加湿器を使うときに効果的でおすすめの設置場所や高さは?

 

空気が乾燥してくると、風邪やインフルエンザの予防のためにも、加湿器を利用するのがおすすめ。

でも、効果がしっかりと出る設置場所を知っておかないと、せっかくの加湿器も本来の力を発揮できないですし、電気代ももったいないですよ。

どこに設置するのが良いのでしょうか?


スポンサーリンク

 

加湿器の効果が高い設置場所はどこ?

加湿器の効果が最も高くなる設置場所は部屋の中央寄りになります。

部屋の中央寄りに設置する理由は、窓や壁の近くに設置してしまうと加湿器から出てくる水蒸気が急激に冷やされてしまい、結露が発生しやすくなってしまうからなんです。

結露は、カビを発生させる原因にもなってしまいます。

 

エアコン併用ならエアコン直下がベスト

エアコンで暖房しているときは、エアコンの真下がベストですよ。

真下に置くとエアコンの力で部屋全体に加湿された空気が広がるので最も効果が高い設置場所になります。

もし、エアコン以外の暖房機でしたら同じように吸込口の近くに置くようにしてくださいね。

 

 

逆に設置しないほうが良い場所は?

ここは置かないほうがいいでしょ!という場所もありますよ。

 

エアコンの風が当たるところはNG

同じエアコンでも、エアコンの吹き出した風が直接当たるような場所に加湿器を置くと、今度は加湿器の湿度センサーがエアコンから出てくる乾いた温風の影響を受けて狂ってしまうんです。

エアコンの乾いた空気を加湿器が感知して湿度を必要以上にあげようとしてしまうために、湿度が過多になってしまうこともありますよ。

 

出入り口など空気が動く場所もNG

換気扇の近くや部屋のドア付近はあまりお勧めしません。

こういった場所は、空気の入れ替えが激しい場所のためにせっかく加湿した空気がすぐに部屋の外に出てしまうんです。
そのために、部屋の湿度が上がりにくくなってしまいます。

 

家電製品の近くもNG

まあ、当たり前ですけど、テレビやパソコンなどの家電製品を湿気させるような場所も良くないですよね。

加湿器と家電製品をあまりに近づけて置くと、家電製品の中に水蒸気が入り込み、家電製品が故障する恐れがあります。

 

スポンサーリンク

 

加湿器の設置場所で、高さは関係あるの?

加湿器の設置するのに最適な高さは、70cm~100cmくらいの高さが最適です。

空気は温かいと軽くなって上のほうに溜まり、足元付近の空気は相対的に温度が低いことが普通です。

加湿器のセンサーは、同じ部屋だとしても、温度が低いと湿度は高く、温度が高いと湿度は低いと判定するので、低い位置に加湿器を置くと、すでに湿度が高いということで、本来必要な加湿動作をしません。

私たちの顔の高さの空気を適切に加湿するためには、加湿器を少し高い位置に設置したほうが良いというわけです。

 

 

加湿器のお手入れはこまめに!

せっかく加湿器の効果が高い場所に設置をしてもメンテナンスをサボっていては、中に雑菌などが繁殖して、小さなお子さんなどは体調を悪くしてしまうかもしれません。

水の交換やフィルターの掃除などはこまめに行うようにしましょう。

 

※加湿器の掃除のしかたはこちらの記事で。
>>加湿器はクエン酸で簡単お掃除

 

 

まとめ

湿度が30%以下になると、肌や目が乾きますし、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

加湿器をより効果的に利用して、保湿や風邪予防などに役立てたいですね。

併せて、お手入れのほうも少し面倒ですが、こまめに行うことを心がけてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す