妊婦はインフルエンザ予防接種OK?副作用リスクや時期は?

 

上の子や主人が外からもらってくる可能性もあるから、妊娠中にインフルエンザにならないように、予防接種を受けたほうがいいかも?でも、副作用とかおなかの子への影響が心配。

インフルエンザの予防接種は妊娠中(妊婦)でも受けて良いのでしょうか?
副作用リスクや避けたほうがいい時期とかあるのでしょうか?


スポンサーリンク

 

妊娠中に妊婦がインフルエンザ予防接種を受けても良いか?

結論から言うと、

インフルエンザワクチンの母体および胎児への危険性は妊娠全期間を通じて極めて低いため、妊婦さんはいつでもワクチンを接種することができます。(妊娠初期でも問題なし。)

インフルエンザウイルスが直接、おなかの赤ちゃんに影響を及ぼす心配はありませんが、妊婦さんはインフルエンザにかかると重症化するケースが多いので、予防接種を推奨している機関もあります。

 

ただし(妊婦さんだからというわけではありませんが)卵アレルギーのある方(鶏卵、鶏卵が原材料に含まれている食品類を日常的に避けている方)では予防接種でアナフィラキシーショックの可能性があります。

ですので、卵アレルギーのある妊婦さんは、ワクチン接種は控えましょう。

 

権威ある機関などもOKと言っている

産婦人科の医師たちが指標としている、日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会作成の「産婦人科診療ガイドライン」や、国立成育医療研究センターでも、妊娠中にインフルエンザワクチンを接種することは問題ないとしています。

 

現在使用されているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンであり、理論的に妊婦、退治に対して問題はなく、約2,000例のインフルエンザワクチン接種後妊婦において児に異常を認めていない。
国立感染症研究所は妊婦にワクチンを接種した場合に生ずる特別な副反応の報告はなく、また妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種しても退治に異常の出る確率が高くなったとするデータもないと報告している。
妊娠初期の接種は避けた方がいいという慎重な意見もあるが、流産・奇形児の危険が高くなるという研究報告はないため、妊娠全期間に置いてワクチン接種希望の妊婦には摂取可能とした。
日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会「産婦人科診療ガイドライン」

 

日本で使用されるインフルエンザワクチンは、生ワクチンではないので重篤な副作用は起こらないと考えられ、一般的に妊娠中のすべての時期において安全であるとされています。妊娠初期に従来のインフルエンザワクチンを接種しても奇形のリスクがないという研究結果もあります。
国立成育医療研究センター

 

スポンサーリンク

 

防腐剤(チメロサール)入りワクチンでもOK

日本のインフルエンザワクチンには、防腐剤としてチメロサールを含んでいるものと、含んでいないものとがあります。
以前は、防腐剤入りのものは胎児が自閉症になるリスクがあるといわれていたこともありましたが、これも研究により今は否定されています。
チメロサールの含有量もごく少量ですので、妊婦さんが接種しても問題ないとされています。

参照元:日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会「産婦人科診療ガイドライン」

 

 

妊婦さんがインフルエンザになると重症化しやすい

ただでさえかかるとつらいインフルエンザ。

妊娠中は妊娠していない人に比べて免疫力が低下しますので、妊娠中は、風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなります。

WHO(世界保健機関)によると、妊娠28週以降の妊婦がインフルエンザに感染してしまうと重症化しやすいといわれています。

また、妊婦さんがインフルエンザを発症すると、重篤な合併症を起こしやすいともいわれています。
妊婦さんがインフルエンザ流行中に心肺機能が悪化して入院するリスクは、妊娠週の数に比例して通常の1.4倍~4.7倍に増加するとの報告があります。

 

 

予防接種すると生まれてくる赤ちゃんにもメリット

インフルエンザワクチンを妊娠28週以降に接種した妊婦さんから生まれた赤ちゃんは、生後6か月までのインフルエンザにかかる率が63%減少するとの報告があります。

ふつう、生後6か月未満の乳児へのインフルエンザワクチンの接種は認められていないため、妊婦さんがインフルエンザ予防接種を受けておくと、赤ちゃんにもメリットがあるとも言えますね。

 

 

予防接種を受けるメリットはけっこうある

こう見ると、妊婦さんが予防接種を受けるメリットは多いですから、希望する方は受けたほうが良さそうですね。

万が一出産予定日近くなってインフルエンザにかかってしまったら大変なことになりますよね。

  • 妊婦だからといって特別に副作用はないという専門機関の見解。
  • 妊娠中にインフルエンザにかかるとつらいし、重症化しやすい。
  • 一般的に、予防接種を受けておけば、たとえインフルエンザにかかったとしても重症化しにくい。
  • 妊娠末期の接種なら赤ちゃんの予防効果も期待できる。

 

予防接種を受けてから妊娠が分かったら

妊娠しているとは知らずにインフルエンザ予防接種を受け、その後に妊娠が分かった場合、心配になる方もいるかもしれません。

でも大丈夫です。

妊娠初期に接種を受けたために胎児に異常が出る確率が高くなったという報告はありません。
予防接種を受けた後に妊娠が判明しても全く問題ありませんので、安心してください。

 

 

まとめ

インフルエンザの予防接種は、妊娠中全期間でうけることができます。

でも、先生によっては、妊娠初期は避けたほうが良いと考えている場合もあり、妊婦さんの予防接種を受け付けてくれない病院もあるようです。

予防接種を受けようと思ったら、まずはかかりつけの産婦人科の医師に相談することをおすすめします

また、ご家族の方(旦那さん、お子さん)にもインフルエンザ予防接種を受けてもらって、家族全員がインフルエンザにかからないように対策をしておいた方が安心ですよね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す