風邪とインフルエンザの症状の違いは?インフルエンザチェックリストも

 

急にノドが痛くなってきた!鼻水が!悪寒が!

これってインフルエンザ?それとも単なる風邪?

インフルエンザとなると病院に行かないとまずそうだし、学校や会社への対応も必要になりますよね。

だけど、今一つ区別がつきにくいときもあります。
そこで、風邪とインフルエンザの症状の違いを確認しておきましょう。
インフルエンザの疑いが濃厚なら、インフルエンザチェックリストでさらにチェック!


スポンサーリンク

 

インフルエンザと風邪の症状の違い

インフルエンザと風邪の症状の違いを比較表で見てみましょう。

風邪 インフルエンザ
発症時期 1年中 主に12月~3月
症状の進行 ゆるやか 急激
発熱 平熱か、38度まで 38度~40度
症状の現れ方 ノド、鼻など局所的 頭痛、関節痛、筋肉痛、
倦怠感、悪寒などの全身
鼻水 ひき始めから出る あとから出る
完治まで 長くて1週間 1週間前後

 

ここからは、インフルエンザと風邪、それぞれについて特徴的な症状を詳しく見てみましょう。

 

インフルエンザの症状

 

インフルエンザには流行時期がある

インフルエンザは季節性で、日本では例年12月~3月に流行します。
この時期以外であれば、インフルエンザの可能性が低くなります。

 

急に38度~40度の高熱が出る

インフルエンザを発症すると、のどの痛みや鼻水がそれほどないのに、急に熱が上がります。

インフルエンザウィルスを熱でやっつけようと体温が高くなるのです。

 

全身のだるさ、関節痛などが出る

全身に症状が出ます。
例えば、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感(けんたいかん)、悪寒などが急に現れると要注意です。

 

せきや鼻水、のどの痛みがあとからくる

せきや鼻水など、よくある風邪の症状は、バァーッと熱が上がった後に出てくるのがインフルエンザの特徴です。

 

完治まで発症してから1週間

インフルエンザが発症してから3,4日で高熱は治まってきますが、まだウィルスが体内に残っています。

完全になくなるには1週間ほどかかります。

 

スポンサーリンク

 

風邪の症状

 

熱はそれほどでない

急激に熱が高くなることはなく、ジワジワと上がります。

上がりますが、上がってもせいぜい38度前後までで、熱が出ない時さえあります。

 

局所的な症状

症状が出るところは全身症状ではなく、ノド、鼻など、部分的に症状が出ます。

 

完治まで1週間以内

健康状態や免疫力、しっかり休養できたかによって、回復までの期間は変わりますが、早い人で1日、遅くとも1週間もあればたいてい回復します。

風邪をひいたらとにかく身体を温め、充分な休養を取ることで、期間を短縮することが出来ます。

 

 

インフルエンザの疑いがある場合のチェックリスト

インフルエンザと風邪の症状の違いをご自身の症状と比べてみた時に、
「やっぱりインフルエンザかなぁ?」と思ったら、以下のチェックリストをご覧ください。

 

  1. 今はインフルエンザが流行している時期だ
  2. 自分の身の回り(家族や学校、会社など)でもインフルエンザにかかっている人が多い
  3. 満員電車、教室など、密閉された人混み空間を毎日のように通る、使う。
  4. 鼻水やせきがないのに、急に高熱(38度~40度)が出た
  5. 悪寒がある
  6. 全身の筋肉痛、関節痛がある
  7. 全身の倦怠感や疲労感がある
  8. 頭痛がする
  9. 体調が悪く、寝込みたい

 

これらの項目に当てはまるのが多い場合はインフルエンザ発症が濃厚になってきます。
早急に病院へ行き、診断を受けましょう。

 

 

まとめ

インフルエンザも、予防接種を受けていたり、個人差によって、症状の出方には差があります。
症状が比較的軽くても、周りへの感染は考えられますので、まずは病院へ行きましょう。

冬場はインフルエンザにかからないように自己防衛するのが大切になってきますね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す