初心者OK海釣りスポット紹介~神奈川県川崎「東扇島西公園」

 

東京湾の陸からの海釣りは、立ち入り禁止のところが多いので注意しなければなりません。
そんな中、釣りOKで、足場も良く、初心者の方にもおすすめなのが、神奈川県川崎市の「東扇島西公園」です。

比較的釣果も望め、無料で24時間OKなので、初心者からベテランまで人気があるので、東扇島西公園の場所、アクセス、駐車場、対象魚情報などをぜひご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

 

東扇島西公園の場所、アクセス

住所 神奈川県川崎市川崎区東扇島93
バスで 川崎駅より、市営バス「川07系統東扇島西公園前行」に乗り、「東扇島西公園前」下車。徒歩5分
車で 一般道から:国道132号で海底トンネルを抜けて東扇島に入ります。「西公園」の案内表示に従い進み、国道357号に合流。横浜方面へ約2km直進。突き当たり左。
首都高から:東京方面から来る場合、「東扇島出口」で降り、そのまま国道357号を横浜方面へ約2.5km直進。
横浜方面から来る場合は、「東扇島出口」で降り、国道357号をいったん北上しますが、1kmほど先の信号でUターンして西公園に向かいます。
営業時間 24時間開放の公園ですので、いつでも釣りができます。
駐車場 24時間利用OKの有料駐車場が2か所あり。
釣れる魚 シロギス、カレイ、アナゴ、メジナ、アジ、サバ、サッパ、サヨリ、メバル、カサゴ、シーバス、シリヤケイカなど

 

 

東扇島西公園の特徴

神奈川県川崎市の東扇島にある西公園は全長600mほどの、無料で釣りができ、柵があるので安全な釣り場です。

この地図の緑色の線の部分が釣り場になっています。

 

 

 

 

東扇島西公園の駐車場は?

車で行く場合でも、24時間利用可能な駐車場が公園のすぐ横にあり、料金も安いのでいいですね。

3時間未満 200円
3~5時間未満 400円
5~8時間未満 600円
8時間以上 800円

 

駐車場に入れずに路上駐車している車も多いですが、何があっても文句は言えませんので、駐車場に入れた方が無難です。

電車・バスでもOKです。
バスは川崎駅から15分おきくらいに出ているので、それほど不便ではありません。

 

東扇島西公園のトイレは?

あまりキレイではありませんが、トイレが1か所あります。

トイレットペーパーも(私が行ったときは)あったので、メンテナンスされているんだな~と思いました。

これなら女性や家族連れでも安心ですね。

 

昼間は出張釣具店がある


近くの「勇竿(ゆうざお)釣具店」が、公園駐車場内に出張所を出しています。
営業時間は、平日7:00~17:00、土日6:00~17:00(変動あり、雨天休業)で、釣具、仕掛け、釣り餌はもちろん、カップラーメン、カレーなどの軽食も販売しています。

本家の「勇竿釣具店」は、この釣り場の情報にとても詳しいので、来る前に立ち寄れば、釣れている魚の情報や適切な仕掛けやエサを教えてくれますので、そこで道具や仕掛け、エサを揃えるのもアリですね。

勇竿釣具店HP

スポンサーリンク

 

徒歩3,4分のところにコンビニあり


ローソン川崎東扇島店が近くにあるので、食事なんかはこっちのほうがいいかもしれません。

 

 

東扇島西公園で釣れる魚

東扇島西公園は、潮通しの関係か、春夏秋冬、いつでも何らかの魚が寄っていて楽しませてくれます。

夏場を中心に、投げ釣りでは、シロギス、イシモチ、夜はアナゴ。

春から秋にかけて、サビキ釣りでアジ、サッパ、イワシが釣れています。

飛ばしウキという仕掛けで、少し投げて釣る釣り方でサヨリも春から秋にかけて釣れています。

冬はさすがに釣果が落ちますが、投げ釣りでカレイ、探り釣りでアイナメやカサゴがポツポツ。

春はシリヤケイカが回遊してくることもあります。

全体的に根掛かりが多い釣り場なので、投げ釣りや探り釣りをするときは、仕掛けを多めに持って行きましょう。

 


公園の先端付近が一番釣れる場所のようで、平日でも常に混みあっていますね。
でも、どこで釣れるかは分かりませんので、先端に入れなかったら、どこでもOKですよ。

 

年によって釣れる魚の種類や時期が微妙に変わってきますので、釣りに行かれるときには、勇竿釣具店HPにほぼ毎日西公園の釣果情報がアップされますので、そこを確認して釣りに行く魚を決めるといいですよ~。

 

東扇島西公園でできる釣り方をこちらの記事で解説しています。
※投げ釣りってどうやるの?

※ちょい投げ釣りってどうやるの?
※サビキ釣りってどうやるの?

 

東扇島西公園で釣りするときの注意事項

  • この釣り場は結構人気があって、混んでいます。土日は特に、譲り合って釣りましょう。
  • 混んでるゆえ、竿は1人2本までと定められています。
  • 毎日多くの人が魚を釣っていきますので、特に海底に居つく魚が減っています。カサゴ、アイナメは特にですが、小さな魚が釣れた場合は、元気なうちに海に戻す優しさが欲しいです。
  • 釣り場にはゴミ箱はありません。自分で出したゴミは必ず持ち帰りましょう。

 

 

東扇島西公園 釣り場情報 まとめ

東扇島西公園は、無料なのに結構釣れるおすすめスポットです。

釣れているシーズンの時は、土日早朝の混雑はなかなかすごいですが、そんな時でも昼から行けば、なんとか入れるかな?というくらい釣り場が広いです。

アジやサヨリが回遊しているときなら、手堅く釣れると思いますよ~。

 

スポンサーリンク

コメントを残す