インフルエンザ 風呂はいつから入れる?他の人に感染しない?

 

インフルエンザにかかって数日たつと熱も下がってくるので、お風呂に入ってさっぱりしたくなりますが、いつごろから入浴OKなのでしょうか?

また、ご家族がいる場合、自分が入ったためにお風呂で他の人に感染しないかも心配です。

インフルエンザの時のお風呂での注意点をまとめます。


スポンサーリンク

 

そもそもお風呂に入っていいの?

小さいころ、親に「風邪を引いたらお風呂に入ってはいけません!」なんて言われた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、それは昔の話で、風邪やインフルエンザの時にお風呂に入ること自体は、体温が上がって免疫力が高まりますし、汗を流して精神的にリフレッシュできるので、湯冷めや長湯(体力消耗)をしないように気をつければ、全く問題ないことです。

 

 

インフルエンザ お風呂はいつから入っていいの?

インフルエンザの症状の出方やその人の体調には個人差がありますので、「インフルエンザに感染してから〇日後ならお風呂に入ってもOK」というのは難しいんですね。

目安としては、熱が37℃~37.5℃程度まで下がっているようでしたら入っても大丈夫でしょう。

しかし、熱が37℃程度と言っても、体調がすぐれない場合は避けたほうがいいんです。

お風呂に入るということは血圧が上がり、汗をかくので、運動をしているのと同じなんです。

ただでさえ体力を消耗しているのに、さらに追い打ちをかけてしまうので、無理は禁物ですよ。

 

その他にも、悪寒や頭痛・筋肉痛などの症状が出ていて辛い時にも無理にお風呂に入るのは避けましょう。

体力が消耗していますので、まずは安静にして体力を回復させるのが先決です。

 

無理せず濡れタオルで拭くだけでも

とはいっても、高熱で汗をたくさんかいたりしていますので、身体がベトベトして気持ち悪いこともあるでしょう。

体調が整わなくても、温かい部屋で、温かい濡れタオルで身体を拭く程度でしたらOKです。

身体を拭く程度でしたら、体力を消耗することもないですし、さっぱりとして気持ちもいいですよね。

もしくは、湯船に浸からずに、温まったお風呂場で、シャワーだけでサッと済ませるのも良いかもしれません。

 

 

インフルエンザはお風呂で感染する?

インフルエンザはお風呂では、感染する確率が低いんです。

インフルエンザウィルスは、気温が20℃以上湿度50%以上になると、生存確率が急激に下がります。

お風呂場は室温は20℃以上でしょうし、湿度は90%以上でしょうから、ほぼ死滅していることでしょう。

それに、石けんやお風呂のお湯で体の外に付着しているインフルエンザウィルスは洗い流されてしまうために、さらに感染する確率は低くなるんです。

 

ただし、絶対に感染しないとはいえません。

というのも、ウィルスが死滅するまでに少し時間がかかることもあるでしょう。

お風呂場のドアノブに付着しているかもしれません。

バスタオルを共有していれば、タオルから接触感染するかもしれません。

お風呂場の中だけが、感染経路とは限らないんです。

確率は低いと思いますが、これらの危険性を避けるためにも、インフルエンザに感染している人は、一番最後にお風呂に入るのが安心です。

これらのことから、インフルエンザの時にお風呂に入る時の注意点を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

お風呂に入る時の注意点

お風呂に入ったことで体調が悪化しないよう、また、他の人にうつさないよう、いくつかの注意点を守って入るようにしましょう。

 

入る前からお風呂場と脱衣所を温めておく

お風呂や脱衣所が寒いと体が冷えてしまいますので、あらかじめ脱衣所にヒーターや電気ストーブなどを設置したり、バスタブのフタを開けておいたりして、温めておきましょう。

お風呂から出る時も、脱衣所が温かければ湯冷めもしにくくなります。

 

長風呂をしない

インフルエンザで体力が落ちている状態で長風呂をすれば、さらに体力の消耗してしまい、体調が悪化しかねません。

湯船に浸かるのは体が多少温まる程度の2,3分だけにして、あとはシャワーでサッと汗を流す程度にしてください。

 

洗髪したらしっかり乾かす

もし洗髪をした場合ですが、お風呂から上がったらすぐにドライヤーを使って髪を早く乾かしましょう。

髪が濡れたままの状態が長く続くと、体温が奪われてしまいせっかく治りかけているインフルエンザの症状が悪化してしまいます。

 

お風呂に入る前と後に水分補給をする

インフルエンザの時には、熱などで体の中の水分が普段よりも不足気味になっています。

お風呂に入れば、自然と汗をかきますので、さらに体の中の水分が少なくなってしまいます。

脱水状態を防ぐためにも、お風呂に入る前に水分補給をしておいて、お風呂から上がった後にも、水分補給をしておくことで体調を悪化させないようにしましょう。

 

バスタオルを共有しない

バスタオルを共有していると、身体を拭く時にインフルエンザウィルスがタオルに付着する可能性があります。

そのタオルを他の家族が使えば、接触感染してしまう可能性が高いので、この時ばかりは共有せずに、使ったタオルはすぐに洗濯カゴに入れましょう。

 

お風呂を一番最後にする

お風呂場は、高温多湿でインフルエンザウィルスもほとんど死滅してしまい、感染する確率はかなり低いのですが、それでも接触感染してしまう可能性が残っています。
念のため、他の家族が入った後に、一番最後に入浴をするようにしましょう。

最後だと、お風呂場も温まっていますのでちょうど良いですね。

 

 

まとめ

インフルエンザにかかっても、熱が下がり、体調も戻っていれば、お風呂に入っても大丈夫です。

ただし、いつも通りとはいかず、短時間で、湯冷めしないように注意しながら入りましょう。

お風呂から出たら、湯冷めをしないよう、身体が落ち着いたらさっさと布団に入って、早く元気になりましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す