしまった・・・という場合はどうしたらよいのでしょうか?

毎年恒例になっている贈り物は、何かのきっかけがないとやめにくいものです。
そういう状況で、相手に不快感を与えないようにやめるには、ある年にいきなりやめるのではなく、1年後にやめることを前提に、今年のお中元から対策することが重要です。

では、どうやるのか?

 

今年はいつも通り、お中元を贈ります。
そして、相手からもお中元が届いたら、お礼状の文面に

【例文】「いつも結構なお品をいただき、ありがとうございます。今後はどうぞお気遣いなく、よろしくお願いいたします。」

「今後はどうぞお気遣いなく」という、気楽なお付き合いにしたいという気持ちを書き添えるといいです。

そして翌年はお中元を贈るのをやめ、暑中見舞いなど、季節の挨拶のみにします。
前年のお礼状で、こちらの意向を伝えてあるので、相手も同じように季節の挨拶のみになることがほとんどです。

疎遠の方に贈り続けることは、相手も負担に感じていたでしょうから、これで失礼なくお中元をやめられます。

 

他にもいろいろなケースがありますよね

経済的に続けるのが難しい場合もあり、やめたい理由にはいろいろなケースがあると思います。

年末にお歳暮も贈っているのでしたら、お中元をやめてお歳暮だけに絞ることも可能です。

義父母に対しては、実子側から話してもらうほうが、角が立たず、スムーズにやめられることが多いようです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

お中元をやめるタイミングは、環境の変化によって疎遠になった時が良いですね。

また、急にやめるのではなく、1年ワンクッションを入れてからやめるのが失礼のないやめ方です。

お金がもったいないからとか、面倒だからと、安易にやめるのではなく、お中元の目的である「日頃の感謝の気持ちを表す」ことが必要かどうかで判断すれば、「やっぱりやめるんじゃなかった!」などと失敗することもないと思いますよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す