「母の日にプレゼントいらないよ」と言われたときの対処法

母の日のプレゼント

母の日が近づいてくると、プレゼントどうしようかなって毎年悩みますよね。
毎年カーネーションで良いのか?
義母には何を贈れば喜んでもらえるのか?などなど・・・

でも、たまにあるのが、お母さんから

「たくさんもらったから、もう母の日にプレゼントいらないからね!」

と言われてしまった場合。

額面通り受け取って、本当に贈らないことにするのか、それともやっぱり何か考えた方が良いのか、余計に悩みます。

こういう場合にどうしたらよいのか、一緒に考えてみましょう。

 


スポンサーリンク

 

「母の日にプレゼントいらない」その心は?

お母さんが「もういらないよ!」と言うのは、おそらく次の二つの理由のどちらかでしょう。

子供に経済的負担をかけさせたくない

数千円とはいえ、子供に負担を掛けたくないという親心で、「気を遣わないでいいよ」という意味合いで言っているのかもしれません。

親が子に対し、自分の生活や将来に備えて、自分のためにお金を使ってほしいと思うのは自然なことです。

プレゼントってお金の問題だけじゃないのですが、現実主義のお母さんなら「もういらないよ!」って言ってしまうのでしょう。

 

欲しいものが特にない

親世代くらいの歳になると、欲しいもの、必要なものは大抵揃っているし、物欲自体もなくなってきます。
あるいは、家じゅうモノであふれているので、あまりモノを増やしたくないのかもしれません。

そういった気持ちから、正直なお母さんは「いらないよ」と言っている可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

 

「母の日プレゼントいらない」と言われたらどうする?

親の気持ちを尊重すれば、「何も贈らない」というのが正解かもしれません。

でも、お母さんに感謝の気持ちを伝えるせっかくの記念日です。
何かいい方法はないものでしょうか?

 

一緒に住んでいる方、会いに行ける方なら

一緒に近所のレストランで食事をしてはいかがでしょうか?
子供と会って話をすることがお母さんにとっては嬉しいことですし、食事ならそれほど金額もかからないですし、手元に残る「モノ」でもないので、お母さんも気になさらないのでは?

ちょっとしたスイーツをプレゼントして、自宅で一緒に紅茶を飲みながらスイーツを食べて会話をするというのも素敵ですよね。

また、お金を使わないプレゼントとして、レンジフードやエアコンなど困難な場所の掃除や、庭の手入れ、家具の配置換え、(親には)使い方の難しい家電の説明書を作る、スマホを一緒に契約しに行く、など、子供世代なら簡単なことなのに、お母さんがやりたいと思っていても難しいことをお手伝いするというのはどうでしょうか?

 

遠くに住んでいて会いに行けない方

会いに行けない距離に住んでいる方は、宅配便でプレゼントを贈っているケースが多かったと思います。

あるアンケートによると、お母さんが母の日に子供にしてほしいことランキング1位は、プレゼントをもらうことではなく「感謝の言葉をかけてもらう」だったとのこと。

ぜひ、今度の母の日には、メッセージカードを添えて贈るか、添えられない場合は、電話やメールで照れくさいですが感謝の気持ちを言葉で伝えてみてはいかがですか?

 

 

まとめ

母親から「プレゼントはもういらないよ!」と言われて、気分を害された方もいるかもしれません。

でも、子供のことを思って言っているのでしょうから、そこで感情的になる必要はないですよね。

お母さんの気持ちを尊重して、「プレゼント」という形にこだわらずに、感謝の気持ちを伝えるようにすればいいだけですから。

感謝の伝え方の例をいくつか挙げましたが、皆さんのご事情に合わせて工夫されるとよいかと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す