お中元はいつ贈ればいい?時期は関東、関西、九州で違うんです。

お中元

夏が近づいてくると、お中元をどうしようかと悩み始めますよね。

お中元は、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて贈るものです。

しかし、離れた地域にお住まいの方にお中元を贈る場合、贈る時期に注しなければなりません。

実は、お中元は地域によって贈る時期が異なるため、日本全国の地域ごとにお中元を贈る最適な時期を把握しておき、失礼がないようにしましょう。

そこで今回は、関東・関西・九州など地域別のお中元の時期をご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

お中元はいつ贈ればいい?

お中元を贈る時期が地域によって違うのは、その理由は、その地域でいつお盆を行うかが基準になっているからなのです。

地域別に、およそ以下の時期に贈れば失礼がないでしょう。

スポンサーリンク

 

北海道

時期 のし表書き
7/15~8/15 御中元
8/16~9月上旬 残暑御見舞、残暑御伺
※「~御伺」は目上の方に贈るとき

 

東北・北陸・関東・東海

時期 のし表書き
7/1~7/15 御中元
7/16~立秋(8/7前後)まで 暑中御見舞、暑中御伺
立秋~9月上旬まで 残暑御見舞、残暑御伺

 

関西、中四国

時期 のし表書き
7/15~8/15 御中元
8/16~9月上旬 残暑御見舞、残暑御伺

 

九州

時期 のし表書き
8/1~8/15 御中元
8/16~9月上旬 残暑御見舞、残暑御伺

 

 

お中元を贈る時期 まとめ

贈り先により、御中元の時期が異なりますので、異なる地域に贈る場合は現地の風習を守り、その時期に届けるようにしましょう。

しかし最近は関東のお中元時期に合わせようと、全国的にお中元の時期が早まってきています。

地域差は徐々になくなってきているので、7/15頃に届くのであれば、どの地域の方に送るにも一番無難なところと言えます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す