喪中の時にお中元を贈っていいの?のしやお礼状のマナー紹介

蓮

お世話になった方にお中元を贈ろうという時に、自分が喪中、または、贈り先が喪中の場合もありますよね?

そんなとき、お中元を贈ってよいのかどうか迷ってしまいます。

そこで、喪中の時のお中元、贈ってよいのかどうか、贈るなら配慮すべきマナーはあるのかをまとめました。

 


スポンサーリンク

 

喪中の場合、お中元は贈って良いの?

お中元やお歳暮はお祝い事ではなく、お世話になった方々への贈答の習慣です。喪中であるから禁忌であるわけではありません。

ですので、例年通りにお中元を贈って良いのですが、四十九日(忌中)が過ぎてから贈るのが通例です。

 

 

喪中の方に贈る時のマナー、気をつけること

 

贈り物は、通常と異なる配慮を

贈答品とは、贈って嬉しい、贈られて嬉しいものが基本ですので、相手が生活する中で、何が喜んでいただけるかを意識して選ぶのは変わりませんが、派手な包装や 華やかな物、お線香やお花などお供物にあたるものは避けたほうがよいでしょう。

また、喪中の時は、お盆の時期と重なって、他にたくさんのお供物を頂くことも考えられるので、こちらから贈る場合は、日持ちのするものを選んだ方が良いかもしれません。

 

無地の「のし紙」を使う

喪中の相手に贈る場合、慶事の意味合いをもつ紅白の水引や熨斗は使いません。

熨斗や水引がない短冊状の「のし紙(白短冊)」や、無地ののし紙(奉書紙と言う)の表書きに「お中元」「暑中お見舞い」と書いたものを使います。

 

贈る時期を考慮する

お中元はお礼の挨拶なので、忌中(四十九日)に贈っても原則的には問題ないのですが、四十九日法要が済むまでは先方もなにかと慌ただしいでしょうから、贈る時期を遅らせるのがマナーでしょう。

また四十九日以内だと、香典の意味合いが強くなります。

四十九日の時期を避けることでお中元の時期をはずしてしまう時は、上書きを『暑中御見舞』や『残暑御見舞』に変えて贈ればまったく問題ありません。

 

スポンサーリンク
 

喪中の時のお礼状は?

お礼状は、お中元を頂いたことへのお礼の手紙ですから、自分が喪中であることや、先方の故人のお悔やみの言葉を併記しないほうがスッキリしています。

お礼と連絡(喪中欠礼はがき)は別モノと考えておきましょう。

しかし、喪中ならではの言葉の配慮は必要でしょう。
お礼状の中で、おめでたい言葉や祝いの言葉は避けるようにしましょう。

それ以外は、通常のお中元のお礼状と同様に扱えばよいのです。

 

 

まとめ

喪中だとしても、四十九日を避ければ贈って良いことが分かりました。
ただし、のしや時期などに少し配慮が必要なんですね。

こういう時のお中元だからこそ、しっかりマナーを守って、気配りのあるお中元を贈りたいものですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す